アマチュア無線を愛するJF8DSN齋藤恵子です

★JARL北海道地方本部区域社員★

第6回定時社員総会報告(1)JF8DSN準備書面

2017年06月30日 | 日記

   第6回定時社員総会 事前質問準備書面(JF8DSN)

 1).提案・要望として 「JARLニュース項目拡充について」

 JARLニュース「QSP会員の情報広場」の項目拡充、提案要望について、ルール作りが必要となりますが、イベント情報だけではなくその他の情報交換の場として利用できるように検討して頂きたい。 

 アマチュアバンドである1200MHz・2400MHz帯を守りたいと再開局された方がおり、とても心強く嬉しいお話がありました。

その中で「2400MHz帯のレピーター設備があり貸し出すなど、レピーター局開設できる方を探している」旨の話があり、無線機やアンテナに関しても情報交換の場があればと思うこともありましたので提案要望いたします。   

 2).提案・要望として 「ポータブル /(スラッシュ)定義の明確化について」

 「ポータブル /(スラッシュ)」付けるか付けないかの定義をJARLとして明確化して統一して頂きたい。

 移動運用で「ポータブル/**」・スラッシュ「/」が付いていたり、付けていなかったり、特別局などで説明を受けるが、エリアによっても違いがあります。

昔はJARLが「ポータブル/*」付けるように推奨していたそうです。2009年(平成21年)たんちょう釧路総会において通信局の管轄で付けるか、付けないか、という話があったそうですがその辺もお伺い出来ればと思います。

 RL運用で「ポータブル/**」付けないよう指導しているが付けないのはおかしいと言う指摘もありJARLで明確に定義して統一して頂きたい。

(※上記2件の提案要望について・・・会員からの声が基になっております)

3).提案・要望として 「スマートメーター920MHzについて」

   電波の監視(インターフェア)の可能性など調査等強化項目として頂きたい。

 電力自由化に伴い人件費削減等を含め北海道では「北海道ガス」のガスメーター検針がスマートメーター形式を採用し、2025年頃までに全世帯の機器を変更するという話がありました。北海道地方本部監査長の協力により東京電力(株)の資料を頂いた所無線方式では920MHz帯の使用があるそうです。

 4).提案・意見・要望として 「各専門委員会と準備書面に関する事項について」

 日常業務として専門委員会に質問・意見・要望・提案を受付、検討、理事会報告と一緒にWeb等にて結果報告出来るなどの体制つくりを要望致します。

 準備書面の中で各専門委員会に関わる項目も多く、近年、総会では活発な質問・意見・要望があり嬉しいところですが昨年は準備書面の量が膨大となり総会時に十分な説明補足がお互いの立場からできなかったと見受けられました。そこで日常業務の中で専門委員会対応できる事項と総会で審議が必要な事項で分割することが可能であれば限られた時間の中でもじっくり審議が出来るのではないかと思います。                                                                以上


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第5回定時社員総会報告(3... | トップ | 第6回定時社員総会報告(2) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む