エンジェル田中のホボ毎日記

☆私たちは何を知り、何を祈り、何を伝えるべきなのか? 大衆伝導師“エンジェル田中”が語るレアな聖書メッセージ!

オバデヤ (30分de一巻 Vol-31)

2017年06月26日 | 日記

エドムに向かって万軍の主は言われる、テマンには、もはや知恵がないのか?(エレミア49章7節)

エドムには大きな都市が二つあり、一つはボツラ(世界遺産ペトラ)。もう一つはボツラから少し東に位置する「テマン」という街。当時、「テマンの知恵」という言葉(表現)があり、この街は学術都市として有名だった。(ヨブと論争したエリファズはこのテマン出身)

しかし、テマンは知恵のある街として、知られていたにも係らず、聖書に関しては無知だった。聖書が預言していた破滅について、誰も知らなかったのである。そもそも知恵とは何なのか? 聖書は、 主を畏れることは知恵の初め(箴言9章10節)と語る。

               

世の中には、聖書の神を全く知らない日本のような国もあれば、聖書の神を真っ向から否定している国もあれば、ねじ曲げて信じてしまっている国もある。いずれにせよ、神を畏れない国は、最終的には滅びる。それは過去の歴史において証明済みである。

どんなに知識があっても、いくら学術的に優秀であっても、主を畏れる気持ちがなければ結局、人生、何をしても無駄なのである。(メッセージより抜粋)

 


GNSのメインページはこちら!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アモス (30分de一巻 Vol-30) | トップ | ヨナとニネベとイスラム国 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事