Good News Ministry

何を知り、何を祈り、福音をどう伝えるのか? 終末時代を生き抜くための必要な情報を収集、分析、発信する。

取り敢えず、準備・・

2017年04月06日 | 世界情勢
「アメリカなんか、一発でやっつけたる!」この場に及んで、北朝鮮のこの態度..。

「マズ・・フセインとカダフィと同じぢゃん..」と思った。

欧米のメディアは、北の問題は自分達とは直接関係ないのに、連日トップで報道し続けている。

ところが、標的にされている当の国では、相変わらずトヨスとモリトモ学園・・日本のメディアはアホを通り越し、常軌を逸しているとしか言い様がない。

日本政府は相変わらず、後ろ〜の方からメガホンで「断固として抗議する〜!」とバカの一つ覚えみたいに言ってるだけ。

もはやこの様な輩にかかずらっている場合ではなく、とにもかくにも、自分達の身の安全は、自分達で守る姿勢を持っておく必要がある。

何故、こんなリスキーなことをあえて言わなければならないのかと言うと、この問題は、起こらなければそれで良いのかと言えば、そうとは言い切れないからである。

拉致被害者はもとより、北の恐怖政治に弾圧されている人々を解放する方法がハッキリ言って他にない。そして、そういった可能性がある事を知りながら、傍観しているのは卑怯だからである。

と言う訳で、もし今、韓国にいる人がいたら、少なくとも大統領選が終わる迄、一時帰国されることをおすすめする。

おととい、駐韓大使が三ヶ月ぶりに韓国に戻されたが、これは、万が一の有事の際、在韓日本人(約4万人)が何かしらの被害を受けた場合、また、日本に救出しなければならなくなった時に、大使がいないと困るからである。

アメリカは今、中国と最後のツメに入っている様だが、これは早い話し、「北は中国の言うことを聞くはずだから何とかしろ、それが無理ならオレ達は単独で行動する。手ぇ出すなよ」と言う事である。

軍事介入とは言っても、おそらく、金正恩と核施設しか狙わないとは思うが、それでも、核が絡んでいる以上、安全であるワケがない。

もし、在日米軍施設にミサイルが打ち込まれ、それに核弾頭がのっかっていた場合・・、

都会にいる人は、地下鉄でも、ビルの地下でもいいから、とにかく地下に逃げる。(但し、下水溝は汚染水が流れて来る可能性があるのでダメ) ガラス窓から離れる、カーテンを閉める、両手で目と耳を塞いで(光の方を見ない)、 地面に伏せる(但し、お腹は床につけない)・・・

何せ、北からミサイルが届くのに10分もかからないし、警報も鳴らないし、テレビでもやらないし、やってからでは遅いので、今はこんな事ぐらいしか思い付かないのだが、何か情報をお持ちの方がいたら、是非とも教えていただきたいのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国人が知っていて日本人が... | トップ | 日本の総人口1億2693万人 減... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む