アマチュア無線を愛するJF8DSN齋藤恵子です

★JARL北海道地方本部区域社員★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第6回定時社員総会報告(2)

2017年06月30日 | 日記

平成29年6月25日(日)13:00~

会場:ベルサール西新宿(8階)

 一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

  第6回定時社員総会が行われました

・社員は事前に届いていた「総会議案書」を持参

・受付で名札、席表受領、コールサイン表示席には「準備書面目次及び事前質問書2部」「個人の賛助会員の募集について・申込用紙」「電波タイムズ記事」「JARL新キャンペーン&会員証リニュアル案内」「旅費精算書(ルート・所要時間・精算額など記載)」「飲料水・紙コップ」

 12:46分より 平成28年度会員増加支部表彰式・賛助会員へ感謝状の贈呈

 平成28年4月から平成29年3月までにおいて支部会員が増加した15支部を代表し、会員増加上位3支部を表彰。副賞はJARLオリジナルスタッフジャンパー(全国54支部のうち15支部が会員増加)。賛助会員(法人17社・個人81名)副賞はJARL特製卓上カレンダー(賛助会員年数により記念品がそれぞれ送られます)

1)       会長あいさつ :高尾義則氏

2)       表彰者の紹介 :事務局 吉井周一氏より

3)       表彰状授与  :秋田県支部・福島県支部・茨城県支部(代表して3支部)

4)       感謝状授与  :CQ出版(株)・JR1GDR関 義則氏(代表して1社・1名)

 13:01分より 第6回社員総会開催

1)       開    会        :JE1KAB日野岳 充事務局長より

2)       会長挨拶       :JG1KTC高尾 義則会長

0)   祝    電         :小渕 優子衆議院議員(JA1LXG)

0)             :日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)相神 一裕会長

3) 議長・副議長指名:会長より指名

4) 議長団挨拶    :議長JA1HGY間下 尚彦氏 :副議長JA1STY鈴木 清氏

5) 総会成立審査   :JE1KAB日野岳 充事務局長より

議決権を有する社員総数「総社員数132名」(議決権の数132個)

12時50分現在の出席社員数 120名

・議決権行使書面による出席社員  7名

・委任書面による出席社員     1名

出席社員数    合計「128名」    (最終出席社員数130名)

定款37条に規定された過半数67名に達し定足数を満たしていることから総会成立

 6)書記・議事録署名人指名:議長より指名

*書記:内山隆志 総務課長

*議事録署名人:

JE8HLA伊藤秀夫氏・JA9APS河合成海氏・JH0BQV金子 豊氏

 

★議長より議事進行に際して注意事項の説明

①発言は議長の指示に従う

②発言は名札着用、名前とコールを述べる

③発言は明確簡潔に要望か意見か質問かを明確に

④発言は議長に対して行い直接出席者間でおこなわない

⑤発言者の発言中は他の出席社員が議長に発言許可を求めることは出来ない

⑥動議は社員総会運営規程第9条第5号議事進行に関するのみ受け付ける

⑦ JARL業務の範囲以外の質問はご遠慮願います。

⑧役員・個人に係る質問、個人の中傷等の発言は禁止

⑨ 裁決は社員総会議事運営規定第15条で定めた決議方法で行う。

   口頭、拍手、挙手、賛否半ばの場合議長判断で投票を行うこともある。

⑩裁決は議案ごとにその方法を判断することとします。

⑪一般社団法人、一般社団法人法第54条第1項第2項、社員総会議事録運営規程第9条第6号に基づき議事の運営を円滑に進めるために退場してもらうこともある。

⑫議長判断により適時休憩を取る。

⑬社員総会議事運営規程第14条により準備書面が提出され机に配置、準備書面を優先に進行のご協力お願いします。

⑭社員・報道関係者・傍聴人をはじめ社員総会に参加している方々に守っていただく事

・審議中の入退室はできるだけ控えて

・携帯電話のマナーについて

・裁決時の撮影は禁止

・議案審議終了は17:00を目安に、円滑な議事運営にご協力お願いします

 

7)議事 

第1号議案 平成28年度決算の件

※JA1SLS玉眞博義専務理事より説明

・正味財産増減計算書(13p・14p)について一昨年の総会でわかりづらいとの指摘提案を受け昨年に引き続き参考資料として費用項目をまとめたものを用意された。


監査報告(会計内容・理事の職務執行に関し監査報告)

※JA3DKW永井暉久監事より(監査報告全般について報告)

・監査の結果(3)項の但し書きについて、JARL90年で初めての但し書きをつけさせて頂きました。準備書面にも多く取り上げられていましたが地方本部の会計処理に関して執行管理が十分行われていないのではないかと言うことで但し書きが付け加えられました。

 ※JE7JGG佐藤 眸監事より(但し書きの説明)

・関東地方本部の会計処理問題があり①支出項目のJARL事業としてふさわしいかどうか。②年度を超えて多額の追加支出があるのは大きな問題がある。

監事としてこの取扱は不適切、計上思わしくない。会場の皆さんに誤解を与え、JARL組織の信頼にもかかわりその意味で監事2人で監事命令で関東地方本部の会計幹事と監査に事情をお聞きしたいと求め監事の方からは説明受けましたが監査の方は出てこられない。先程の理事会でもありましたが監査の方からも説明を聞いてはっきりさせたい。1件でもこのようなことがあると他の地方本部にも迷惑がかかる。その意味で監査の方、前任の地方本部長とも話を聞いて対処したいと思います。

 ※JA3DKW永井暉久監事より

・現在のJARLの地方本部会計規則に大きく離れていることはないと思っています。会計監査の法令に対する違反もありません。JARL内部の規程の問題でこの辺の改編が必要かと思います。

               

※29名の準備書面(103ページ)

提出者優先回答、当日の質疑応答を受ける

・JA1SLS玉眞博義専務理事より(回答説明)

・JG1KTC高尾義則会長より(質疑応答)

 

第1号議案に関する主な質問内容項目

・・((関東地方本部の不適切な会計処理問題について))・・準備書面およそ8件

・・((長野土地売却益について))・・

・・((会館積立金ついて))・・

・・((経費節減・財政健全化などについて))・・

・・((会員増強キャンペーン・会員減少歯止めなどについて))・・

 

◇第1号議案は14時20分 挙手により可決承認されました◇

※14時20分~40分まで20分間の休憩

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第6回定時社員総会報告(1... | トップ |   
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事