Good News Ministry

何を知り、何を祈り、福音をどう伝えるのか? 終末時代を生き抜くための必要な情報を収集、分析、発信する。

北ミサイル 標的は在日米軍基地

2017年03月08日 | 世界情勢
北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は7日、最高指導者の金正恩・朝鮮労働党委員長が、在日米軍基地を攻撃する任務を負った軍部隊による4発のミサイル発射実験を指揮したと伝えた。北朝鮮は6日朝、同国西岸から弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射した。発射は、3月1日から始まった米韓合同軍事演習に反発する姿勢を示したとみられている。KCNAは「砲兵部隊には、合同軍事演習を進める主戦論者たちに情け容赦なく報復する強い意志がある」とし、「(金正恩氏は)実際に戦争がいつ勃発してもおかしくない厳しい情勢を踏まえ、朝鮮人民軍(KPA)の戦略部隊に高度な警戒態勢を維持し、迅速に行動し、位置について攻撃を開始し、敵を壊滅させるために万全な準備を整えるよう命じた」としている。外交筋によると、今回の発射を受け、日米韓3カ国が国連安全保障理事会に緊急会合の開催を要請。緊急会合は8日に開催される公算が大きいという。(3/07/2017 Reuters)

北朝鮮の軍事挑発、韓国の経済的・政治的混乱、THAADミサイル配置に対する中国の反発、アメリカの軍事介入の可能性が、今迄になく高まっている。この一触即発の状況に対して、日本政府とマスコミが沈黙している理由は何なのか?もし、米軍が北朝鮮に軍事介入した場合、日本はどのような立場・政策を取るのか?政府はそのことを国民に伝える義務がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国 極超音速兵器 日韓ミサ... | トップ | 震災から6年 自殺者162人(201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

世界情勢」カテゴリの最新記事