天天本舗 ・駅前通信特上かわら版

身近な気になる話題を日記に綴っています。

『おんな城主 直虎』第24話「さよならだけが人生か?」 見どころ

2017年06月18日 | テレビドラマ
ご訪問ありがとうございます。

2017年大河ドラマ(第56作目)は、弱肉強食の戦国乱世に、『真っすぐな虎』という勇ましい名で家督を継いだ一人の女性の物語です。
柴咲コウさん主演の『おんな城主直虎』は、過酷な運命に果敢に立ち向かい、のちに徳川幕府の名門となる井伊家を後世へとつないだ井伊直虎の生涯を描かれます。

困難に直面しても決して諦めない、「本当の強さ」とは何か。激動の時代を生きた女性の姿を通して追い掛けます。
『おんな城主 直虎』公式サイト

さて、物語は。

02)直虎(幼名 : おとわ)の少女時代から始まります。
井伊家当主の一人娘おとわは、分家の嫡男で幼なじみの亀之丞と婚約するが、主家の今川家が謀反をはかった疑いで亀之丞の父を殺害。命を狙われた亀之丞も姿を消し、おとわの人生は戦国の荒波にのまれ始めるのでした。
いよいよ4月からは、城主となった直虎が戦国の世に飛び込んでいくさまをスリリングに描いた『城主編』がスタートしまた。
娘でも妻でもなく城主という道を選んだ主人公直虎の活躍が描かれていきます。

※第24話「さよならだけが人生か?」見どころ
今川氏真(尾上松也さん)は新野家の三女・桜(真凛さん)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよと直虎(柴咲コウさん)に命じる。

【 第24話「さよならだけが人生か?」あらすじ】
直虎(柴咲コウさん)からの仕官の誘いを断った龍雲丸(柳楽優弥さん)。
一方駿府では、今川氏真(尾上松也さん)が同盟を破った武田家への報復として「塩止め」を行うとともに、国衆の離反を防ぐための策として縁談を積極的におしすすめていた。
直虎のもとにも、新野家の三女・桜(真凛さん)を今川家重臣の庵原家へ嫁がせよという命が下る。
一方、岡崎では緊張の面持ちの松平家康(阿部サダヲさん)が織田信長(市川海老蔵さん)と面会していた。
第24・「さよならだけが人生か?」

【今までのあらすじ】
第1話 :『井伊谷の少女』
第2話 :『崖っぷちの姫』
第3話 :『おとわ危機一髪』
第4話 :『女子(おなご)にこそあれ次郎法師』
第5話 :『亀之丞帰る』
第6話 :『初恋の別れ道 』
第7話 :『検地がやってきた』
第8話 :『赤ちゃんはまだか 』
第9話 :『桶狭間に死す 』
第10話 :『走れ竜宮小僧 』
第11話 :『さらば愛(いと)しき人よ 』
第12話 :『おんな城主直虎』
第13話 :『城主はつらいよ』
第14話 :『徳政令の行方』
第15話 :『おんな城主対おんな大名』
第17話 :『消された種子島 』
第18話 :『あるいは裏切りという名の鶴 』
第19話 :『罪と罰 』
第20話 :『第三の女』
第21話 :『ぬしの名は』
第22話 :『虎と龍』
第23話 :『盗賊は二度仏を盗む』
第24話 : 『さよならだけが人生か?』

【関連情報】
「直虎」市川海老蔵ついに登場!目力、声、強烈存在感は“リアル信長”
女優・柴咲コウさんが主演を務めるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」は18日放送の第24回「さよならだけが人生か?」で戦国時代の“三英傑”の一人、織田信長が登場します。
今作で信長を演じるのは歌舞伎俳優の市川海老蔵さん。
強烈な存在感を放つ“海老蔵信長”がついにベールを脱ぎます。
海老蔵さんの大河出演は主演を務めた03年の「武蔵 MUSASHI」以来14年ぶり。今年3月に出演が発表された際には「久しぶりに大河のスタジオで撮影をして、懐かしい場所に帰ってきたなという思い」と心境を語っていたそうです。
今作において、主人公・井伊直虎と同時代を生きた最も有名な戦国武将となる信長。制作統括の岡本幸江チーフ・プロデューサーは、海老蔵さんの出演が発表された際に「信長が放つ強烈な存在感を、これだけの説得力を持って演じてくださるのは市川海老蔵さんしかいない。そう確信して熱烈なラブコールを送りました」と起用意図を説明していた。続きを読む⇒>>>

※直虎 せせらぎに咲く花の香りのお線香
  ↓↓↓
直虎 せせらぎに咲く花の香りのお線香



●大河ドラマのタイトルロゴ使用商品。
直虎が一生を過ごした井伊谷(いいのや/現静岡県浜松市北区)は、清らかな水が多く湧き出る水の郷でした。
温暖な気候もあり、四季を通じて様々な花が咲き誇ります。
混乱の戦国時代に一族を率いながら、一途な想いを抱き続けた女性『直虎』が、当時見ていたであろう風景にとけこむ『水』と『花』をイメージしたお線香だそうです。


最後までお読みいただきありがとうございました。
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土曜時代ドラマ みをつくし... | トップ | 日本初!!オリジナルの『ナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。