天天本舗 ・駅前通信特上かわら版

身近な気になる話題を日記に綴っています。

『おんな城主 直虎』第1話「井伊谷の少女」 見どころ

2017年01月08日 | テレビドラマ
ご訪問ありがとうございます。

2017年大河ドラマ(第56作目)は、弱肉強食の戦国乱世に、『真っすぐな虎』という勇ましい名で家督を継いだ一人の女性の物語です。
柴咲コウさん主演の『おんな城主直虎』は、過酷な運命に果敢に立ち向かい、のちに徳川幕府の名門となる井伊家を後世へとつないだ井伊直虎の生涯を描かれます。

困難に直面しても決して諦めない、「本当の強さ」とは何か。激動の時代を生きた女性の姿を通して追い掛けます。
『おんな城主 直虎』公式サイト

さて、物語は。



直虎(幼名 : おとわ)の少女時代から始まります。
井伊家当主の一人娘おとわは、分家の嫡男で幼なじみの亀之丞と婚約するが、主家の今川家が謀反をはかった疑いで
亀之丞の父を殺害。命を狙われた亀之丞も姿を消し、おとわの人生は戦国の荒波にのまれ始めるのでした。

※第1話「井伊谷の少女」 見どころ
のちに井伊直虎(柴咲コウさん)と名乗って戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわ(新井美羽ちゃん)。ある日、彼女のもとに幼なじみの亀之丞(藤本哉汰くん)との縁談話が舞い込む。

【 第1話「井伊谷の少女」・あらすじ 】
天文13年(1544)遠江の国・井伊谷。のちに井伊直虎(柴咲コウさん)と名乗って戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわ(新井美羽ちゃん)は、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太くん)と母・千賀(財前直見さん)のもと幸せな日々を過ごしていた。
ある日、おとわに亀之丞(藤本哉汰くん)との縁談話が舞い込む。
当主の座を継ぐつもりだったおとわは最初戸惑うが、やがて当主の妻として井伊家を支えていこうと心に決める。
そんな折、亀之丞の父・直満(宇梶剛士さん)に謀反の疑いがかけられる。
第1話・井伊谷の少女


【関連情報】
直虎 無名だからこその作りがい 制作統括が語る大河ドラマの作り方
 柴咲コウ(35)主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00)が8日にスタートする。残された史料が非常に少なく、謎多き人物である井伊直虎の生涯をどのように描くのか、制作統括(CP)を務める岡本幸江氏に話を聞いた。

 史料が少なく、歴史上の人物としての知名度も低いことはドラマ作りで良し悪し両面ある。岡本氏は「(直虎がどんなことを成したのか)ディテールがわからないということは、ドラマとしては過程がどうだったのか、想像の翼が広がる。ドラマチックに描ける」とメリットを語る一方で、「知っている方が少ないので、どういう物語なのか、何が待ち構えているのかぱっと視聴者の方にイメージしていただきにくいかも」とも口にする。ただ、「イメージしづらい」というデメリットは「見ていただかないとわからないような、ドキドキするような時代劇にできる余地がある」とポジティブにとらえている。
直虎は実は男性だったという説が先日発表されたが、・・・⇒>>>続きを読む


NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 音楽虎の巻 イチトラ
愛を貫いて自ら運命を切り開き、戦国を生き抜いた女の激動の生涯を描くNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』のオリジナル・サウンドトラック。
↓↓↓



最後までお読みいただきありがとうございました。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お正月食べすぎちゃったとい... | トップ | 書籍・介護殺人:追いつめられ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。