●暮らしの落書き帳<319Tany(太田肇司/JF3TBM:著)>

日々の話題を落書き風に綴っています。
文責:太田肇司(319Tany)
jf3tbm@yahoo.co.jp

●ベンチャースピリッツ。

2017年11月19日 | バッチリマンデー(朝礼ネタ)
葛之屋末兵衛が、ネイチャークラブNPOを作るときに『ベンチャースピリッツ』みたいなことを言っていたのを、ふと思い出した。だが、彼が言う内容を吟味すると、それって、ホンマにベンチャーなの・・・?。という疑問が出てきた。


【写真:ホンマもんのベンチャーって、こんなもんじゃない!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ベンチャーなら『少数派』が原則だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

だいぶん前に、NHKだったか、
テレビの特集で『ベンチャー企業を起こしたいのですが、
どんなビジネスがいいでしょうか』というトンチンカンな質問があった。

私なら『タクシーの運転手でもやってみたら?』と言う。

自分で考えて決断し、
黙って実行するのがベンチャースピリッツだと、
私は思っている。

誰かに誘われてやるなら、そんなものベンチャーじゃない。

『誰もやらないことをやれ』と言われて、
『はい、やります』とでも言うのだろうか。
『誰もやらないことをやろうよ』と誘われて、
『そうですね、やりましょう』なんてベンチャーなのか?。

金魚の糞みたいじゃないか。

そんな程度の軽いノリでベンチャーができるのなら、
わざわざ官製バブルの『アベノミクス』なんぞ仕掛ける必要がない。
その程度で、ベンチャービジネスができるのなら、
今や、日本はもっと活気に満ち溢れ、
雇用問題など、国会や地方議会でも取り上げられないはずだ。

・命令:やれ
・勧誘:やろうよ
・推奨:やった方がいいよ

こんなのは、ベンチャースピリッツに反する。

ネイチャークラブNPOは、
勧誘型か推奨型で『仲良しクラブ』でしかなかった。
当初は、活気あるミーティングだったが、
フタをあければ『ネイチャー温泉、ぬるま湯で茹でガエル』である。

ベンチャースピリッツの原則はこれだ。

・少数派であること
・既成概念に背を向けること
・情報や知識に『飢え』をもつこと

ネイチャークラブの場合は・・・。

・みんながやろうとしていること
・みんながすでにやっていること
・すでにニーズが満たされていること
・価値も定まっていること
・寡占業界で、儲からないと決めつけていること

こんな状態で、何がベンチャーなのか・・・?。

ベンチャースピリッツを語る前に、
便所の掃除をしながら、
物思いにふける方が有意義であるし、
おまけに便所もきれいになる。

既成概念に背を向けると書いたが。

これは、決して『他人の話を聞かない』という意味ではない。
だが、既成概念に背を向けつつ、
他人の言葉にも耳を傾け、
それでいて、情報や知識に『飢え』を持つ。

ここまで腹を決めないと『既成の波』に呑みこまれる。

ネイチャークラブNPOと葛之屋末兵衛の場合は、
スポンサーが喜ぶ『作り込み番組』に刺激されたのがきっかけ。
言っちゃ悪いが、既成の大手メディアに『少数派』の持ち主はいない。
彼らは、番組として成り立って『きれいな絵』が見せられて、
視聴率が上がってスポンサーが喜び、
ひっかかってくれる視聴者が増えたら、それでおしまいなのだ。

今、名だたる日本のトップメーカーも最初は少数派だった。

小規模で、孤独な環境から出発して、
多数派に引き込まれる『誘惑』を断固拒絶すること。
そこに、ベンチャースピリッツの原点があると信じている。

わざわざ、SNSで『行動で示す』とか言うこと自体、終わっている。

※この記事は事実をもとに書下ろしたドキュメンタリー的フィクションです。
 公人を除き、登場する個人・団体名は仮名にしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便、あの日の記憶。天空の星たちへ。公式ブログ▼
http://tenku123.hateblo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼日航123便墜落の新事実(河出書房新社のサイト)▼
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309025940/
★ぜひ、お目通しいただければ幸いです★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━































※下記の広告は本記事とは無関係です。






この記事をはてなブックマークに追加