●暮らしの落書き帳(タニー(太田肇司/JF3TBM:著)

世間派ブログ。
平凡な暮らしの話題を綴っています。
文責:太田肇司
jf3tbm@yahoo.co.jp

●永久に。

2017年01月21日 | 第二の人生考

家内の短大時代の学友が、
一昨日に急逝され、ブログの更新できませんでした。

40年来の友人が急逝されて、
昨夜、夜伽に参列し先ほど帰宅し、落ち着いたところです。

大晦日に、家内が電話で話したときは、
いつもどおり元気な声が聞けたのに、
お正月が明けて、1月8日に、
急病が発症して約10日、
意識が戻らずに霊山に旅立たれました。

昭和34年8月12日生
平成29年1月19日没

戒名 妙尚 殿
俗名 大山尚子様

長きに亘り楽しかった思い出、
心の中で永久に。

太田美奈子・肇司

ご冥福をお祈り申し上げます。



▼♪ひこうき雲(荒井由実(松任谷由実)♪▼
https://www.youtube.com/watch?v=9HInQDjCCRc

この記事をはてなブックマークに追加

●人生、5年区切りでエンジョイライフ。

2017年01月19日 | 成功本にモノ申す
平均寿命が80歳を超えている。だが、あくまでも『平均』であって、私が80歳まで生きられる保証はどこにもない。まぁ、周囲を見渡すと70歳まで元気な人は80歳以上になってもお元気だが、昨年には、同じ会社の乗務員さんが70歳前後で2人ほど亡くなられた。かと思えば、83歳で現役バリバリの乗務員さんもいらっしゃるから、人の寿命なんてわからないもの。だから、今をきちんと生きていくことこそが、本当に大事だと痛感している。


【写真:人生に吹く流れは、概ね5年で変化している】

とりあえず、ざっくりした5年ごとの人生設計は必要だ。

以前にも書いたが、
お商売をしていて『何もしなかったら1年で20%の顧客が減る』。
この理屈で考えたら『5年で顧客はゼロ』になる。

人生にも、当てはまるのではないか。

現在、交流やお付き合いがある人で、
5年以上続いているケースは、
案外と『稀(まれ)』である。

自分も相手も、考え方や興味の範囲が変化する。

特に、40歳を超えていくと、
だんだん、体力の低下も感じるし、
ましてや、50歳を超えたら、
少しずつ『ガタ』がきて『ポンコツ』になるのがわかる。

5年で一区切りなら、3年目は『見極め』が近づいている。

平均年齢どおりに生きられれば、
私の余命は『28年』だが、
こんなの『平均』だから『余命には何の保証もない』。
平均を信じて10年先を考え、
行動を先送りするのはリスクが高い。

5年後に視点を置き、そこから逆算して3週間以内に行動に移す。

 1、いつか、したいことは、今、やる。
 2、苦手な事にはチャレンジせず、やめる。
 3、得意な事を見つけて、伸ばす。
 4、したくないか、したいか、迷うことは、きっぱり『しない』と決める。
 5、立てた計画や目標に固執しない。
 6、おカネの亡霊に取りつかれないよう『自分のおカネの哲学』を持つ。
 7、どう生きるかを考えるための『1人の時間』を大事にする。
 8、5年間をエンジョイするための仲間を探す
 9、周囲の10人に『5年計画』の決意表明をする。
10、5年後に寿命を迎えてもいいように『やっておきたいこと』を常に考えて行動する

3週間たっても『やらない人』は『いつまでも何もしない人』だ。

このブログを読まれた方に、
『あのとき読んだブログで人生の軌道修正ができた』と思ってもらえるよう、
書いてみたのである。

もう、成功本を信じない。

成功本は『その気』にさせてくれるが、
案外、呪縛や拘り(こだわり)が起きて、
自分を『変化』させるのには、
足かせになる。

オンリーワンもナンバーワンも、どうでもいい。

成功本は、よく『みんな違って、みんないい』とかいう。
私は、何か違和感を通り越し『何を言ってやがる』と思っていた。
まぁ、みんな違って、みんないいとか、
明日はきっと、いい日になるよとか、
こういうのがまかり通っていると『人間、だめになる』。

緊張感を奪い『努力しなくてもいいんだ』という無気力社会を作っている。

成功本が言うのは『外的な幸福』が多い。
幸福感は人によって『モノサシ』の尺度も違う。
成功本は、執着、悩み、苦しみも与える。

成功本さえ読まなければ・・・。

1、仕事もある
2、家族もいる
3、住む家もある
4、ときどきおいしいものが食べられる
5、たまに、気の合う仲間と酒も飲める

これだけでも、幸福感が満たされる。

将来のことばかり気にして今を無駄に過ごしてはもったいない。
私は、このブログで『おカネ』のことも書くが、
人生の目的は貯金でもないし、
将来のための年金積立でもないし、
生命保険をかけることでもない。

いかに、今を、楽しむかが重要なのだと声を大にして言いたいのである。

▼アマチュア無線関連の販売店『けいはんな通信』の店長ブログ▼
http://www.je3yui.com/blog/
★私の中学時代の先輩が経営する『プロショップ』です★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼♪ニートは楽だが親が泣く♪▼
https://www.youtube.com/watch?v=iLzVl6Gyvjk&list=PLb1TIXcgxkf6JsWk18LAGr7Kfx3S2sSoK

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。


電話:080-6187-8665


・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●やかん磨きをしながら、思ったこと。

2017年01月18日 | シンプルライフ
以前も書いたが、うちの『やかん』は『おカネを生む魔法のやかん』。まぁ、魔法のやかんなら、ニートで暮らせるように、もっとおカネを生み出してくれればいいのだが、そうもいかない。日々、仕事中に飲むコーヒーを、魔法のやかんで作って『缶コーヒー代』などの無駄遣いを抑えているだけなのだが、このやかんのおかげで、昨日の公休日は『いろんなコト』を考えた。その一部をブログに表してみたい。


【写真:今日の『最大のリア充』は『やかん』を磨いたことだ】

日々、カネを生む?やかんを磨いた。

こいつがなければ、
毎日、缶コーヒー代として240円から360円が消える。
たかが、360円だが、
25日乗務したら『9,000円』がお小水に化け、
約1万円をトイレに流すのと同じ勘定だ。

感謝を込めて、やかんを一生懸命に磨いた。

タクシー乗務員の平均的な歩合率が57%として、
9,000円を稼ごうとしたら、
税込で17,000円の水揚げが必要になる。

ヒマな日の1日分の売上を、小便に使うのはもったいない。

計算式はこうだ。
17,000円-8%=15,640円(消費税抜き水揚げ高)
15,640円×57%=8,914円(控除前支給額)
ここから、所得税、社会保険、地方税、カードチケット手数料など、
諸々が、総支給額から控除されるので、
正味の手取りで9,000円を確保するとなれば、
実際の水揚げ高は、17,000円では少し足りない。

いかに、缶コーヒーが無駄遣いか。

だが、誰かと会って『楽しいひととき』を過ごしたり、
何か、素敵で珍しいものを見聞きしたり、
そういうことに9,000円かかっても、
こういうのは、何も『もったいない』とは思わない。
また、GETしたい新製品のアマチュア無線機の購入を考えているが、
ざっと80,000円程度の予算だ。

まぁ、そういうのを励みに、日々、働いている。

いい歳をしたオッサンだから、
ある程度の蓄えや計画的な貯蓄は必要だ。
だが、大した目標や目的もなく、
ただ、カネを溜め込むというのは、少しもったいない。

『体験』を犠牲にしてまでやることはないと思っている。

おカネは『生活を豊かにする道具』だから、
溜め込むのは『カネが目的の仕事や生活』になり、
本来の目的から逆転してしまい『無意味』だ。
うまくおカネを使って『いい人生だった』と言えるようにしたい。

30歳代のころは、けっこう派手におカネを使っていた。

38歳で会社を辞めて、
自分で広告屋をやり始めた頃は、
人と会うのが仕事だったし、何かと経費も必要だった。

セミナー、交流会、懇親会などにも足しげく通ったものだ。

当時の商売自体は、そこそこ、まぁまぁって感じだったが、
何かの拍子で売掛金が焦げ付き、
債権債務の処理に追われ『廃業』に至ったことは何度も書いた。
そのころの経験は、とてもいい人生勉強になった。

人生には『3つの坂』があるとか聞く。

1、上り坂
2、下り坂
3、まさか・・・。

厄年、大殺界が重なった時期に『まさか・・・』がやってきて、
『これでもか、これでもか』と『三障四魔』が、
競い合ってやってくる。

商売的には廃業とか言っているが『実質、破産』だ。

ここまできたら『肩章』も何もないし、
きれいごとをブログで書く必要もない。
また、ブログやFacebookで顧客のフォローなどやる気もないから、
遠慮なく、毒舌をまき散らしてもいい立場になったと思っている。
別に、誰に好かれようとも嫌われようとも、どうでもいい。

政治やメディアの悪口を書いて糾弾されても痛くもかゆくもない。

書店なんかに行けば『自己啓発本』なんかが目立ち、
中身は、相変わらず『夢は叶えるためにある』とか、
『1日10回、ありがとうを言えば幸せになれる』とか、
その手の『企画モノ』が目白押しなのが笑えてしまう。

あえて、水を差してみようと思う。

幸せのモノサシなど『人によって違う』ものだし、
タクシーの運転手もコンビニの店員さんも、
1日10回以上『ありがとう』は言っている。
幸福な人もいるし、そう感じない人もいる。
『夢が叶わないのは努力が足りない』とも言われる。

本当に、そうなのか・・・?

努力では、何ともならないような『運命的』なことも往々にしてある。
年齢的、体力的にも『無理』なことなど山ほどある。
相撲が好きだといって『相撲取り』なんかなれないし、
飛行機が好きだからと『パイロット』などなれっこない。
浅田真央が好きだからといって『浅田真央』になれるわけがない。
考える方がバカらしいし、時間の無駄だ。

『明日はいい日になるよ』

こんな、無責任なことも言わない。
だいたい『いい』とか『悪い』のモノサシも人それぞれだ。
梅雨の真っただ中に『明日はきっと晴れるよ』と言っても、
『あほか、このオッサン』と笑われるようなものだ。

50歳過ぎて、いたずらに夢を追うのはいただけない。

だが、今まで生きてきた中で、
自分で立てた『計画』で『必然』だったものは20%くらい。
残りの80%は『偶然』の出会いがあり、
それが、目標を突破するのに力になったのである。

だから、チャンスを見失わないように準備は必要なのだ。

今は、昼間のような明るい高度成長期が過ぎ、
『黄昏時』から暗黒の『夜』に入っている。
だが、夜は必ず朝を迎えて昼になる。

夜明けに『すぐ起きられるような準備』の時期だ。

のんべんだらりと過ごすのも人生。
常にいろんなことにアンテナを張り、
好奇心を持って行動するのも人生。

明日になっても『いい日』にならないかも知れない。

だが、あんまり悲観的に考えず、
どうにかならあな・・・程度で、
テキトーな楽観主義で『やかん』を磨きながら、
いろんなことを思った休日であった。

どうしても落とせない『やかんの汚れ』は磨き粉を使ってみようと思う。


▲やかん磨きと、包丁研ぎは『無心』になれる▲

▼♪浮き浮きBotching♪▼
https://www.youtube.com/watch?list=RDfPMI4oRh88k&v=PF972PhlTIY


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼♪ニートは楽だが親が泣く♪▼
https://www.youtube.com/watch?v=iLzVl6Gyvjk&list=PLb1TIXcgxkf6JsWk18LAGr7Kfx3S2sSoK

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●四字熟語に思う。

2017年01月17日 | 雑ネタ
酉年を迎え、にわかに使用頻度が増えた四字熟語が『鶏口牛後(けいこうぎゅうご)』だそうだ。


【写真:鶏口牛後は、こういう風に使っていた】

鶏口牛後の意味は・・・。

牛のお尻のように大きなものの下っ端でいるより、
鶏の口のように小さくてもいいから、
その『かしら』を目指した方がいい、という意味合いだ。
調べていないから、よくわからないが、
どうせ漢語か何かが語源なんだと思う。
その鶏口牛後が、最近、35歳超えの転職サイトで多用されている。

『35歳を過ぎたら、鶏口牛後な転職がオススメ!』

少し『学のあるライター』が考えたんだろう。
でも、35歳を過ぎて『フツーのスキル』なら、
必然的に『鶏口牛後な転職』しか望みがない。

30歳代には、心に沁みるキャッチコピーだ。

大手や一流を目指すのではなく『身の丈に合った場所』でこそ、
あなたの力が活かされます・・・ということなのだろう。
まぁ、35歳を過ぎた『いい大人』が面接官に、
こんなことは言わないだろうが『初めての転職』なら、
十分に気をつけた方がいい。

転職者に心地よい言葉が、採用側も同じとは限らない。

・面接官『当社への志望動機は何ですか?』
・受験者『鶏口牛後です』
・面接官『け、けいこうぎゅうご・・・?』
・受験者『はい!大手や一流じゃない、
     私には御社のような小さな名もない会社が、
     身の丈に合っていると思って志望しました』
・面接官『小さくて、無名で悪かったな!(怒)』

鶏口牛後は、にわかの流行りだが『安心安全』も注意が必要だ。

テレビ制作者も『あほ』が多くて困る。
豊洲市場問題で、やたら『安心安全がどーたらこーたら』と、ほざく。
本来、安全が担保されているから安心なのだから、
安全安心っていう表現は『一部重複した表現』だ。
ミヤネ屋も、グッディも、ちちんぷいぷいも『安心安全』を言う。

ならば、対義語は『危険不安』という四字熟語なのだろうか・・・?

メディアが『あほさ』を垂れ流すから、
見ている『あほ』が『あほ』を増幅する。
四字熟語ではないが『盛り土』を『もりど』『もりど』と言い、
視聴者は『盛り土=もりどと読むんだ』と思い込む。

正しい読み方は『もりつち』だ。(辞書に『もりど』など、載っていない)

いつも『メディアはいいかげん、ウソ八百』と茶化すのは、
テレビが『言葉遣いの間違い』や『漢字の読み方』すらわかっていないからだ。
アナウンサーも、バカでは務まらないが、
校閲された原稿を機械的に読んでいるだけ。

ほとんど『自分の頭で考えていない』のが実情だ。

マスメディアがこんな調子だから、
メディアに載ったからといって、
鵜呑みにしてはいけない。

意味も分からず調子に乗って、四字熟語を多用すると、恥をかくこともあるぞ。

鶏口牛後もいいが、
転職する必要がなかったら、
今の職場にいればいい。
転職は、いろいろ『想定外』のことも起きる。

無理に変化を求めるのは、どうなんだろう。

▼鶏口牛後な転職に関連する記事▼
http://diamond.jp/articles/-/18420?page=2
★ダイヤモンド社のサイト★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.




━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加

●高齢ドライバーにMT車・・・?

2017年01月16日 | 日々の呆れごと。
一部の『識者?』が『高齢ドライバーにMT車の運転を義務付けたらアクセル・ブレーキ(以下AB)の踏み違い事故がなくなる』とか言っている。あほか、こいつら、と思う。


【写真:事故するヤツはMTでもATでも事故を起こす】

MTならAB踏み違いでもクラッチを切ったら駆動は伝わらない。

だからといって何年もATに乗っている高齢者に、
いきなりMTに乗れと言っても、
まぁ、無理な相談だろう。
くだらん提案は、やめとけ、と思った。

左足を使わずに運転するクセがつき筋力も衰えている。

例えば昭和30年代に運転免許を取得して、
昭和60年くらいからATの普及に乗っかって、
以来、ずっとATに乗っている人は、
MTに乗らなくなってすでに30年も経過しているのだ。

MTに乗れる免許だからといって誰もが乗りこなせるもんではない。

かくいう私にしてもATに乗って25年が経過し、
その25年間のうちに2年ほどMT車にも乗ったが、
まだ40歳代で若かったし運転の面白さも感じた。
だが、その後、またATに乗り出して10年経過している。
もちろん、MT車の運転くらいできるが、
正直なところ『もう、面倒くさい』と思う。

AB踏み違い事故を起こす人に共通した動きがある。

AT車の場合、ブレーキを離したら、
クリープ現象といって『ゆっくり動き出す』特性がある。
この特性を理解せず『いきなりアクセルを踏むクセ』が強い。
バックにしろ前進にしろ『発進時は、まだブレーキペダルに足を乗せておけ』だ。
こういうことを『意識的にやっていないとAB踏み違いでパニックを起こす』。

パニックになったら、MTもATも同じことだ。

意識が動転していたら『MTでクラッチを切る』など意識が回るのだろうか。
軽井沢のバス転落事故の原因を見たら、
死亡した運転士がギアチェンジを誤っている。
さらに、クラッチを切ってギアが抜けた『ニュートラル』状態で、
下り坂を転がるように走行し時速100km/h近くの速度で、
カーブを曲がり切れず対向車線の向こう側の崖下に転落した。

MTだろうが、ATだろうが、パニックになったら同じだ。

昨年の暮れ近く、九州の個人タクシーが、
営業車のプリウスでAB踏み違い事故を起こしているが、
踏み違い事故を起こす運転者は、
ブレーキよりアクセルに足を乗せていることが多い。
ギアをセレクトして『すぐにアクセルを踏む』から、
AB踏み違い事故を起こす。

免許更新時の講習でも『クリープ現象』にもっと触れるべきだ。

高齢者にMT義務付けとか『いいかげん』な提起が話題だが、
左足の筋力が弱っている高齢者に、
何十年ぶりかに、いきなりMTに乗れと言っても無茶な話だ。

軽井沢の転落事故のような事故が起きるのも見えている。

1、クラッチミートが難しく感じる
2、坂道発進がこわい(後退事故が増えるだろう)
3、今、何速のギアで走っているか、わからなくなる
4、もう、めんどうくさい

高齢ドライバーから、そんな声が聞こえている。

中には、免許取得以後も、MTに乗り続けている人もいる。
そういう人にとっては『何ら、難しいことではない』のだが、
何十年もATばかり乗り継いできた高齢者にはハードルが高い。

AB踏み違え事故の報道も『しつこい』。

だいたい、交通事故件数や死亡者数も減少しているのに、
AB踏み違い事故になったら『大変に大げさな報道』だ。
以前だったら『ローカルニュース』扱いの事故が、
全国ニュースで流れるから『おかしい』と気づく人がどれだけいるか。

報道の狙いは、人工知能や自動運転普及・促進の『理由づけ』だ。

AB踏み違い事故報道は、
人工知能を自動車に組み込んで、
自動運転にするための『研究開発費ねん出のための大義名分』だ。
それまでの対策に『高齢者にMT義務付け』とかいう、
まったくもって高齢者事情を知らないエセ識者が、
したり顔で話しているのを見るとむかっ腹が立つのだ。

イナカに行けば、ジジイもばあさんも軽トラのMTを乗りこなしているが。

都会のじいさん、ばあさんにMTは、
よほどの『くるまにあ』じゃないと、
たぶん、無理だろう。

オートクラッチ車もあるが。

オートクラッチだったらAT限定免許でも運転可能だが、
ギアチェンジの操作すらしたことがない人に、
シフトレバーだけATからMTに替えても、
これまた、運転技術がないから、
緊張して『まともな運転』すらできない。

まずは、クリープ現象の特性とブレーキ優先を徹底すべきだと私は思う。

▼高齢者MT義務化提案の関連記事▼
http://carview.yahoo.co.jp/author/sinya_yamamoto/20161130-50000124-carview/
★さすがは専門家の記事だ!★

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※知的刺激の材料として活用いただくために、
 あえて誤解を招くような過激な表現をしている場合もあります。
 『こりゃ違うんじゃないか』と疑問に思うところから、
 発想や気づきを深めるきっかけにしていただければ幸いです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright:(C)2017 Ota-Tadashi All Rights Reserved.




━━<AD>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


地下鉄:門真南駅/JR鴻池新田駅/京阪:門真市駅周辺での、
夜間タクシーのご用命はお気軽にお電話ください。

電話:080-6187-8665

・営業時間…18:00~翌2:00
・定休日……毎週火曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
































※下記の広告は本記事とは無関係です。



この記事をはてなブックマークに追加