JF4CADの運用日誌2.5

アマチュア無線局JF4CADの活動内容紹介ブログです。

8/3 大阪府茨木市移動

2009-07-30 | インポート

フィールドデーコンテストにあわせて大阪府茨木市(JCC 2513)に移動運用します。


 


日時:8/2(日) 午前8時頃~午後3時頃まで


    バッテリ運用のため1日は移動せず2日のみになります。


 


 


場所:大阪府茨木市 竜王山からQRVの予定です。


    雨の場合は京都府宇治市 大吉山に変更するか中止します。


    2日朝5時の天気予報で判断します。


 


 


バンド:7/21/28/50/144/430MHz帯(430MHzはFM中心、その他はSSB中心)


    今回50MHzのアンテナは3エレです。


 


 


※当局の移動運用についてはこちらもご覧下さい。


※QSLカードについてはこちらをご覧下さい。


 


参加各局のご健闘をお祈りします。


 


 


なお、いつもお世話になっているJO3FRH局が私同様2日のみですが兵庫県たつの市から、JS3OMH局が兵庫県丹波市または多可郡から430MHzシングルでフルタイムQRVされる予定です。合わせてよろしくお願いします。


 


*** 8/2 05:15更新 ***


現在強い雨で大雨洪水警報並びに土砂災害警戒情報が出ており、茨木市・宇治市への出発ができない状態です。この先雨が上がる方向のようですので、他の移動地も含め検討中です。決定次第お知らせします。


 


自宅で聞いている範囲では8N3I(=JH3YKV)さん以外ほとんど声が聞こえない状態です。非常に厳しい天気になりましたね。


 


*** 8/2 06:10更新 ***


雨が大分弱まってきました。宇治市大吉山に出かけてみます。現地荒天の場合は中止もしくは早帰りもありますのでご了解下さい。50MHzは2エレに変更、7/21MHzは中止します。



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

オール岡山コンテスト結果発表

2009-07-29 | インポート

4月に開催されたオール岡山コンテストの結果が発表されています。こちら


 


私は大阪府泉南郡熊取町からQRVしましたが、V/UHF県外局シングルで72点、5位でした。QRVする県内局が少なくかなり苦労しました。皆様ありがとうございました。


 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は18/24MHz帯開放20周年

2009-07-28 | インポート

JARLはおろかほとんどのアマチュア無線系サイトでも語られることがないのですが、今年はWARCバンドのうち18/24MHz帯が開放されてちょうど20周年になります。両バンドは1989年7月1日に開放されましたのでまさに今月は20周年の記念になります(ちなみに10MHz帯は一足早く1982年4月1日に開放されています)。


 


ですが、語られることがほとんどない訳ですから記念行事なんてあるわけでもなく、8J20WARC(仮称)なんて記念局ができることもなくひっそりと記念日を迎えたわけです。7MHz帯の拡張で賑やかなのとは全くもって対照的ですね。まるでWARCバンドの現状を物語るかのようでもあります。


 


 


20年経ったWARCバンドはどうなったのか、こちらをご覧頂けると分かりやすいと思います。各バンド別の現状は大体こんなもんじゃないかと思います。


 


[10MHz帯] 7MHz帯の混雑から逃れてCWを楽しむ局が結構多い。


        短縮率が7MHzほど高くなくアンテナの効率がよいため飛ぶバンドとして重宝。


 


[18MHz帯] 国内からDXまで幅広く使え、マナーも悪くないことから今や21MHzより


        使い勝手が良さそう。WARCバンドでは最も賑やかかも知れません。


 


[24MHz帯]  QRVする局が極めて少ない。28MHz以下の寂しさだと思います。


        「24MHzをメインにQRVしてます」なんて局は聞いたことがありません。


 


18MHzはこちらのサイトを見れば初心者の方でも入りやすいと思いますが、24MHzなんかは解説サイトすら見つかりません。


 


 


WARCバンドの活性化策としてJARLではWARC-1000とかのアワードをやっています。ただ、いかんせんコンテストに使えないというのは致命的なハンデではないかと思います。


 


コンテストへの使用制限は開放当時にIARUが決めたと記憶していますが、開放後20年経った現在、アマチュア以外のHFの利用者は当時に較べれば激減しており、他者に支障の出る可能性はかなり減っているのではないかと思われます。


 


せめて惨憺たる状態の24MHzだけでもバンド防衛の観点からコンテストに使えるようにできないのかな、と思います。SSNが上がらないとDXには使えないような利用価値の低いバンドですから、まずは国内コンテストのみコンテストでの使用を認めるとかで徐々に様子を見ながら開放すれば問題は起きないのではないかと思います。


 


 


JARL並み、あるいはそれ以上に保守的とも言われるIARUが頑なに制限を続けている訳ですが、この20年見直し議論ってあったのでしょうか?「せっかくアマチュアに分配したのに全然活用してないじゃないか」と言われると悲しいものがありますね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都コンテスト賞状到着しました

2009-07-27 | インポート

2月の第53回京都コンテストの賞状が届きました。毎年のことながら7月の3連休は福岡に行っていますので、関ハムでの表彰式は行くことができず郵送で受け取りました(おかげで未発送のQSLが山になってますhi)。ということで副賞は泣く泣く辞退です。


 






府内局430MHz部門で1位でした。昨年はニューカマーの×3で逆転負けしましたが、今年は2年連続4桁スコアを出して何とか勝ちました。京都コンテストは通算で3回目の賞状です。


 


 


皆様本当にありがとうございました。京都コンテストは参加者の意見を積極的に取り入れるなど実行側の努力が見えるコンテストですので、来年もぜひ参加したいと思っています。どうぞよろしくお願いします。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪府池田市(JCC 2506)ミニ移動運用報告

2009-07-26 | インポート

7/26に大阪府池田市(JCC 2506)五月山にミニ移動運用に行ってきましたので報告します。


 




例年なら梅雨明けして暑さのピークとなる時期ですが、今年はまだ梅雨明けすらしていない状態です。土曜も大雨になり、「これは日曜もダメかな」と思っていました。ところが朝起きてみたらいいお天気。しかも午前中は何とか持つとの予報でしたので出かけてみることにしました。

 

こういった状態なのでミニ移動になり、場所は近場の池田市五月山としました。アンテナは先週の福岡移動のものに28MHzの自作ダイポールをプラスしました。来週のフィールドデーで使う予定のアンテナですので試運転を兼ねたものです。

 

 



移動地の五月平展望台に到着。曇っているのですが蒸し暑いです。ひとまず様子見で18MHzのアンテナを上げました。9時前からスタートです。



VFOを回してみるとVR2009EAGが強力に入感。香港の東アジア大会記念局のようです。コールが少ないのか2回目で取ってもらえました。他局と較べればきわめて貧弱な設備ですが、自作アンテナと5Wで楽しむDXは楽しみもひとしおです。国内はあまり開いていないのか2局のみでした。

 



他に局がいないので21MHzにQSY。お天気がよくないですね。こちらもDXが聞こえます。IOTAコンテストのようです。このコンテストはQRP部門があるので真剣にやってみても楽しそうなのですが、お天気がこの状態ですし28MHzのアンテナチェックもあるので断念しました。

 

国内は沖縄(中頭郡西原町とのこと 琉大のお近くのようです)、北海道夕張郡などとQSOできました。国内ハイバンドのオープンは近距離よりもそこそこの中長距離が中心になってきましたね。

 

次は28MHz。当初はオープンしていませんでしたが、鹿児島市や岩見沢市が開けてQSOできました。自作ダイポールもまずまず動いています。

 

 

お天気が徐々に悪くなってきました。最後に50MHzにQRV。21MHzで使ったRD-S106のハットエレメントや短縮コイルを外して出てみました。フルサイズV型ダイポールですが、一瞬のEsなのか鹿児島からもお呼び頂けました。

 

いつもお世話になっているJP1LRT局にもお呼び頂きました。今日は/3でお近くからの模様です。雨雲が五月山の近くまで来ているとのQSPを頂きました。ということでコールが途切れたところで終了としました。QSP通りアンテナをパッキングしたところでぽつぽつしてきましたのでセーフでした。五月平は雨宿りもできるのですが、元々お昼を持ってきていなかったこともあり、2時間ちょいでしたがこれにて撤収です。

 

 

お天気がよければ本格的にどこか行きたかったですね。

本日は18MHzで3局、21MHzで8局、28MHzで3局、50MHzで8局の計22局とQSOできました。皆様ありがとうございました。フィールドデーはお天気次第ですが茨木市の竜王山で予定しています。よろしくお願いします。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

福岡県前原市・糸島郡移動運用報告⑤

2009-07-25 | インポート

7/20(祝)福岡→二丈町→福岡→伊丹


 


今日は二丈町です。今回の移動地選びの中で一番苦労したのがこの二丈町です。他局の記録をみると山間部からQRVされていますが、筑肥線は海沿いを走るので山の方に行くと時間がかかります。ということで探し当てたのが福吉地区にあるしおさい公園です。


 


お天気は雨。ざっと降ったかと思うと雲の切れ間が見えてくるような状態です。おかげで出発を2時間ほど見合わせました。


 




前原駅からさらに15分くらい先にある福吉という駅で下車します。福岡県の西端に近いようなところで、お隣は佐賀県唐津市です。

 

付近は半農半漁のようで、野菜の直売所もありますし漁港もあります。歩いて10分弱でしおさい公園に到着。



遊具があったり東屋があったりの公園です。東屋が割と大きく雨に濡れずに運用できそうです。

 

でも困ったのがアンテナです。東屋の近くには伸縮ポールを立てられそうなものがなく、あれこれ考えてこうしました。




18MHzのダイポールを東屋の梁から張りました。給電部はレジ袋で覆ってテープで留めてあります。ちなみに本州方面は右手のトイレの方向で地上高が低いのでトイレ直撃波になりますねHi

 

9時40分頃からとりあえずトイレ直撃波状態でスタート。地上高が低くてトイレ直撃のため相手に対しSが弱くなるのは仕方ないですが、1エリア中心に国内がオープンし何とか届いているようです。30分で10QSOほどできました。


 


さすがにトイレ直撃波は飛びが悪いだろうということで、雨が一段落したところで伸縮ポールを使って少し地上高を上げてやりました。伸縮ポールは雨が入ると厄介なのでゴミ袋で覆って防水しています。雨が降ったりやんだりの繰り返しですからやんでいる間にダッシュで作業。少し地上高が上がりました。




効果があったか不明ですが、4や8エリアなどからもコールを頂けるようになり少し呼ばれるペースが良くなった気がします。

 

昨日までの前原市と二丈町を続けてQSOいただけた方も多かったです。少しは皆さんのサービスになったかも知れません。ちなみにこの状態で他のバンドも聞いてみましたが50MHzはバズが出ているものの何も聞こえずでした。

 



お天気は相変わらずの状態。これでは他のバンドはQRVできそうにありません。

 

 

昼前からCondxが落ち始めました。バンド内も静かになってきましたので12時で終了としました。アンテナとかを福岡空港で預けていつも通り二日市温泉の「博多湯」に行きます。300円と安いながら源泉掛け流し・加熱なしでお湯の質は九州でもトップクラスです。

 

福岡は大阪以上に蒸し暑く、朝も29度前後までしか下がりませんし、一方で地下鉄やお店はガンガンに冷房をかけるので気温差が大きく体に負担がかかります。少し熱めの温泉にゆっくり入ると疲れが取れました。

 


出発1時間前に福岡空港に到着。JAL2060便で引き上げます。行きと同じ737-400型でした。


本日は18MHzで32局とQSOできました。皆様ありがとうございました。


3日通して計136局とQSOできました。コンディションがよいとはいえず(特に50MHz)、おまけに雨にもたたられてQSOsは昨年の6割弱に減ってしまいました。前原市と糸島郡はまだまだニーズがある感じがします。さすがにハイバンドのシーズン中は難しいですが、年内チャンスがあれば再挑戦したいですね。


今年は合併がらみの移動となりましたが、来年夏の福岡移動は離島巡りに戻りたいと思っています。どうぞお楽しみに。

 


 


この移動の約1週間後に福岡県は集中豪雨に見舞われ、前原市でも被害が出ています(友人宅はセーフとのこと)。お見舞い申し上げます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡県前原市・糸島郡移動運用報告④

2009-07-24 | インポート

7/19(日) 福岡→姫島→前原→福岡


 


[ここまでの経緯]


糸島郡志摩町の姫島に渡ったものの天気が崩れ、帰りに予定している15時の船までは持ちそうにありません。仕方なく10時過ぎの船に乗り前原まで撤退しました。


 


これでおしまいってのも悔しいですよね!!
ここで撤収したらせっかく福岡まで来たかいがないので昨日の笹山公園でQRVすることにしました。雨が降るか雷が鳴れば即中止です。


 


ということで笹山公園に到着。




今日は日差しが弱そうなので昨日の遊具広場ではなく別の場所で設営です。ここは東方面が開けているので有利と思われます。すぐ撤収できるよう18MHzに絞ってアンテナを立てました。風は姫島ほど強くなかったです。やっぱり離島と本土の差でしょうか。



11時30分から再開。まだオープンしているようです。1エリアを中心に3エリアからもお呼び頂けます。


昨日前原からQRVしたにもかかわらず「このバンドでの前原市初めてです」と言われる方が多く、来て良かったかな、と思います。WARCバンドでのQRVがかなり少ない模様です。中には「24MHzできませんか?」とリクエストも。24はアンテナ持ってなかったので盲点でした。考えないといけないですね。


また、同じ日にQRVしてよく分かったのですが、最近は21MHzより18MHzの方がJCCハントに熱心な方が多い感じがします。18MHzは3アマ以上しかQRVできないバンドですが、21MHzよりオープンする可能性が高いから21からシフトされたんでしょうか。バンドの雰囲気も50MHzに近い感じでFBですね。

 

だいたい20QSO/hとパイルにはならないペースなんですが、12時台からは次第に4エリアも開けてきました。アンテナのビームがいい方向なのでしょうか。よく聞こえてきます。

 

 

ただ、雲行きはどんどん怪しくなります。粘ってみたのですが14時頃にはかなり雲が厚くなりました。前原からも14時で撤収です。




蒸し暑かったので駅前のスーパーでクーリッシュを買って涼しい電車で帰りました。今夜も屋台で飲み食いしました。今日は豚肉のみそ漬けがおいしかったです。


 


姫島は大変残念でしたが、前原で粘った分皆様にサービスできたと思います。まだニーズがありそうですね。


 



本日は姫島から21MHzで15局、前原から18MHzで60局の計75局とQSOできました。ありがとうございました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡県前原市・糸島郡移動運用報告③

2009-07-23 | インポート

7/19(日) 福岡→姫島


 


今日は糸島郡志摩町の姫島です。離島ですが少子化を克服しており、元気な島です。3月にも一度訪問していますが、今回のための予行演習的要素が強い移動でした。



姫島へは同じ志摩町の岐志漁港から1日4本の町営渡船があります。7時50分の始発で島に渡り、15時頃までQRVして帰る予定です。しかしながら天気が崩れるとの予報が出ています。朝の時点でホテルの部屋から外を見るとまだ雲が少なめだったのでとりあえず予定通り出発しました。


 


 


昨日に引き続き前原駅に到着。駅前にコンビニがあるので食料を調達します。朝の船に接続する岐志漁港行きのバスが土日運休のため前原駅からタクシーで行きます。15分ほどで岐志漁港に着きました。




「ひめしま」という小さな連絡船が待っています。釣竿に偽装(hi)したアンテナケースを船員に預け、チケットを買って乗り込みます。「ひめしま」は小型のFRP船です。7時50分に出航。波が高く揺れますが16分で姫島に到着しました。

 



前回同様港のそばにある船着広場からQRVします。ここは日除けになる東屋やトイレがあります。私の場合バッテリ運用ですから1人で持ち運びでき、場所さえ何とかなればQRVできるのが強みです。そのかわり5Wしか出せませんし、アンテナも小型になりますHi

 



イオノグラムをチェックすると50MHzはダメっぽいので21MHzスタートにしました。予想通りこちらはオープン。この状態で50を聞いてみるとバズが出ていますが誰も聞こえてきません。

 

21MHzは遠くは8エリア、近くは3エリアまで開いています。が、いきなりすぐ隣の周波数でリニアぶっ放して「CQ DX」とかやられてしまうので5WではQSYせざるを得ません。

 



スタートして1時間もたたないうちに風が強くなってきました。アンテナが倒れないようステーを張っていますがそれでも風に押され斜めになってゆきます。加えてV型DPがくるくる回り始めました。雲もどんどん厚くなってきました。↑のアンテナの写真と見比べると違いがよく分かると思います。

 

姫島の渡船は1日4本で、10時過ぎの次が15時発です。どう見ても15時までには雨でしょうしこの風では雨が東屋に入ってきそうなので10時過ぎの船で撤退することにしました。18MHzとかもやりたかったのですが仕方ありません。結局1時間ちょっとしかQRVできませんでした。






船とバスを乗り継いで前原に戻りました。


本日は21MHzで15局とQSOできました。皆様ありがとうございました。


 


これでおしまいってのも悔しいですよね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡県前原市・糸島郡移動運用報告②

2009-07-22 | インポート

7/18(土) 伊丹→福岡→前原→福岡


 


お天気はくもり。いつも通り伊丹空港で荷物を預けます。


 


JAL2051便は3月に引き続きボーイング737型(-400)です。沖縄の離島路線とかと同じ古いタイプで、徐々にですが新しい737-800型に置き換えをやっているようです(夕方の2061便は-800です)。



福岡に近くなるにつれ雲が多くなりましたが特に揺れることもなく福岡空港着。福岡は山笠が終わり、本来なら梅雨明けで夏本番を迎えるはずですが、今年は梅雨が長引きそうな気配です。






荷物を受け取ったら地下鉄で天神にある宿泊先のホテルに行き、着替えとかの荷物を預けます。少し身軽になって再び地下鉄に乗ります。


 


福岡の地下鉄は終点の姪浜でJR筑肥線と相互乗り入れをやっており、大体1時間に4本が前原方面に直通します。天神から30分少々で着きますので便利です。道路も福岡都市高速からそのまま前原方面への自動車道になっています。前原の人口はこのような鉄道や道路の整備が始まった1980年頃から一気に増えはじめ、1992年には単独で市に昇格、現在は7万人弱が住んでいます。




筑前前原駅に到着。今回の移動では拠点となるところです。前原駅前のコンビニで飲み物とかを調達して移動地に向かいます。ちなみに北口がメインで市役所などもこちらにあります。

 



移動地は駅のすぐ南にある笹山公園です。桜の名所だそうです。小高い丘になっており、真夏の運用には欠かせない屋根付きの休憩所がありましたのでここでQRVすることにしました。



 

11時からスタート。イオノグラムをチェックすると50MHzも何とか開けていそうなので50/18をセットしました。



50MHzは7エリアが開けており、少ないながらも数局できました。0エリアまで開けているのですが肝心の1エリアが開けずです。もう一方の18MHzは1エリア中心。次第に2・3エリアもコールを頂けました。

 



13時を回りハイバンド/50MHzのコンディションが落ちてきました。合間を見てお弁当です。

 

今日は福岡空港のコンビニで売っていた「かしわめし」にしました。399円と手頃な値段ながら製造者を見ると佐賀県鳥栖市の中央軒でした。中央軒は鳥栖駅の駅弁屋さんで、元々かしわめしを名物にしていますのでおいしかったです。


 


 


50MHzでは佐賀県多久市移動の局とつながりましたが、「コンディションが落ちて30分くらいCQの空振り」と言われていました。こんなときは7MHzなのですが、こちらも他エリアに飛ばないようです。かろうじて少し開いている18MHzで細々続けて行きます。どのバンドも大票田の1~3エリアが聞こえずどうもコンディションがよくないです。


 


バンドをワッチしていたらがJI1FGF/DU9局がCQを出していたのでコールしたら取ってもらえました。ミンダナオ島だそうです。DXが聞こえるということは国内はダメっぽいのでここが潮時とみて15時40分で撤収することにしました。


 



ホテルに戻って友達と合流。彼は昼間QRVしていた前原市内に住んでいます。これからお約束の屋台巡りをしますので、車は使えません(彼は公務員なので飲酒運転=免職の危機なのですHi)。



明日が土用の丑の日ということで、屋台のホワイトボードにウナギの白焼きが書かれていたので思わず頼みました。ちゃんと目の前で焼いてくれます(550円)。冷たい焼酎にぴったりで友達と奪い合いになりましたHi


 


 


本日は7MHzで2局、18MHzで18局、21MHzで2局、28MHzで2局、50MHzで5局の計29局とQSOできました。皆様ありがとうございました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡県前原市・糸島郡移動運用報告①

2009-07-21 | インポート

準備編


 


7/18~20に福岡県前原市・糸島郡(志摩町、二丈町)に移動運用に行ってきましたのでご報告します。






ここしばらく7月の3連休を利用して福岡の離島を回ってきましたが、今年は少し趣向を変え、合併により今年いっぱいで消滅する前原市と糸島郡の志摩町二丈町を3日かけて回ることにしました。


 


この1市2町は来年1月1日に合併し「糸島市」となる予定で、ハイバンドや50MHzにとってはこの夏が最後のシーズンです。このエリアはハイバンドのアクティビティが低く、前原市ですら極めて少ない模様です。


 



どうしても荷物が多くなりますから今回も飛行機を確保です。以下の便を確保しました。


7/18(土)伊丹→福岡 JAL2051便
7/20(祝)福岡→伊丹 JAL2060便


 


18日は前原市にしました。前原は糸島郡の玄関口にあり、当日の移動地までの時間を考えると一番行きやすいためです。


 


19日は志摩町の姫島です。消滅前の郡+珍しい離島ということで狙ってみました。離島ですので1日がかりになり、この日がぴったりと言えます。姫島への船は小型旅客船でフェリーではないため、他局はまず来ないでしょう。


 


20日は二丈町です。福岡市内からは時間がかかる場所ですが、朝早くに出かけることにしました。


 



設備は以下の通りにしました。
リグ:FT-817ND(5W)
アンテナ:RD-S106(7/21MHz)、ダイポール(18MHz)、2el HB9CV(50MHz)


 


いずれの移動地もワイヤーアンテナのZA-721を張れるような展望台などがなさそうなので、三宅島の時と同様7/21MHzのアンテナをRD-S106に絞りました。コンパクトながら国内向けなら十分な性能だと思います。50MHzはEs狙いなので軽い2エレです。


 


昨年は梅雨明け直後で35度を超える猛暑日が続きましたが、今年は一転して曇りがち。雨が心配な天気です。


 



画像はJR筑前前原駅にある糸島市発足のカウントダウンボードです。前原市を含めた糸島郡は魏志倭人伝で邪馬台国への道のりとして登場する「伊都(いと)」のあった場所と言われています。邪馬台国は畿内説と九州説があり、いまだ確定しませんが、畿内・九州両説とも前原周辺が伊都国のあった地と考えられているそうです。


 


ボードの右上にあるのが前原で出土した「内行花文鏡」という鏡のレプリカです。本物は国宝に指定されており46cmもある日本一大きな鏡だそうです。このことからも周辺は古くから大陸とつながりがあり栄えていたと考えられています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加