●暮らしの落書き帳<319Tany(太田肇司/JF3TBM:著)>

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●触らぬアホに祟りなし。

2016年10月03日 | 日々の呆れごと。
私自身、野蛮なバーベキューは嫌いだ。やりたい人たちが、野外に出かけて勝手に楽しむ分には気にならない。ところが、先日の休日に、こともあろうか近隣住民が自宅前の庭でバーベキューを始めた。近隣の住宅密集地で、何年か前に『古アパートが全焼した火事』があった(出火原因は不明)。火の不始末や飛び火した火の粉が原因で、ひとたび火災になれば類焼もありうる地域である。こんなところで、炭を起こしてバーベキューをやる連中には、直接対話は難しい。近隣トラブルの火種は小さいが、大きな事件に発展するのは『当事者同士』で『やりあう』ことにある。こんな野蛮な連中には国家暴力組織を使って『制圧する』に限る。


【写真:密集地でBBQをするなど、文化レベルが低い野蛮人である】

野蛮人とはどんな人種か・・・?

1、文化が開けていない人。
2、無教養で粗暴な人。乱暴で人道に反することをする人。

住宅密集地でBBQをやる人に正論は通用しない。

とりあえず、どう懲らしめるかの対策を5分ほど考えた。
結局、110番をしようという方向性が決まった。

この時点で、物干しにかかっている私のカッターシャツは、
バーベキューの煙害で『燻製(くんせい)』になっている。

ムカムカしながら、『近隣のBBQによる騒音と煙害、火災の危険』を理由に、
110番緊急電話にかけてみた。

電話先の担当者は『すぐに警察官を現場に向かわせます』ときた。

警察だけでは『インパクト』が足りないと考え、
110番同様の内容で119番にも申告をした。
119番の場合は『特に、火の粉で火災が心配だ』を強調。

消防の担当者は『消防車1台、現場に向かわせます』と出た。

近隣のことなので、警察官が到着したら、
家の中にいても『警ら用バイクの音』が聞こえ現場到着がわかる。

宴たけなわの真っ最中に警官が登場した!

警察官が『まず、近隣に断りを入れてからやられたらどうですか』とたしなめた。
近隣住民は酔っぱらって『そんなこと、やってられっか!!』と応酬にでた。

無教養、粗暴、乱暴、人道に反する・・・野蛮人そのものである。

野蛮人が警察官に食ってかかっているときに、
赤色灯を点灯させた消防のポンプ車が到着したのには、
警官も野蛮人も仰天したようである。

消防は、近隣苦情と火元確認を念押しして現場を引き上げた。

この野蛮人たちは、
ことあるごとに親戚を集めて煙害をまきちらし、
さらに、閑静な住宅街で昼間から庭で肉を焼き、
ビールや焼酎をあおって『ガハハ、ガハハ』と大声で騒ぐのだ。
中心になっているのが社会経験も豊富であろう『団塊世代』だから驚く。

今度やりやがったら、懲らしめてやろうと思っていた矢先だった。

警察や消防が来なかったら、
毎度毎度、夕暮れまで『ガハハ、ガハハ』と騒ぐ。

やっているのが、若いヤツなら非常識もわかるのだが。

地元で長く住んでいる年寄りが先頭に立って『ガハハ、ガハハ』だから、
『これは、いっちょう、懲らしめてやらんといかん』と思っていた。
だいたい、『地(地元で古い)の人間』は、
『もともとは、ここらは、わしらの土地や』の意識が抜けない。

すでに、50年も前に土地を売却して相応の利益を得ても『このザマ』だ。

さらに、親戚筋が公共工事を請けているとかで、
役所や議員とパイプがあると『すぐに調子に乗る』のである。
まぁ、こちらも議員とのパイプはあるが、
議員ってのは『地域の票田』を気にするから、
自分の利害を考えて『まぁまぁ』で済ませる連中が多いからアテにならない。

となれば、国家暴力組織を使うしかないのである。

普通の人は、110番は『とんでもなく特別なこと』でしか使うことがない。
もちろん、110番は『緊急電話』だから、
電話をすれば『事件ですか、事故ですか』と聞かれる。

だが『近隣の騒音苦情です』でも受け付けてくれるのだ。

タクシー乗り場の待機レーンに一般車が違法駐車したときなど、
こちらの営業権を荒らされるので『即座に110番』だ。
このとき、現場に来た警官にいろいろ聞くが、
『騒音苦情も火災の危険も、なんでも受け付けるから、遠慮なく!』と言っていた。

警察や消防は税金で動く人たちである。

税金は『文化的暮らしを守るためのインフラ負担金』だと思っている。
その権利を守るためなら『負担金』を使ってもらって当然だ。
野蛮人には野蛮人なりの言い分も権利もあるだろうが、
密集地で火を上げるのがどういうことかを、
直接、話をしてもわかる連中ではない。

バーベキュー自体はやりたければ相応しいところでやればいい。

近隣で苦情が出るくらいなら、
焼肉屋に行った方が準備も片づけも楽なのだが、
なにせ、無教養で粗暴で人道に反することがわかっていない連中は、
こういうことすらわからないのだ。

触らぬアホに祟りなし・・・である。

ほんまかいな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●どーでもいいことばかり目に... | トップ | ●それは、偶然だったのか・・... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む