ねんどで作る「花だより」♪

~日本を手づくりの花で飾ろう・・・~
「ひとひら、ひとひら」自分の手で作るクレイフラワーの学校のブログです。

私達のお花の「強み」についてお話しします。

2017年02月17日 | クレイフラワー


ジュンコフローラスクールは今年で50歳。

半世紀前、日本で初めての

「粘土の花」「クレイフラワー」である

「パンの花」を発表したのは

現会長のジュンコ人見です。

*******************************************

その後、当スクールやその出版物により

多くの人々がこのお花の技術を学び、

そこから色々な粘土の花の流派が発生していきました。

今では、粘土の花、粘土のスイーツなど色々な講座が

全国で開かれていますね。


そこで、私達のお花づくりの

強み、特徴について改めて考えて見ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当スクールのお花とその他の流派との大きな違い。。。。

それは、私達は「花の表情」をとてもとても重要と考えているという事です。

私達は花を作る際に「型抜き」をしません。(葉っぱにももちろん使いません)

そして型紙も使いません。



使うのは両手の平、5本の指、

そしてお箸のような形の「伸ばし棒」と

丸みをつける簡単な道具。




この簡単な道具だけで

花を形づくって行きます。



だから自由度が高く、表情が豊かなお花に仕上がって行くのです。

手のひらの大きい人、指の力の強い人、

その人だけの「世界にひとつだけの花」が生まれて行きます。



同じ形のバラの花を作ってもその人だけの味が加わって

かなり雰囲気の違うお花となって行きます。




初めて作ったバラは、やはりちょっと固い表情。

でも、数を追うごとに

手のひらの中の粘土が

表情を増し、

作り手の想いに応えて、

自由自在に形を変えてくれるように

なっていくのです。



こうなったら作り手はもうルナフローラのとりこ。。。

自分の手のひらから生み出した一輪の花に

自分自身が癒され、勇気づけられ

はなづくりは味わえば味わう程深みにはまる

人生の宝物となって行くのです。

(写真は、お教室の体験講習で
初めてのねんどのお花ができあがったところを
撮らせて頂きました。)

この記事をはてなブックマークに追加

2017年、ルナ・フローラは満50歳になります。。。。

2017年01月20日 | クラフト 花




2017年はルナ・フローラ(ジュンコフローラスクールの粘土の花の総称)は

満50歳になります。。。。

この国で初のクレイの花『パンの花』を

会長ジュンコ人見が日本で初めて制作、発表し、はや、50年

めでたく半世紀を迎えることとなりました。パチパチパチ。。。


当時は、各テレビ局、週刊誌が「パンから作る花」として

取り上げてくださり、本も何冊も出版され、

あっという間にジュンコフローラスクールの

教室は全国に開講されました。

(テレビのワイドショーなどでは
「パンの花って食べられるのですか?」と
必ず聞かれたと言う事です。)






現在、色々な流派の「粘土の花」の教室がありますが、

その源流をたどるとジュンコ人見の「パンの花」

にほとんどが行きつくと言います。


*************************


当時は本当に食パンを買って来て

スタッフが毎日こねて大変な重労働をして、

パンねんどを作っていました。。。


その後、日本製粉株式会社と提携し、

『パンド』という専用のねんどを売り出し、

スタッフも、生徒さんも大変喜んだと言う事です。


この50年の間には当スクールは

「布と粘土を融合させた花」、

「透明粘土の花」、「せっけん粘土の花」↓と





次々と新しい粘土の花を発表し続け、海外へも広がり

愛好者も数10万人と言われています。





この記事をはてなブックマークに追加

関西地区、粘土のお花(クレイフラワー)の展示会開催。。。

2016年11月18日 | ねんどの花

大阪市北区、中之島の大阪市中央公会堂。
水の蒼と木々の緑に映える
ネオルネッサンス様式の美しい外観は、
いつの時代も変わらず、
多くの人々に愛され親しまれています。

その大阪中央公会堂にて、
粘土でつくるお花の教室
ジュンコフローラスクールの
関西地区在住の作家50名余りによる、
粘土のお花の展示会が
「想いきわめて・華」をテーマに開催されました。




公会堂の周りの美しく色づいた紅葉に、
負けるとも劣らない輝きを放つ
個性的な作品の数々が展示され、
ひっきりなしに訪れる来場者も
「パンの花」
「せっけん粘土の花」
「シースルークレイ・フラワー」
「クレイ・染の花」

などの多様なテイストのクレイの花の世界を
味わい、楽しんでいる様子でした。



この記事をはてなブックマークに追加

名古屋、愛知県美術館ギャラリーにて粘土のお花の展示会、開催中!!

2016年11月11日 | ねんどの花
2016年11月8日(火)〜10月13日(木)


名古屋市東区
愛知県美術館ギャラリーにて
当ジュンコフローラスクールの
「粘土で創るお花」の展示会が開催されています。

「想い極めて・華」をテーマに中部地区在住の
作家40名程が参加。

初日には抜ける様な青空、
お天気にも恵まれ、
華やいだ雰囲気の中、
読売新聞の取材、
中京テレビの撮影も行って頂きました。
(初来場の方からニュースで放映されたお花がとてもきれいだったので、
 実物を見たくて来ましたとの声も頂いています。皆様、ありがとうございました。)

開催中は「香りの花せっけん」でお花を作る、
デモンストレーションも行われ、ラベンダーの香りが
来場者をお出迎え致します。
お花、クラフト好きな方、ぜひ、ぜひ
お越し下さいませ。





この記事をはてなブックマークに追加

九州展示会、盛況裏に終了いたしました。

2016年11月04日 | ねんどの花
ルナ・フローラ展九州地区
2016年10月25日(火)〜10月27日(木)

天神のアクロス福岡 交流ギャラリーにて
当ジュンコフローラスクールの
「粘土で創るお花」の展示会が開催されました。

「想い極めて・華」をテーマに九州在中の
作家50名程が参加。

地震で被災された地域からも16名程の作家が作品を展示。
「このお花を制作している時は、
 すべてを忘れて没頭できる幸せな時間です。」
との声も多く聞くことができました。

また、会場のあるアクロス福岡は自然との共生、
心潤う空間づくりをテーマにした施設で
ビルの側面の段状のステップガーデンは、
「山」をコンセプトとした大規模な屋上緑化され、
公園と一体となったランドスケープを構成しています。

初日には会場の模様をRKBラジオ放送での生中継で放送して頂き、
連日多くの方が訪れてくださいました。


この記事をはてなブックマークに追加