JF2016Sakubun5

長期研修作文5クラスのブログです。

「私のおすすめの映画」ユリア

2016-10-13 18:13:53 | 作文
「レイ」という映画を紹介したいと思う。「レイ」はレイ・チャーリズと言うミュージシャンの伝記映画だ。レイは盲目の天才ミュージシャンとして世界中に知られている。映画はレイ・チャーリズの青年期と中年期を描いている。レイ・チャーリズ・ロビンソンはアメリカ南部で生まれた。七歳のとき視力を失ったレイは一人で生きていけるように母親に厳しく育てられて、色々苦労して、少しずつ自分の人生の道を探していた。レイの人生に影響したもう一つのことは子供時代のトラウマだ。レイは六歳のとき、弟の溺死を目の当たりにして、とても悩んでいた。視力を失った後で、盲目学校に通ったレイは、ピアノと他の楽器を学んで、良好の成績をあげた。レイは耳で世界が見えはじめた。やがて、両親が亡くなって、レイはまた苦労するようになった。レイは17歳の時、シアトルへ引っ越して、バンドの一員としてクラブで演奏をはじめたが、バンドのマネージャーに騙されて、利用されたこともあった。その時、色々なストレスがあって、麻薬に手を出した。ある日バンドでツアーを行っているうちにアトランティック・レコードという会社と契約してから、レイの音楽はだんだんとても有名になった。
レイの音楽の人気が高まったのに、彼が自分の音楽のスタイルを探すことはまだ悩んでいた。レイはピアニストとして色々な曲をひいて、有名なミュージシャンの引き方をコピーしていたので、自分の音楽がないと言われたこともある。ゴスペルのもとで曲を作り始めて「自分の音楽」を作ったが、音楽や宗教を混ぜたと言えるので、よく非難されることもあった。しかし、色々なジャンルを融合させたレイは音楽界の革命者だと言える。レイ・チャーリズは既存のジャンルの壁を乗り越えたと言えるので、その楽曲はとても人気があった。その曲は映画の中でもたくさん使われているので、映画の雰囲気はとてもいい。 
さらに、1961年に「我が心のジョージア」を発表し、前よりも有名になった。その時代のアメリカは、黒人差別があって、バスには黒人隔離席があった。レイは黒人差別に反対して、1961年にコンサートのときも、黒人隔離席があったから、コンサートをキャンセルした。1965年に逮捕後、ロサンゼルスの病院に入院して、麻薬を扱わないようになった。レイ・チャーリズは73歳の時、肝臓癌でなくなったが、レイの音楽は今も多くの人に多くの人に好かれる。
レイの人生は愛人問題、麻薬に満ちていたので、映画に反映されているレイのイメージはそんなに良くないかもしれないと思う。私は映画についての感想を読んだとき「ヘロインを使って、作られた音楽なので、偏見もなく聞く事が出来るかどうか分からない」と言う考えも出た。それにしても、レイは事環境も、自分の中の「鬼」とも戦って、成功の階段を駆け上がったので、一貫性を持っていて、強い人だと思う。色々なことがあったのに、レイにとっては音楽がいつも一番大切だった。しかし、レイの母親や妻が色々助けたりしたと言うことも言わなければならないと思う。レイの母親は「がんばって、自分の生活を他人に悪くさせるのを許さないでください。卑屈になってはいけない」と言っていて、レイは頑張ったが、時々、自分の手で自分の生活を悪くすることもあった。しかし、色々な悩みはレイの音楽に反映されていて、素晴らしい曲を作れるようになった。生活の波乱のため、かえって、心に響く曲が作れたと思う。
レイを演じるジェイミー・フォックスは演劇もピアノも上手で、レイ・チャーリズの息子にも褒められた。ジェイミー・フォックスは盲人の感覚をつかむために、点字を勉強したりした。それに特別なメーク・アップをしてもらって、撮影中盲人のように何も見なかった。
映画の音楽は素晴らしいし、感動させると思う。映画の話も役者の演劇も素晴らしいので、この映画を見るのは楽しい。それと共に伝記映画なので本当の話だと言うことについてと考えたら、もっと面白くなる。さらに、それは普通の伝記映画じゃなくて、感動させたり、考えさせたりする映画なので、お勧めしたいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「おすすめの~」 幽霊は本... | トップ | 「手紙」  5クラス1番 ノ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見てみたい! (fumi)
2016-10-14 16:04:05
彼の名前は知っていたけど、映画があったのは知りませんでした。
ユリアさんの作文を読んで興味を持って、いろいろ検索したら、薬をやめるために自分で病院に行って、とても苦しんだこと、朦朧(もうろう)とした頭の中に、お母さんや弟が出てきて励まされ、それで、薬がやめられたことなどが書かれていました。
最後は、そういう強い意志を持って音楽を高めた人だったんですね。
映画も見てみたいです。『わが心のジョージア』も聞きたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。