JF4CADの運用日誌2.5

アマチュア無線局JF4CADの活動内容紹介ブログです。

津堅島移動運用メモ

2017-06-20 | シャック便り
津堅島移動運用メモ

[うるま市津堅島]
津堅島はうるま市の与勝半島沖にある島です。ニンジンの栽培が盛んで「キャロットアイランド」の別名を持ちます。また「津堅島モズク」のブランド名を持つモズク養殖も盛んです。

津堅島は海中道路でつながる島々と異なり、うるま市で唯一船でしか行けない島です。

津堅島にはアマチュア局はいないようです。


[島内での運用]
公園や宿などが運用に向いています。

毎度の注意ですが沖縄は日差しが強く、熱中症や重度の日焼けになる危険がありますから、必ず公園にある東屋や車の中などで運用するようにしてください。

那覇から遠いこと、船でしか行けないことから移動運用は非常に少ないです。


[島へのアクセス]
与勝半島の突端にある平敷屋港から神谷観光の船が1日5往復あります。始発と最終は高速船、あとはフェリーです。

平敷屋港へは沖縄バスの27/227/777番の平敷屋バス停下車徒歩15分です。また平日に限りうるま市の公共施設連絡バスがあります。不便ですのでタクシーを頼む方法もあり、屋慶名バスターミナルまで約1,000円です。


[島内でのアクセス]
レンタサイクルがあります。


[宿泊施設]
数軒の民宿があります。


[島内の店]
集落に小規模の商店が2軒あります。売っている商品は少ないため本島から持ち込むのがベターです。平敷屋港周辺には商店がないのでご注意ください。


[注意点]
津堅島にはハブはいないそうです。


[おみやげ]
ターミナルに小さな販売コーナーがあります。ニンジンの収穫期などにはニンジンが並ぶそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月分QSL発送しました | トップ | やんばる急行バスの本格的な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シャック便り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。