●暮らしの落書き帳<319Tany(太田肇司/JF3TBM:著)>

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●耕作放棄地再生後の再放棄・・・

2015年10月31日 | 衣食住のイノベーション

【写真:ラジオのニュースを聞いて考えた『放棄地対策案』メモ】

10月29日朝のNHK第一ラジオのニュースで、
農林水産省の交付金を受けて『耕作放棄地を再開拓した』ところを、
会計検査院が調査し『21県・122か所が再放棄されている』と伝えた。

交付金は6年間で約120億円を投じている

1年以上にわたって作付されていない農地が122か所あって、
面積の合計は40万haあるというのだ。
わかっていることだが『高齢化している』『作付に厳しい立地』とか、
いろいろ理由が上がっている。

作付に厳しい立地で農家が高齢化しているから放棄地なのだ

今まで農家には税金面でも優遇しすぎた。
期限付きで『作付しなければ固定資産税を更地並みに徴税する』といえば、
農家は慌てるだろうし『それくらいやらないと「まぁいいや」』でおしまい。

仰天したのは再構築する3セク会社が解散したから再放棄・・・

わかり切ったことだが第三セクターなど『やる気』などない。
どうせ『天下り会社』のつもりで作ったのだろうが、
栽培していたのが『酪農用飼料の草を栽培していた』とかいう。

草刈りして草を植えているのが仰天だ

その草さえも刈り取りもやらず『ぼうぼう』に伸びて朽ちてきた。
そりゃ『担い手が解散』すりゃ『誰も何もやらない』だろう。
また、山間部の農地は手入れが難しいことなど、
最初からわかり切っている。

要は『カネにならなかったからや~めた』である

1、どういう土地が有効活用できるのか
2、棄てるべき土地と活かすべき土地を見極める
3、守るべき農地にカネをかける
4、誰が耕すのか『担当者』をはっきり決める
5、地域の農業をどんな方向性に持っていくのか

大事なことは『どんな産業』につなげるのか・・・だ

すぐに『野菜の栽培』などが浮かぶが、
片手間で作った野菜が『そうそう売れる』とは思えない。
いくら新鮮だか知らないが『何時間もかけて道の駅』で野菜を買うより、
歩いて3分の近所のスーパーで買いたいのは、
私だけではあるまい。

野菜の栽培など『自家用』分でいいと思う

『百姓』というくらいだから『百の仕事がある』のが農家だ。
そんな激務に『気が向いたら・・・』では仕事にもならない。
再放棄は当然の結果だと思う。

件の第三セクターも5年で解散した

東北の震災で津波を受けた水田は塩害が厳しく、
すぐに水耕田には戻らない。
そこで『綿花』を栽培して土壌改良しているプロジェクトもある。
紡績会社から種子を提供してもらい、
摘み取った綿花は紡績会社が買い取った。
これで200着あまりのTシャツ相当の天然綿が取れたそうだ。
まぁ、200着程度では売れても採算ベースには乗らないだろうが、
それでも『経済活動』につなげて『活動のPR』にしているのは、
大いに評価に値すると感じている。

要は『BtoB』的な取り組みを根底に入れないと『ただのブーム』で終わる

私のブレインも耕作放棄地対策に取り組んでいるが、
みんな本業の傍らで作業に精を出し『手弁当』で行っている。
もちろん交付金や助成金なども視野に入っているのだろうが、
現実には耕作放棄地のためだけの生活ではないのだ。

こういうことを行政はどう思っているのだろうかね

メディアでは食料自給率40%未満を声高に喧伝し、
そのメディアを支えているスポンサーである大手コンビニの一部は、
毎日『億単位の食料を廃棄している』のだ。
こういうネタは週刊誌に書かせたら天下一品なのだが、
いかんせんコンビニでの週刊誌の販売が軸になっているから、
どこの週刊誌もコンビニの悪態を書こうともしない。

放棄地がずっと放棄されるなら固定資産税を増税すべきだ

ここまでやれば農家も多少は重い腰を上げるだろう。
コメの生産調整などで補助を受け、
さらに農地扱いで固定資産税を優遇されてきた。
役所も農家も『危機感が希薄』だ。

増税した財源を交付金に還元すれば財源に悩むことも減るだろう

元々、農家としてやってきたのだから、
ノーハウはあるはずだ。
ノーハウがあれば人を雇い入れても、
伝承すべきだし十分に伝承できるのではないか。

そこに『失敗しても保証金』などの交付金を出せば済むではないか?

マジメに農業に取り組んでいる農家は、
今やTPPで先行き不透明な状況。
何か、放棄している農家が他人事のようで、
少し腹立たしく思っている。
耕作放棄とは職務放棄に他ならない。

いったい、どうなるのやら・・・

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2015 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<PR>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://ameblo.jp/mintakudann/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲私が参画している『NPO法人・みんなの未来かいたく団』▲
耕作放棄地再生、人の再生、物の再生をミッションに
大阪・大阪近郊の耕作放棄地を開拓・開墾して、
都会と里山をつなぐ活動を展開しています。
通称『みんたく団』と呼び、河内長野に『みんたく畑』を開拓中です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●カンタン&低コストな手帳術

2015年10月30日 | 手帳&文具マニア

【写真:来年の手帳は『ダイスキン』だが・・・】

この季節は『来年の手帳はどうする・・・?』が話題だ。

少し天邪鬼(あまのじゃく)だが、
1年で1冊という枠が好きになれないのだ。
もっともスケジュールに関しては、
公私混同すべきで1冊にまとめておかないと、
仕事用とプライベート用を分けておくと、
急に休日出勤をする場合に、
家族との予定と重なることもある。

ダブルブッキングを避けるためにもスケジュールは一元化すべきだ

多くのビジネスパーソンは、
背綴じ手帳とは別にノートなどを用意していると思う。
そして大半はB5かA5のキャンパスノートってのが主流だろう。

・会議用ノート
・商談ノート
・テーマごとのノート
・雑記帳・・・
・スケジュール帳

これではフットワークが重くなると思う。

私は長くシステム手帳を愛用してきた

50歳を過ぎたら記憶力の低下がより顕著になり、
なんでもかんでもメモしておかないと、
本当に『あれ、何やったっけ・・・?』ということになる。
人間の記憶力など実にいいかげんなもので、
思いついたこともすぐに書きとめておかないと、
ものの5分もすれば『あ!なんやったっけ・・・?』と忘れる。

従来はシステム手帳にメモをして後でファイリングしていた

最近は『ファイリングが面倒』と感じるようになってきた。
また、アナログ一辺倒のファイリングにも少し疑問を感じてきた。
そこで10月から『背綴じのノート』を使っている。
B5は携帯性に欠けるのでA6ノートにしてみた。

すごく手に馴染むのだ


▲どこでも入手可能なA6サイズのキャンパスノートだ

紙の枚数は48枚綴りで両面を使えば96ページ建てになる。
これなら概ね1か月のメモ量として妥当な数量だし、
仮に急にメモ量が増えて補充するにしても、
そこらへんのコンビニでも100均でも簡単に購入できる。
たかがメモ帳で有名百貨店に出向いたり、
ネット通販で取り寄せる間に『書くことを忘れてしまう』のだ。

ノートなど使ってナンボだ


▲とにかく、頭の中を整理するのに書くことが大事だ

ノートに書けば記憶しなくても済むのがいい。
記憶に頼っても『いいかげん』だし、
記録に頼る方が精神的にもいいと思う。

1、メモに見出し(タイトル)をつける
2、日付は必ず入れる(151030のように)
3、あらかじめページ番号もつけておく
4、できればカテゴリーも決めておく
5、見出し・日付・ページ番号・カテゴリーのみテキストファイルに打ち込む

テキストファイルに打ち込んでおくと、
これだけで『データベース』が蓄積される。
アナログメモをデジタル管理しておくと、
リフィルの散逸が防げたり情報の死蔵も多少は防げる(だろう)。

たぶん年間で12~20冊程度になるのだろう

過去のシステム手帳ユーザーとしてのノーハウも盛り込む。
継続的に取り組んでいるテーマは、
従来通りシステム手帳のリフィルも使うが、
A6ノートの表紙にB7のリフィルが収容できるポケットをつけた。

これで十分に対応できる

ノートは背表紙に『番号』をつけておけば、
パソコンで検索しても『すぐに目的の情報にたどりつける』。
ミニ6穴のシステム手帳も使いやすいのだが、
うまくファイリングしないと『セカンドバッグ化』してしまうのだ。
これでは『身軽なはず』がフットワークを悪くして、
『書く?書かない?』と躊躇してしまってしまう。

ノートなら少々乱雑に使っても気にならない


▲低コストと携帯性が幸いして書くことに躊躇がなくなった

まぁ、工夫次第でスケジュール管理もA6ノートでできるのだろうが、
当面は『ダイスキン』と『A6』の併用で対応しようと思う。
また、手帳のみで1年1冊となれば、
本当に『書く?書かない?』の躊躇の連続になるので、
これだけは避けたいと思う。

何かの参考になれば幸いだ

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2015 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<PR>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://ameblo.jp/mintakudann/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲私が参画している『NPO法人・みんなの未来かいたく団』▲
耕作放棄地再生、人の再生、物の再生をミッションに
大阪・大阪近郊の耕作放棄地を開拓・開墾して、
都会と里山をつなぐ活動を展開しています。
通称『みんたく団』と呼び、河内長野に『みんたく畑』を開拓中です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●ただいま、執筆中・・・

2015年10月29日 | 雑ネタ


取材&執筆中です。
明日の更新をお待ちください。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2015 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<PR>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://ameblo.jp/mintakudann/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲私が参画している『NPO法人・みんなの未来かいたく団』▲
耕作放棄地再生、人の再生、物の再生をミッションに
大阪・大阪近郊の耕作放棄地を開拓・開墾して、
都会と里山をつなぐ活動を展開しています。
通称『みんたく団』と呼び、河内長野に『みんたく畑』を開拓中です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●結婚の何が大変なのかを考える

2015年10月28日 | 自分の頭で考えよう
お題「結婚が大変だと思う瞬間は?」に参加中!

【写真:持ち家でも修繕などの経済問題が定期的に浮上するものだ】

三井不動産の手抜き工事マンションが話題になっている。
傾いたマンションにお住いの方には気の毒に思うが、
工事なんて下請け、孫請け、ひ孫請け・・・。

そんなもんだと思う

結婚で『大変やな・・・』と感じるときは、
大方の場合『経済的な課題』が出てきたときである。
もちろん、子育ても親戚づきあいも大変だが、
とにかく今の時代はカネがかかりすぎるのが問題だ。

タクシーの乗客がよく話していること

夜勤タクシーの仕事柄『酔客』を乗せることが多く、
同僚や上司・部下の『飲み会帰り』に、
結構、ホンネを話しているなぁ・・・と感じる。

多くは『抱えているローン』の話題

7年間のタクシー経験で『乗客の会話』をまとめていくと、
定年までに一切のローンを終わらせないと、
定年後の生活がしんどくなる。
退職金で完済して余剰金が残れば相当楽になる。
定年後もローンが残れば再雇用や再就職も必要で、
生活費を稼ぐために老体にムチ打ってタクシー運転手になる人も・・・。

定年までに住宅・自動車・学資などのローン一切を完済が望ましい

60歳定年で完済できないと、
年金受給までの5年間の生活費が重くのしかかる。
また、60歳で満期になる生命保険など、
同じ契約で継続できない(できても料金が跳ね上がる)など、
長く生きていると『いつまでも経済問題』がついて回る。

こんなことは学校も会社も教えてくれない

もっとも結婚は経済だけではなく、
実家との付き合い方(嫁・姑問題)やら、
子育てが終わったと思った束の間、
次には介護の問題やら葬儀やら墓の問題。
あるいは本人や配偶者も老化で病院通いも厄介だ。
さらに子供がニートやひきこもりだったりすると、
結婚なんてするんじゃなかったと後悔もあろうと感じる。

50歳を過ぎた人ならピンとくるだろう

どんなきっかけで結婚に至るかは人それぞれだし、
縁あって一緒になったものの、
何かのすれ違いやらで離婚に至るケースもある。

根底に経済問題がある場合が多く感じる

昭和40年代の住宅事情は今より『のんびり』していて、
さらに住宅価格自体が安かった。
10坪程度の新築建売住宅が300~500万円。
これを15~20年ローンで返済するから、
概ね50歳前後で住宅ローンから解放された。

今は新築住宅の売れ筋価格が7~10倍になっている

では、昭和40年代と比較して所得も7~10倍になっているか?
所得のせいぜい5倍程度の上昇で打ち止めになり横ばいが続いている。
それでいながら売れ筋が3,500万円前後と聞くから仰天する。
30%程度の頭金を入れていれば支払いも多少は楽になろうものだが、
金融機関も『頭金ゼロでOKです』とか言うから、
35年ローンなんてのを背負う羽目に遭う。

ここで書いたのは聞きかじった『多くの世間話』である

とにもかくにも結婚で『大変や!』という時の多くは、
経済問題が浮上したときで、
嫁・姑問題など『腹が座っていた』ならば、
無視するなり『柳に風、のれんに腕押し』で対応できる。

また、若い世代に伝えたいこと

3年先のことも見えない現代だが、
35年ローンを組んでしまったとしたら、
できるだけ繰り上げ返済を考えてほしい。
また、何があるかわからない時代だから、
最低は3か月分の蓄えもしておくのがよいと思う。
この程度の蓄えのために世の中の消費が冷え込むことなどない。
逆に言えば『3か月程度の貯蓄』もできないなら、
支出の中身を見直すことも大事だろう。

離婚の理由の多くが・・・

週刊誌がおもしろがって芸能人の離婚を取り上げて、
理由が『価値観の不一致』とか伝えているが、
そもそも、育った環境が違う者同士がくっついているのだから、
価値観が違って当たり前だ。
まぁ、ひとつ言えばサラリーマンの子と商売人の子では、
価値観が違い過ぎるから『覚悟』はいるかも知れない。

まぁ、いろいろ書いたが

テキトーにお互いが時間を共にして、
夫婦そろって食事に出かけたり飲みに出かけられるというのは、
案外、理想的な夫婦なのかもしれない。
結婚は大変だが離婚はもっと大変でエネルギーを使う。
そこそこで妥協してテキトーに笑って暮らせれば、
ジジババになったときに『いい人生だった』と言えまいか。

とにかく健康で歳を重ねられれば安泰だと考えている

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2015 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<PR>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://ameblo.jp/mintakudann/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲私が参画している『NPO法人・みんなの未来かいたく団』▲
耕作放棄地再生、人の再生、物の再生をミッションに
大阪・大阪近郊の耕作放棄地を開拓・開墾して、
都会と里山をつなぐ活動を展開しています。
通称『みんたく団』と呼び、河内長野に『みんたく畑』を開拓中です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●マイナンバーの真相を考える

2015年10月27日 | 自分の頭で考えよう
お題「マイナンバーについてどう思う?」に参加中!

【写真:1億総動員の徴税国家プロジェクト】

マイナンバーについて『イヤ』だとか、
いろいろ意見が出ている。
自分たちが選んだ議員が決めたことで、
もう決まってしまったことに『イヤ』もへったくれもない。
決まったものは仕方がない。
要は『法人も個人も番号で管理して芋づる式に徴税するぞ』ということ。


▲所得の総合計を把握して100%徴税するのだろう

もうすぐ各世帯にマイナンバーが書留で届く。
サラリーマンは職場に扶養家族も含めて、
マイナンバーや本人確認書類のコピーなどを提出する。
受け取った会社は『厳重な管理』を要求されている。

法人で管理不行き届きが原因で番号漏えいしたら刑事罰に処せられる

インチキ天国の水商売もマイナンバーの対象だから、
店は店で脱税などのごまかしも厳しくなる。
さらに『会社に内緒で夜の店でバイトしている』ホステスも、
店が法令を順守したらバイトの所得も徴税されるかもしれない。
また『会社にバレたら・・・』とホステス離れが進むかも。

夜の店も、どうなるのやら・・・

所得に関して個人レベルでは、
アベノミクス効果もほとんど感じておらず、
所得も大きく改善されていない。
その状況下で消費税が10%に増税される。

所得横ばいで2%増税された分をねん出するか・・・?

ここで『携帯各社に通信費の値下げ』が出てくる。
ケータイ代が下がると言って喜んではいられないのだ。
下がった通信費は『増税分』に回る。
大事なポイントは『貧乏人』も残らず徴税の対象だから、
どこから税収増をねん出するかといえば、
猫も杓子も振り回されている『ケータイ代』に国家が介入して、
値下げを強要しなければならない。


▲通信費を締め上げないと増税分が確保しにくいのだ

庶民のうっぷんは解消されない

うっぷん晴らしで安売りの店に走り、
中国人観光客同様に100均で『爆買い』をする。
家の中はモノであふれ返り、
買い物をするときの自分に酔いしれる。
家に帰れば同じような品物が重複してある現実を見て、
多くの庶民は『また、やってしまった』とため息をつくのだ。

結果的に『安物買いのゼニ失い』になる


▲くだらないモノを買わなければ済むのだが・・・

いろいろ『うっとうしいこと』が多いが、
私は現代の『享楽の時代』を一度リセットしないと、
日本人の平和ボケは治らないと思っている。
いつの時代も『そう』なのだが、
国は国民のために・・・などウソっぱちで、
赤紙1枚で戦場に引っ張り出してきた国である。
そうそうカンタンにホンネなど言わないし、
国は基本的に『ろくなことはしない』のだ。


▲なんでもかんでも欲しがるのを抑制しよう

マイナンバー制度にしても、
似たような制度は先進国の多くがやっている。
むしろ遅すぎたくらいだ。
また、マイナンバーには暗証番号などの設定はないので、
他人に知られることが無いように、
法人はもとより個人(本人)も、
自己責任で厳重に管理することが大事だと強調したい。

まぁ、大変化の時代だが『ある意味で楽しみ』でもある。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2015 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<PR>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://ameblo.jp/mintakudann/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲私が参画している『NPO法人・みんなの未来かいたく団』▲
耕作放棄地再生、人の再生、物の再生をミッションに
大阪・大阪近郊の耕作放棄地を開拓・開墾して、
都会と里山をつなぐ活動を展開しています。
通称『みんたく団』と呼び、河内長野に『みんたく畑』を開拓中です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加