●世間のB面<暮らしの落書き帳> (太田肇司:著/Tany/JF3TBM/JA3-35122)

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●もう、敬老の日はいらない。

2016年09月18日 | 自分の頭で考えよう
これだけ年寄りが増えたら、もう敬老の日はいらないんじゃないか・・・と思う。せいぜい、身内に高齢者がいれば、多少は取って付けた敬老の日のプレゼントもいいだろう。だが、見ず知らずの年寄りが、どんな人生を過ごしてきたのかもわからないのだから、なんでもかんでも敬老敬老ってのは、どうなんだか、と感じている。こんなことを言っている私ですら『初老』と呼ばれる年齢域に入っている。『まだまだ若いですよ』が『ほめ言葉』のように使う人が多いが、言いかえれば『まだまだ未熟ですよ』と言っているのと同じだ。平均年齢が45歳になっている我が国、このままだと『毎日が敬老の日』になってしまう。そろそろ敬老の日の在り方を見直してもいいのではないだろうか。


【写真:テキトーにやっておけばいい、敬老の日】

近隣の喫茶店の常連に『爺』と呼ばれるオッサンがいる。

年齢的には『敬老の日』の対象になるのだが、
『こんなオッサン、敬う価値があるか?』という事件があった。
事件の概要は、爺が酔っぱらって自転車に乗り、
自転車通行禁止の道路で高校生と接触事故を起こした。

そこまでは、まぁいい。

爺と高校生が救急病院に運ばれた。
仰天したのは『爺』が『健康保険に未加入』ということが発覚した。
さらに『爺はバツ2』で『娘さんが病院に呼ばれた』のだが、
この娘さんは『父とは縁を切っています。保証人にはなりません』と、
病院の要請を断って15分で『そそくさ』と病院を後にした。

おっと、いきなりのパンチに病院は困った。

空調工事の自営業だった爺は、
健康保険に未加入で『セットになっている国民年金も未加入』だ。
年金も未加入で健保もなし。当然、カネもなし。

爺が通っている喫茶店のママに保証人の依頼が入った。

身内でもなんでもない『ただの常連客』の爺。
当たり前だが、ママは『何で私が〇〇さんの保証人にならんといかんのですか?』。
この切り返しに病院側は『しどろもどろ』。
話し合いは『5分』で決着がついた。
このままでは病院は治療もできないし、
応急処置の治療費も焦げ付いてしまう。

ダブルパンチを食らった。

そこで病院側の代理人が市役所に出向き、
爺の健保加入手続きを取り、
病院側も『やっとこさ治療できるようになった』のである。

こんなジジイを誰がどうやって敬えというのか?

さらに『ケガをしたら仕事ができん』と爺は言うが、
その前に『仕事を干されてカツカツの生活』だ。
自営業が多忙の頃は『税金をごまかし』、
健保も国民年金も未加入。

最終的に、生活保護の扱いになっている。

言っちゃ悪いが税金はごまかしたり未納だったり、
年金は掛けていないし健保も未加入。
ほとんど納税の義務を果たしていないクソジジイなど、
敬う必要があろうか・・・?。

それでなくても、今の高齢者はトクし過ぎだ。

世の中を引っ張って来ただの御託を並べ能書きを垂れるが、
『あんたら払ってきた年金の掛け金って数百円からスタートして、
つい30年ほど前でも毎月数千円しか払っていないじゃないか』。

自分が掛けた金額より多く受給できるのが今の年金制度だ。

それでいて『敬わないヤツはけしからん』とかぬかす。
別に面と向かって『敬わない』とは言わないし、
一人の人間として互いに敬意を示せればいい。
ジジババも今の国家財政を圧迫しているのは、
自分たちである認識を持ったら話は別だが。

年寄りだから特別ってのは、もう過去の話だと私は思う。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




















※下記の広告は本記事とは無関係です。


ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●伸びるか落ちるか。 | トップ | ●浮世離れ。 »
最近の画像もっと見る

自分の頭で考えよう」カテゴリの最新記事