天天本舗 ・駅前通信特上かわら版

身近な気になる話題を日記に綴っています。

動く~ ほえる 恐竜展 ・『ヨコハマ恐竜展 2017』開催

2017年07月16日 | 情報
ご訪問ありがとうございます。

暑い日が続いていますが、梅雨明け宣言が出ていない関東地方。

いよいよ昨日15日よりパシフィコ横浜の展示ホールにて『ヨコハマ恐竜展 2017』が開催されています。⇒ヨコハマ恐竜展 2017・動く恐竜展

最大の見どころは何といっても全身骨格標本のティラノサウルス「スタン」とトリケラトプス「ケルシー」が向き合って並ぶ“対決展示”でしょう。

スタンが襲いかかろうとする一瞬を再現しているそうです。

また、最大規模の「恐竜の森」では17体が集合 ! 。

本物さながらに動く恐竜模型や吠える姿も見られ、リアルで迫力ある展示会場になっているそうです。

夏休みもまじかです。
ご家族でお出かけしてみてはいかがでしよう。

我が家の5歳になる孫は、昆虫類が大の苦手で、カブトムシやクワガタなどを見ると大泣きしてしまいます。
先日も、遊園地に出かけたとき入り口に大きなカブトムシが飾ってありました。
それを見た瞬間大泣きしてしまい入場するのに大変な思いをしたところです。
ですのでちょっと行くのはNGかなと思っているところです。

子どもから大人までみんなで楽しめる『よこはま恐竜展』の公式サイトはこちら
をご覧ください。
↓↓↓
ヨコハマ恐竜展2017 ~動く!ほえる!恐竜の森~

【関連情報】
※ヨコハマ恐竜展の会場で販売されている書籍
恐竜 新訂版 (講談社の動く図鑑MOVE)



学習図鑑人気№1『MOVE』の最新恐竜図鑑です。
恐竜の種類は、類書に比べて最多の種類数を掲載。
NHKのスペシャル映像DVDもついています。

マルいアタマをもっとマルく! 日能研クエスト 超肉食恐竜ティラノサウルスの誕生! 肉食恐竜の究極進化 (マルいアタマをもっとマルく!日能研クエスト)


講談社の『動く図鑑 MOVE』と日能研が共同開発した使用学生のための学習読み物シリーズです。
日能研クエストシリーズのトップバッターは、大人気の恐竜ティラノサウルスの進化を科学します!
獣脚類の進化を追っていくことで、生きものの進化を考えていきます。トカゲのような生きものが、どのようにして巨大なティラノサウルスまで進化したのか? また、究極の進化形であるティラノサウルスは、どのような能力をもっていたのか? 恐竜研究の最新情報が満載です!

恐竜えほん ティラノサウルス


「おとうとたちはぼくがまもるんだ」あかげのティンキーは、5さいのティラノサウルス。きょうは、おかあさんといっしょにトリケラトプスをかりにでかけます。ところが、かりのとちゅう、きょだいなケツァルコアトルスがおとうとたちのまつすのほうへとんでいくのがみえて…!?ハラハラドキドキ恐竜のせかい。ティラノサウルスvsケツァルコアトルス。最新の学説に基づく図鑑ページ付き。
ティラノサウルスVS翼竜ケツァルコアトルス ハラハラドキドキ、大迫力の恐竜バトルを楽しみながら6700万年前の世界を・・・。

恐竜キャラクター超大百科



恐竜は実は羽毛でふさふさだった!
最新の研究でわかった恐竜に羽毛が生えた姿を大はくりょくのCGイラストで完全再現!
大人気のティラノサウルスやトリケラトプスはもちろん、新しく見つかった恐竜のことが全部わかる!
たくさん覚えて、これでキミも恐竜博士だ!
三畳紀・ジュラ紀・白亜紀の恐竜たちをドーンと117種類紹介。

DVD付 恐竜 (学研の図鑑LIVE)



恐竜が、世界最高レベルのBBC制作の映像でよみがえる。
最新の研究による、羽毛恐竜をはじめとする様々な恐竜の生態や、恐竜どうしの争い、恐竜と自然とのかかわりをえがいたDVDの見どころを解説している。
スマホなどで恐竜が飛び出るARも楽しめます。


最後までお読みいただきありがとうございました。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『おんな城主 直虎』第28話「... | トップ | メガネの上から使える拡大鏡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。