●暮らしの落書き帳<319Tany(太田肇司/JF3TBM:著)>

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●どういう「がんばり」に価値があるか。

2017年07月17日 | バッチリマンデー(朝礼ネタ)
ここしばらく『頑張り』について書いてきた。頑張ること自体は悪いことではない。だが、一番大事なことは『何のために頑張っているのか』だ。自分が熱意を持って取り組んでいることは大いに頑張ったらいいと思う。そういうとき、その頑張りで『ときめき感』や『わくわく感』があれば、それは『ホンマもん』だと思う。親族や他人の目を気にすることが『頑張りの原動力』なら、これはちょっとしんどい。一種の罪悪感に近い頑張りなら、頑張らずに他人に迷惑をかけていても、事態はそうそう変化しないものである。


【写真:その頑張りが、わくわくするか?】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆何にフォーカスしているか・・・?。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は、自分にフォーカスしている。

極論すれば、他人の目や会社の評価など、
取るに足りないことで、
長い人生の中では大勢に影響もなく、
はっきり言えば『どうでもいいこと』である。
今の会社が気に入らなかったら、
同業者に居場所を変えたら済む話で『全く固執していない』のだ。

他人の目や評価にフォーカスするから不要な頑張りになる。

要は『そこそこ食えて、そこそこ楽しめたらいい』。
そういう『開き直り』も時には必要である。
私が、執拗に『頑張るな』というのは、
『大衆』や『庶民』から『一歩踏み出す』提案である。

かいつまんで言えば『少数派になろう』ということだ。

テレビの『DASH村』や『人生の楽園』など、
作り込まれた映像や『スポンサーが喜ぶ番組』を見て、
『これだ!これしかない!』などと息巻くのは、
コマーシャルベースに乗せられているだけ。

都心で近所づきあいもできない人が農村移住など愚の骨頂だ。

そこに加えて『行動で示す』とか、
背伸びした『頑張り』が『庶民』であり、
メディアに乗せられた『大衆層』の『多数派』なのである。

本当に移住するほどの頑張りや行動が必要なのだろうか?。

先日も書いたが車のタイヤの適性空気圧は『2.5KPa(kg/cm2)』だ。
人間の能力や脳みそのキャパなど、
せいぜい、2~3個くらいしか同時進行の把握はできない。

となれば、2.5件程度の頑張りでキャパオーバーである。

そこに10KPaも20KPaも圧をかけたらパンクする。
鬱に入ったり引きこもったりする人を数名見ているが、
基本は『マジメ過ぎ』で『すぐに背負い込む』のだ。
そして、パンク寸前に鬱に入ったり引きこもったりする。
症状がひどくなれば電車に飛び込んだりするのである。

だったら、2.5KPaにしておけば・・・。

自分探しにしてもそうだ。
いくら自分探しをしても『自分には何もない』が原点だから、
仮に自分が見つかったとしても・・・。

イヤになるくらい惨めな自分しか見つからない。

今、働く場がきちんとあるのなら、
そこで、具体的に『やる』のを『継続するだけ』で十分だ。
自分の能力を超えたポストを狙って評価を気にして、
なんでもかんでも『安請け合い』をしていたら、
付け足しの付け足しで『永遠に頑張らなくてはならない』。

他人に迷惑をかけろ、と言ったが・・・。

カンタンなことである。
他人に嫌がらせをしろということではなく、
いかに『他人の力を借りるか』である。

その原点は『私には「やる」能力が「ある」』のが前提だ。

それを、敢えてやらずに人に任せる。
極論すれば『自分では何もせず他人任せ』でもいい。
それでも、自分がラクになれればいいではないか。

もっと、傲慢になればいい。

他人が、自分のことを『傲慢』と言おうが、
感じ悪いと言おうが『言われている側は幸せ』ならいいのだ。
この記事を読んでいる人は、
『私のことを傲慢で感じが悪い』と思うかも知れないが。

私の周囲の全員が、私を嫌っていることはないのである。

他人に迷惑をかけるということは、
わかりやすくいえば『他人に甘える』ということに他ならない。
長年、いい人になるために『頑張ってきた人』は、
悲しいかな『他人に、どうやって甘えたらいいかわからない』のだ。

・その人に、手間暇をかけさせる
・その人の、時間を奪う
・その人に、イヤな思いをさせる

頑張ってきた人は・・・。

・ちゃんとしないと、好かれない
・結果を出さないと、認められない
・きちんとしていないから、叱られる

小学生ならともかく、いい大人がなんだ。

頑張っていい仕事をしようとしても、
叱られる時は叱られるし、
失敗するときは失敗するのである。
その上、頑張っても結果がでないと、
同じ結果であっても頑張っていない以上にダメージが大きい。

だったら、テキトーでいいのではないか。

『ない』からスタートするから『付け足し付け足し』で、
物事が複雑化して『頑張りのスパイラル』に陥る。
結果的に、中途半端な結果しか残せない。

だったら、無理に頑張る必要があろうか。

何度も書いたが、私は商売を畳んだ時点で『いい人』を目指さなくなった。
むしろ『どうでもいい人』の方を選んだ。
だが、自分にフォーカスしたら、
自分では『どうでもいい人』のつもりでも、
また新たな人が寄ってくるようになったのだ。
それも、特段、頑張ってなんかいないのだが。

まぁ、熱中できることに『気がつけば頑張っていた』。

他人にこれからのことには『頑張ってください』とは言わない。
だが、出てきた結果に対しては『頑張りましたね』とは言う。
それでも『まぁ、あんまり頑張り過ぎないように』とも言う。

強調するが、足し算より、引き算の方が、人生はシンプルで楽しい。

とはいえ、自分で食べていく程度の『やるべきこと』は、
それなりに見つけて続けていくことである。
今の日本で『食べられない』なんてことは、
ほとんどないのだから。

いかがだろうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ちきりんの日記▼
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/
★なかなか、鋭い視点で、勉強になるよ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●なまくら、ものぐさ、役立た... | トップ | ●温暖化もプロパガンダ。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む