やいのやいの

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

新潟11

2017-05-14 18:03:20 | 日記
西武バス≪新潟11便≫2号車 池袋⇒新潟 高速バス 夜行バス
西武バス≪新潟11便≫2号車 池袋⇒新潟(西武バス)の予約。高速バス・夜行バス・
格安バスの時刻表・乗車・乗り場・休憩・座席・座席表・コンセント・トイレ・往復・当日予約
・乗車記・評判など、高速バス 西武バス≪新潟11便≫2号車 池袋⇒新潟の紹介.(続きを読む)



新潟が連勝で全日程終了 五十嵐圭3P3本11得点
新潟アルビレックスBBは2016~17年シーズンを連勝フィニッシュで飾った。前日は五十嵐圭の残り1秒での3点シュートで連敗を止め、この日は83-74で横浜ビー・コルセアーズに圧勝。クリント・チャップマンが4本の3点シュートを決め1人で27得点をマークした。ダバンテ・ (続きを読む)

「走るレストラン」全国へ=運行1年、広がる食の観光-新潟
地元の食材を使った出来たての料理を味わいながら、観光地や食材の生産者を訪ねる「レストランバス」。昨年4月の運行開始から1年がたち、全国に広がりを見せている。最初に運行された新潟市では今年、農家での収穫体験などを盛り込んだコースを企画。「顔の見える食」を (続きを読む)

新コースへリニューアルした「新潟シティマラソン2017」10月開催
新潟市は、新コースへリニューアルした「第35回新潟シティマラソン2017」を10月9日(月)に開催する。 「新潟シティマラソン」は、 ... 信濃川河口下をくぐる「新潟みなとトンネル」、萬代橋、信濃川、日本海など水の都にいがたを象徴する各地を駆け抜ける。事前受付の廃止、エイド (続きを読む)


鉄コレ新潟交通モハ11の広電1060改造計画ですが、面白い着眼! パンタの配置を含め...
鉄コレ新潟交通モハ11の広電1060改造計画ですが、面白い着眼! パンタの配置を含めて確かによく似た雰囲気ですね。 広電はS32年のオリジナル新造電車で、木造鋼板張りの無骨なイメージ。 片やモハ11はS46年代の当時の新型半流線スタイルで全面が少しふっくら感あり。 広電の特徴的なのは、同じ2枚窓でも、木造なので窓の外枠巾が少し広目で 中央寄りに。 モハ11の広々と洗練されたバランス良い2枚窓とはやや異ります。 然し、以上の2点は、1060の太い雨どいを屋根全体に取り回して、塗装してしまえば、 Nゲージではそれ程気にならないと思いますよ。 一番の特徴は、乗降の2扉が運転席の左後と中央寄りに配置されている事です。 ※広電の宮島線(旧宮島電鉄区間)は、市内線と同様、改札駅は両端と途中の1駅しかなくて(現在は途中駅も0)、車掌の居る車内改札の為、阪急から移籍した1070・1080形以外は、現在のグリーンムーバーMaxに至るまで、すべてこの扉配置が基本なのです。 ※余談で、知る人は少なくなりましたが、この1060形は就任当初、みやじま行き”急行”電車としても使われたのですよ。とは言っても退避線が途中の一駅しかなくて、すぐに前を行く各停電車に追いついてしまってノロノロと進む、何とも意味の無い”急行”。 じきに臨時の団体専用となり、広電で”急行”は2度と登場しなくなりました。 ●最大の難関は、側板を鋭い刃物で分断して扉の配置を移動させる事でしょう。 余分な運転席ドアは、窓を残して埋めもどせば済むでしょう。 ●腕前のほどが楽しみですね。 完成したら、”広電1060形、どうだ!” と、写真入りで皆さんの反応を聞いて見られたらいかがでしょう?(続きを読む)


<iframe width="340" height="280" src="http://www.youtube.com/embed/oBKawQrlwIU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 函館 クリスマス ディナー | トップ | インスタグラム »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。