●暮らしの落書き帳<319Tany(太田肇司/JF3TBM:著)>

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●根本解決になっていない、社会活動。

2017年05月18日 | 雑ネタ
耕作放棄地問題、食糧廃棄問題、相対的貧困など、いろんな『社会問題』がある。例えば貧困家庭の子供たちに食料を提供する『フードバンク』なんてのが話題だ。もちろん、いいことをなさっているとは思うのだが、根本解決にはならないと思うのである。


【写真:社会活動の多くは『傷口に絆創膏を貼る』印象だ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆おカネの『移動』がないと、解決につながらない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

他人事を、自分事に・・・とよく耳にする。

まぁ、いいことだとは思うのだが、
なぜ、そういう問題が起きたのかの、
コトの『本質』を見ていないケースが多い。

耕作放棄地問題にしても、そうだ。

・高齢化
・人手不足

一般には、こんな印象だが。

根本は『減反政策』に起因している。
だったら、民間人有志が立ち上がるのを傍観していないで、
国家が責任を取ったらどうか、と私は思う。

相対的貧困問題にしても。

賞味期限ギリギリの食品を、
フードバンクに提供して、
子供食堂で貧しい家庭の子供たちに、
食事を与えているシーンを、
テレビでよく目にする。

傷口を守って、傷口を隠しているだけである。

子供食堂、フードバンク、学習支援・・・。
大事なことだと思うが、
富裕から貧困への『カネの移動』がないから、
実質的に『無力化』している。

無力化していることには、なかなか参画しにくい。

安倍政権は『インフレ傾向に・・・』をうたい文句にしているが、
一向に、インフレ基調を感じない。
感じないどころか『デフレで停滞している』。

貨幣流通量の絶対数がまだまだ不足している。

まぁ、相当量の貨幣が市中に流れているのは確かなのだが、
多くが、高齢者の方に偏っていて、
余りにも多くの高齢者が『取り合い』をしている。
結果的に、それぞれの『取り分』は少ない。
貨幣の流通量が多くなれば必然的にインフレに持っていける。

簡単に言えば・・・。

・供給量が追い付かないくらいにモノを制限する
・市中に貨幣を大量に流通させる

インフレの構造なんて、たかがこんなもんである。

今は、モノの供給が過多で貨幣の流通を締めているから、
必然的に『デフレ基調』から抜けられない。
さらに、今、貨幣を大量に市中に流通させれば、
将来的に、高齢者が減少してきたとき、
貨幣がもっと『ダブつく』ようになる。

それを警戒して、一般庶民には貨幣が流れてこない。

・実のおカネ
・虚のマネー

こいつらを『区別』して捉える必要がありそうだ。

我々庶民が『労働対価』として得られるのが『カネ』。
投機的で実体のないのが『マネー』。
特に、マネーで人々が翻弄され続けてきた。

資本主義が行きすぎると『バブル』を招く。

農耕集団・ネイチャークラブNPOの主宰者のジャンク屋の若大将が、
行きすぎた資本主義云々と言うのだが、
この説明では『何がどう、行きすぎているのか』が、
さっぱりわからない。

少し、カンタンな説明を加える。

要は『現物がない通貨の空売りと空買いの差益のサイクル』だ。
この差益は、庶民には回ってこない『虚のマネー』である。
だが、その『虚のマネー』が『とんでもなくデカイ金額』で、
それこそ『タックス・ヘイブン』なんぞで租税回避を経由して、
マネー・ロンダリングされたりしてきれいなカネとして流れ出す。

庶民は『わずかなおカネ』を稼ぐのに四苦八苦している。

だが、タックスヘイブンなどの『虚のマネー』を、
もう少し、きれいな『実のおカネ』に回せば、
メディアで『問題だぁ!』と騒いでいる大方の課題など、
簡単に解決できると思うのだが、甘いだろうか。

私は、特に資本主義が行きすぎているとは思わない。

だが、もう少し、国家がマネーをコントロールできないと、
かつてのタイ・バーツが『アジア通貨危機』を引き起こした。
マネーが勝って、国家が負けた、という構図である。

そうならないようにジャッジできんものなのか。

うまくジャッジできれば、
食糧問題も、相対的貧困も、耕作放棄地問題も、
ほとんどが解決できるように感じる。
逆に、そこに至らなければ『志の高い人のボランティア』の域を出ず、
根本的な解決には至らない。

要は、カネの移動がなければ、傷口に絆創膏だ。

今や、骨折しているのに、
絆創膏や湿布薬で『ごまかしている』ようにしか、
私には見えないのである。

そういう本質に踏み込んで『議員や政治を選ぶ時期』にきている。

・とりあえず症候群
・仕方がない症候群

メディアも『絵になるシーン』ばかりで番組を作るな、といいたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ちきりんの日記▼
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/
★なかなか、鋭い視点で、勉強になるよ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
































※下記の広告は本記事とは無関係です。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●アウトサイダーやアウトロー。 | トップ | ●「縁」と「つながり」の考察。 »
最近の画像もっと見る

雑ネタ」カテゴリの最新記事