エンジェル田中のホボ毎日記

☆私たちは何を知り、何を祈り、何を伝えるべきなのか? 大衆伝導師“エンジェル田中”が語るレアな聖書メッセージ!

米国務長官と中国家主席

2017年03月21日 | 日記

昨日(19日)、ティラーソン国務長官が中国に行って、習近平国家主席と会談したのは、

「もしワシらが北を攻撃しても、手ぇ出さんといてな」という念押しである。

「我々は共に、両国関係が建設的な発展に向け新時代を迎えることを期待している」という近平談(ロイター)は、

「互いの核心的利益については干渉せず、ハワイの右と左で仲良くやろうや」(えんぢぇる偏向通信)という意味である。

 ちなみに金一族は、プール付きの豪邸ではなく、地下に家をつくって住んでいるので、アメリカは、ビンラディンを暗殺した時の様に、空からと言う訳にはいかない。

「新・斬首計画」の内容は、一般人には知る由もないが、聞く所によると、アメリカは地下破壊用の小型核ミサイルを持っているそうである。

そこでもし、北が日本の在米軍施設に向けて報復したとすると・・

いずれにせよ、政府が警報が鳴らないからと言って、それで安心していていい訳ではない事だけは、肝に銘じておいていただきたい。


GNSのメインページはこちら!

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稀勢の里と金正恩 | トップ | 30分de一巻 Intermission (Co... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む