●暮らしの落書き帳(タニー(太田肇司/JF3TBM:著)

世間派ブログ。
平凡な暮らしの話題を綴っています。
文責:太田肇司
jf3tbm@yahoo.co.jp

●半農×半タクのホンネ。

2017年01月08日 | 自分の頭で考えよう
T交通のKさんという兵庫県出身の同業者の仲間がいる。彼は、今年から『半農×半タク』に『ならざるを得ない』と頭を抱えている。農業を志す方から見たら『どうして頭を抱えるの?』だろう。だが、Kさんは、18歳まで農村暮らし。大学が大阪だったので、そのまま農村を離れて現在に至っている。昨年60歳を迎え『いかに人生を逃げ切るか』なんて話題でよく盛り上がったのだが、田畑を守っていた人たちが次々に他界。その後、しばらくは近隣の農家におカネを払って農作業を依頼していたのだが、作付面積も大きく、外注依頼費もバカにならんということで、Kさんが農繁期に実家に戻って農業に携わることになった。だが、ご本人いはく『こんなもん、60歳過ぎて、やるもんちゃう!。どんだけえらいか、知らんやろ!』だ。営農者からすれば『定年後、のんびり農業でも・・・』という人のほとんどは、ケツ割って、町へ戻りよるよ』という。


【写真:農作業はともかく、村の付き合いが大変なのだ】

農作業自体は、機械化されていて人の手はかからない。

Kさんは、膝に水がたまり、
加えて、都会暮らしとタクシー乗り特有の運動不足で、
見た目より『メタボ気味』だという。

まず、膝を治して、メタボ解消が目下の課題だ。

そこで『今年は、農作業は従来通り近隣に頼む』ことにした。
農作業自体は『おカネで解決できる』のだが、
一番面倒くさいのが『村の付き合い』である。

はっきり言って、ニートやひきこもりでは話にならない。

1、畔(隣接する近隣と共有のあぜ道)の草刈り
2、水田に引き込むポンプの設置やメンテに溝さらい(どぶそうじ)
3、定期的な村の祭り
4、同業者の寄りあい
5、近隣の寄りあい

すべて、村の付き合いに顔を出して労働力を発揮しないと『村八分』される。

Kさんは、なかなか厳しいことを言う。
会社勤めや人間関係に疲れた人が就農したがるが、
100人いて1人が残ればいい方だ。
だいたい、会社の人間関係程度で疲れるヤツが、
村の付き合いや古い風習に染まるにはハードルが高い。

ニートに勤まるほど甘くないし、ひきこもりだと最初から『村八分』だ。

当たり前だが、新規就農者と既存の営農者と比較して、
技術レベルには歴然と差があり『生産性』にも大きな差がある。
あたりまえだが『生産性』が『収益性』に直結する。
収益性が悪いのは『収入が低い』という小学生でもわかる理屈だ。

1、技術力の差
    ↓
2、生産性の差
    ↓
3、収益性の差

新規就農者の定着率の低さの原因は『収益性』にある、と明言される。

会社で力を発揮できない人が、
保守的な農村社会に溶け込めるのかが大きな疑問だ。
周囲の農家との協力やJAとの関係性も大事にしないと、
事業として成り立たないし、生計が立てられないのである。

ネット直販や通販も新規販路だが・・・。

1日の農作業の後に『ネット販売』の仕事や出荷業務、
ネット以外の電話・ファクス注文やクレーム対応など、
思った以上に『余分な仕事』で『疲弊』してしまう。
営農者が通販会社のコールセンターの真似事まで、
家族経営でできるのか。

さらに、厳しい意見が出た。

営農離れが進むのは『儲からないからだ』。
不思議なことに、農業とビジネスライクな話を、
結びつける人が極めて少ない。
農業の厳しさは漠然と知っていても、
『お金儲けのために農業を志す訳ではない』といい、
おカネの話には、余り触れたくないような人たちが多い。
それは『営農』ではなく『趣味的自給的農業』であり、
社会性のない自己満足的農業だ。

Kさんは『DASH村』みたいな番組が余計なお節介だと指摘する。

メディアは『きれい』『かっこいい』『おもしろい』という、
絵になる部分だけを切り取って、
アイドルを使って農業プロパガンダを展開する。
それを見て、憧れて移住してくるが、
思った以上に根気が必要で『町の子』は、
1年も経たないうちに尻尾を巻いて町に帰っていく。

『農業で何とか食べていければいい』という考えだと無理がある。

高い技術と経験豊富で農業資産ある農家が食べていけないから、
兼業し、廃業し、衰退している。
耕作放棄地の増加が現実の答えだ。

地球相手の無口で地道に根気だけの仕事。

せっかく作った畝に猪がツッコミ、
腹が立っても、ときどき顔を出す、
へびやタヌキに八つ当たりするしかない。

Kさんは『正直なところ、都会のタクシー運転手の方がラクだ』と言い切る。

従来の営農を超えた高い目標を持たなくては、
人並みの生活の維持すら難しい。
移住して営農を志す人は、
年収の3年分を持っていないと失敗は必至だと。

農業に参入するという事は、起業することである。

当然資金計画を立てなければならない。
技術習得する期間の生活費、農業機械などの取得費、
新居の借り入れなどの居住費などかなりの金額になる。
節約するために中古機械にするとかの方法はある。

運良く農地を借りられたとしても、だ。

収穫して『売れるまで無収入』だ。
貸し出される農地は、ほとんどの場合が収益性が低く、
改植しなければならない。
苗木の購入費なども考慮しなければならない。

これが、営農に駆り出される『半農×半タク』のKさんの貴重な意見だ。

Kさんのホンネは『勘当されて大阪に来たのに今頃戻ってこいって、
イナカの連中は、勝手なことばかり言う』と、
門真と兵庫の行ったり来たりに『うんざりする』と嘆いている。

とにかく、村の付き合いをしないと『村八分』になるのが厄介なのだ。

▼アマチュア無線関連の販売店『けいはんな通信』の店長ブログ▼
http://www.je3yui.com/blog/
★私の中学時代の先輩が経営する『プロショップ』です★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.


━━<PR>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://ameblo.jp/mintakudann/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲私が応援している『NPO法人・みんなの未来かいたく団』▲
耕作放棄地再生、人の再生、物の再生をミッションに
大阪・大阪近郊の耕作放棄地を開拓・開墾して、
都会と里山をつなぐ活動を展開しています。
通称『みんたく団』と呼び、河内長野に『みんたく畑』を開拓中です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加