ねんどで作る「花だより」♪

~日本を手づくりの花で飾ろう・・・~
「ひとひら、ひとひら」自分の手で作るクレイフラワーの学校のブログです。

クレイで創るお花の展示会「ルナ・フローラ展」 札幌にて開催!!<6/27〜7/2>

2017年06月21日 | クレイフラワー
50周年を迎えた、「クレイ(粘土)で創るお花」の展示会。

本年も札幌にて、6/27〜7/2に開催されます。



会場の「ギャラリー大通り美術館」は大通公園からすぐの

とても素敵なギャラリーです。


今回は開催初日に

なんと札幌テレビの人気番組「どさんこワイド」で

告知をさせて頂く予定です。

沢山の方々とご縁ができることを楽しみにしています。


会場には、北海道在住の作家の作品の他、

創始者ジュンコ人見の作品、

ハーブの香りの「せっけん粘土」で創った

5段重ねケーキも展示されます。



クラフト、お花を愛する皆様、

是非是非、お気軽にいらして下さいませ。


「これが粘土のお花?!」と驚きと共にあなたの認識が

変わる事うけあいです。






この記事をはてなブックマークに追加

はなやかに咲きそろいました~!!『ねんどで創るお花の展示会』

2017年06月06日 | クレイフラワー
東急渋谷本店にて先日行われましたねんどのお花『ルナ・フローラ』の展示会。

今年は50周年記念展。

4支部からも趣向を凝らした合同作品が展示され

訪れる方達を楽しませていました。
















この記事をはてなブックマークに追加

クレイで創るお花の展示会「ルナ・フローラ展」 (東急渋谷本店にて)無事終了致しました!!

2017年05月31日 | クレイフラワー
東急渋谷本店にて、クレイで創るお花の展示会、50周年の「ルナ・フローラ展」
盛況裏に無事終了致しました!!

今回は東急本店様、読売新聞様、日本製粉様のご協力、


東急沿線配布のおしゃれな小冊子「サルース」での告知などの影響もあり、


3階展示会場、1階ショップ共に毎日大変な賑わいとなりました。


ご協力、ご来場、ご参加頂いた皆様、誠にありがとうございました!!!

















この記事をはてなブックマークに追加

クレイで創るお花の展示会「ルナ・フローラ展」東急渋谷本店にて5/25から31迄開催!!。

2017年05月23日 | クレイフラワー
クレイで創る

お花の展示会「ルナ・フローラ展」

東急渋谷本店にて5/25から始まります。

今年は50周年目を記念して、

いつもとは違う試みが盛り沢山。


東急本店1階エントランスすぐの特設スペースで

製作実演、作品販売、特別展示を行います。

東急本店も50歳、ルナ・フローラも50歳。

誕生50年目を祝って、

「ハーブの香りのせっけん粘土」で創った

5段重ねバースディケーキを展示します。

こちらのフォトはそのケーキのほんの一部ですが、

実際に手も洗える「せっけん粘土』で

できています。



左が東急さん。

右が当ジュンコフローラスクールのカラーイメージで製作中 ♡♥♡

また、東急カード、クラブQカードをお持ちの方は

3階イベントサロンに2名様迄無料ご招待。(入場料¥500)


「持ってないよ〜」という方は、こちらから無料ご招待!!!












この記事をはてなブックマークに追加

私達のお花の「強み」についてお話しします。

2017年02月17日 | クレイフラワー


ジュンコフローラスクールは今年で50歳。

半世紀前、日本で初めての

「粘土の花」「クレイフラワー」である

「パンの花」を発表したのは

現会長のジュンコ人見です。

*******************************************

その後、当スクールやその出版物により

多くの人々がこのお花の技術を学び、

そこから色々な粘土の花の流派が発生していきました。

今では、粘土の花、粘土のスイーツなど色々な講座が

全国で開かれていますね。


そこで、私達のお花づくりの

強み、特徴について改めて考えて見ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当スクールのお花とその他の流派との大きな違い。。。。

それは、私達は「花の表情」をとてもとても重要と考えているという事です。

私達は花を作る際に「型抜き」をしません。(葉っぱにももちろん使いません)

そして型紙も使いません。



使うのは両手の平、5本の指、

そしてお箸のような形の「伸ばし棒」と

丸みをつける簡単な道具。




この簡単な道具だけで

花を形づくって行きます。



だから自由度が高く、表情が豊かなお花に仕上がって行くのです。

手のひらの大きい人、指の力の強い人、

その人だけの「世界にひとつだけの花」が生まれて行きます。



同じ形のバラの花を作ってもその人だけの味が加わって

かなり雰囲気の違うお花となって行きます。




初めて作ったバラは、やはりちょっと固い表情。

でも、数を追うごとに

手のひらの中の粘土が

表情を増し、

作り手の想いに応えて、

自由自在に形を変えてくれるように

なっていくのです。



こうなったら作り手はもうルナフローラのとりこ。。。

自分の手のひらから生み出した一輪の花に

自分自身が癒され、勇気づけられ

はなづくりは味わえば味わう程深みにはまる

人生の宝物となって行くのです。

(写真は、お教室の体験講習で
初めてのねんどのお花ができあがったところを
撮らせて頂きました。)

この記事をはてなブックマークに追加