●暮らしの落書き帳(タニー(太田肇司/JF3TBM:著)

世間派ブログ。
平凡な暮らしの話題を綴っています。
文責:太田肇司
jf3tbm@yahoo.co.jp

●廣島。

2016年10月19日 | 戦後70年を迎えて・・・
公休と有休を組み合わせて、2泊3日で広島に行ってきた。


【写真:何度、訪れても原爆の恐ろしさを感じる】

到着時、クライマックス戦で広島が勝ったらしく、
町はカープファンであふれていた。
歓楽街の一部でファン同士が優勝を称えて、
ハイタッチやファン同士の胴上げも見たが、
阪神が優勝したときのような狂乱など皆無で、
カープのユニフォームを着たファンが歩いているが、
みんな、口数は少なく大人しく家路を急いでいるように見えた。

川に飛び込むアホはいない。


▲広島電鉄はユニークだ。


▲乗務員が信号待ちのときに手を振ってくれる。


▲昭和53年に全廃した京都市電も広島で活躍。

関西、とりわけ大阪だと、
阪神が優勝したら間違いなく道頓堀に飛び込むアホがいて、
運悪く命を落とすファンが出る。

広島では『その気配』すらなく拍子抜けした。

さて、今回の広島訪問の第一目的は、
身内に会うことだったのだが、
その合間に『平和』を考える場所に行きたいと、
駆け足で回ってきた。

原爆ドームと資料館は38年ぶり。


▲38年前、ここで千羽鶴を捧げた。

中学の修学旅行で訪問して以来のことで、
当時のことを思い出す。
原爆のことについては、
読者の皆さんも学校時代に平和教育なんぞで、
いろいろ見聞きしたと思うので詳細は割愛する。

ひとつ言えるのは米軍は緻密に作戦を実行した。

原爆ドームと呼ばれる当時の『産業奨励館』のそばに、
『相生橋』が架かっていて、その形状がT字型で、
上空からも格好の目標になった。


▲保存されている『相生橋』の欄干の一部

エノラゲイはT字の橋の4km手前から投下し急旋回して逃げた。

原爆が最大限の効果を発揮するように、
数百メートル上空で爆発するように設計されていると聞いていたが、
展示されていた爆弾の再現品には『センサー』のアンテナが付いていて、
確実に広島の中心部に投下して、
市全体を爆風・熱線・放射線で壊滅させた。

生物は75年間生きられないと噂も飛んだ。

実際には爆風や熱線から奇跡的に助かった被爆した植物も、
その二世が逞しく育っている。


▲被爆した『アオギリ』の二世。

改めて平和のありがたさを感じた。

広島・長崎が原爆に襲われ、
国内各地が焼夷弾や機銃掃射の空襲にやられた。
大阪に至っては終戦の前日に、
今のJR京橋駅も直撃され、
大阪城にあった砲兵工廠も壊滅された。

戦争は、軍部の暴走と言われるが・・・

軍部の暴走と言ってしまうと、
軍幹部の頭のおかしい人が暴走して、
戦線を拡大したかのような印象を受けるが、
私は、そうではないと考えている。

外交的に、職業的に、メンツ的に『拡大した』。

戦争末期に至っては『ヤケクソ』にも見えるが、
後にも先にもどうしょうもない状況だったのだろう。
公開される情報も『体裁を繕う』のが精いっぱい。
だが、その気質は今も昔も『あんまり変わっていない』気がする。
特に、日本人は流行を追い、
体裁を整えて『やった気になる』のが欠点だと思う。


▲人間魚雷『回天』の復元品。(特攻兵器)
 出撃前の特攻隊員の音声も聞ける。
 聞いていると、泣けてくる。

当時の特攻隊員が、今の日本を見たらどう思うのだろう・・・。

今の政界が『にっちもさっちもいかない』ように見える。
予算委員会も、五輪も、東京新市場問題も、
とにかく『体裁』ばかりに映る。

戦争は『究極の外交手段』と認識している。

かつては資源を目的にした『国家間の領土争い』だった。
今、平和のありがたさをかみしめているが、
実際のところはテロのリスクを抱えている。

広島との往復に新幹線を利用したが・・・。

最近、外国人旅行者をはじめ、
国内旅行、出張の人が『こぞって』、
ガラガラ(キャリーバッグ)を使っている。
テロリストがガラガラの中に危険なものを入れて、
新幹線の棚に置いてトイレに行くふりをして、
途中下車してしまえばカンタンに作戦が実行されてしまう。


▲ガラガラの車内・・・。

そんなこともふと考えてしまうくらいみんな平和ボケしている。

2020東京五輪を控えて『おもてなし』の言葉だけが空回りしている。
広島訪問最終日には『宮島』にも訪れたが、
帰りのJR(在来線)では、
我先に席を陣取ったのは『大阪のオバハン』で、
20数年前に流行った『オバタリアン』の行動そのもの。

おもてなしの精神などない。

遠目に見えたのが、外国人観光客を押しのけて、
オバタリアン集団は席を取る技術は高齢化しても衰えていない。
呆れた外国人バックパッカーは、
宮島口から広島駅まで立っていた。


▲3度目の宮島だが、厳島神社の荘厳さに圧倒される。

いろいろ思うところがあった広島。また機会を作って訪問したい。

♪ねがい♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2016 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






















※下記の広告は本記事とは無関係です。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●電通社員の過労自殺に思う。 | トップ | ●親が教えること。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む