天天本舗 ・駅前通信特上かわら版

身近な気になる話題を日記に綴っています。

英語は、かけ算九九のように81文で何でも話せる!?。

2017年04月04日 | 教育関連
ご訪問ありがとうございます。

東京・吉祥寺で英会話WENSday(ウェンズデー)を主宰している英語トレーナー・酒井一郎先生からメッセージを頂きました。

お金、時間を使わず、少ない労力で実用的英語をマスターする方法だそうです。
かけ算九九を暗記しているように、Magic81という、81パターンの英文をトレーニングするだけで、自然と日常会話をマスターできる奇跡に近い英語学習法があるようです。

▼▼▼こちらです▼▼▼

これをやるだけで、TOEIC 820点の人より実用的な英語力が上になります。
英語習得メソッド Simple Englishは、ここ10年、ファンからの口コミにより少しずつ広がって来ました。
その証拠に、現在約 8,800人以上の人達に実用英語をマスターさせることに成功し、メソッドの独創性やユニークさが評価され、特許庁から登録商標を取得いたしました。

申し遅れましたが、東京・吉祥寺で英会話WENSday(ウェンズデー)を主宰している英語トレーナー・酒井一郎と申します。

私は30年近く英語教授法の研究と開発を、理屈だけでなく現場で行なっています。(もちろん今もやっております)

また、ベレ出版、南雲堂、アスカ出版、宝島などから、書籍を19冊出版しています。(韓国、台湾でも4冊が出版されています)

さらに、文科省下の教科書も2007年に単独で正式出版しております。

私のスクールには、次から次へと毎日のように相談者が訪れます。
「英検2級、TOEIC 700点なのに話せない」・「さんざん勉強したのに全く自信がない」こう悩んでいること自体が大問題なのです。

あなたは、英語が使えない原因をこう考えていませんか?
・TOEIC 850点、英検準1級を取っていないから。
・毎日1~2時間、英語の勉強をしていないから。
もし、このように考えていれば大きな勘違い!!
実は資格や長時間の勉強をしたから英語が話せる、emailがスラスラ書けるということは、まずありません。
「違うの???」はい。違います。
そうであるなら、大学受験で英語を勉強した人は全員実用的な英語をマスターしているはずです。

英語が話せない本当の原因は以下の2つです。
・勉強ではなく、脳を活性化させるトレーニング不足
・知識ばかりで心理面の重要性を全く無視している

「エッ! トレーニング?」

そうです。話す、聞く、emailを書く、

これらは学問ではなく、スポーツや楽器の習得に近い技能の習得なのです。

「エッ! 心理面の重要性?」

日本人の98%は、実体以上に英語はむずかしいと集団催眠にかかっています。

むずかしいと思っていると、脳は30%程度しか働きません!。
今までの英語教材とはアプローチが全然異なるので、最初は戸惑いを感じて、信じられないでしょうが、これを分かりやすく説明し英語のトラウマを取り除きます。

実は、あなたは学校教育で最低限の読み書きはできていますので、もう一息なのですが…

独学でも(と言うよりトレーニングは独学の方が効率的)

1日20分で実用的な英語を3ヵ月もかけずにマスターできます。(すでに 8,800人の人がマスターしています)
Simple English をやっていただければ、TOEIC 820点の人より、実用的な英語力は上になってしまいます。

詳しくは、かけ算九九のように英語をマスターする『Simple English / Magic81』 をご覧下さい。

「Simple English/Magic 81+Grammar」英語トレーニングのスーパーメソッド



Simple English は特許庁より商標登録されました。

▲▲▲ここまで▲▲▲


最後までお読みいただきありがとうございました。
ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良い習慣が身につく 漫画タイ... | トップ | 塾が作ったタブレット対応の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。