Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「ナホム」30分de一巻 Vol.34

2017年07月22日 | Good News


主は忍耐強く、その力は大きい。主は決して罰せずにはおられない。

ニネベが陥落したのは、アッシリアが領土を最も拡大した全盛期から僅か50年後。悔い改めを撤回し、再び滅びへと向かって行った時代に神はナホムを遣わされた。彼の預言通り、BC612年にアッシリアは跡形もなく滅ぼされた。
  
  

 それは、全てが灰に帰する程の徹底さで、19世紀に遺跡が発見される迄、世界史においてアッシリアは幻の帝国であった。神は実に忍耐深いお方だが、神に敵対し続ける者には必ず厳しい裁きを下される。 それはニネベだろうが、ISだろうが、アメリカだろうが、日本だろうが同じ事。 光と闇、悪と善は共存する事が出来ないからである。(メッセージより抜粋)

“30分de一巻” 折り返し地点を通過!この学びに参加ご希望の方は、goodnewsstaion@gmail.com 迄ご連絡ください。アプリケーション(コメント)と交換にメッセージをお送り致します。


GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  「ミカ」30分de一巻 Vol.33 | トップ | 3つの化粧品 (30分de一巻 Int... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
熱情の神 (Kent)
2017-07-23 11:11:50
ナホムは、ニネべの人々に神の裁きを宣べ伝えた預言者です。このナホム書が何故重要なのかと言うと、暗闇の中でも、神は神を愛する者を見捨てることなく、守り導いてくださるからです。

今日のメッセージで特に思ったのは、神様の熱情の愛。愛とは時として、とても苦しくなる事があります。愛すれば愛するほど、そこから受ける傷は大きく、衝撃的なものだと思います。だからこそ、愛は人間を成長をさせるものだと思います。

ナホムの時代を見ると、今の時代ととても共通していると思います。今、世界には大変な危機が迫っており、これからの時代、クリスチャンは迫害に遭う事が預言されています。でもそういった状況の中でも、神を愛し、神に従う者を、神様は必ず守ってくださる。その信仰を持って、日々歩んでいきたいと思いました!
神の慰め (Mimita)
2017-07-23 11:32:03
ナホム書は、「神の裁き」「ニネベの裁き」「ニネベの滅び」の3つの構成で成り立っています。
ヨナの時代、ニネベの人々は悔い改めますが、それから150年後には、神様に逆らい、ナホムの時代には、バビロンに滅ぼされてしまいます。
神様を信じ続ける信仰生活の大切さを実感しました。
また、今日は、神様の性質の1つである熱情の(妬む)神について新たに学びました。
「熱情、妬み」と聞くと、私たちは、感情の起伏のように感じます。
しかし、神様と私たちの関係(旧約では、親子関係、新約では、夫婦関係に象徴されている)の大切さ、信頼関係、誠実さの深さを表している言葉です。
神様は、どんなにイスラエルの人々が神様を裏切っても、深い愛を持って、接してこられました。
愛する人に裏切られたら、悲しみ、苦しむのは当然のことです。それでも、愛し続ける神様の情熱、それが、熱情の神です。
また、愛する人が誰かに命を脅かされたら、黙ってはいられないでしょう。
神様は、神様を信じる者が敵に攻撃されるなら、助け、報復してくださる方です。
それが、神様を信じる者に対する、「神様の慰め=ナホム」なのです。
それほど、神様は、私たちを愛してくださっています。
その究極の現れがイエス様の顕現と十字架の死と復活です。
今週も、神様に信頼して歩んでいきましょう。
Mu (熱情と慰め)
2017-08-12 16:57:09
自分の型でなくても勝てること、そのために基礎稽古を欠かさないこと。 ナホム書に入る前に言われたこのことが、今回一番心に残った。十年も教会に通っていれば、聖句の一つや二つは出てくるし、自分の好きな書について、ある程度語ることもできるだろう。

しかし、聖書は全66巻で神様の言葉。新約はOK!であったとしても、それでは半分にも満たないのだ。「聖書全体を知るための基礎稽古を、毎日欠かさず行っているか?」熱情のえんぢぇる師からの問いかけだった。

そこで、ナホム書。お誕生日聖句があるため、読んではいるものの、ニネヴェという町に焦点を当て、「ニネヴェ悔い改め編のヨナ」、そして「ニネヴェ裁き編のナホム」、のセットとしての見方は目から鱗だった。 ヨナからナホム、その間約150年。神様は忍耐深く、救いの手根気よく差し伸べ続けてくださるが、敵対し続ける者は「裁き=分割」がある。光と闇、善と悪は共存できない。神の国には一片の闇も悪もないからだ。

神様が本気で愛してくださっている「熱情」のご性質をこの書から学んだ。愛する者を傷つけるなら、全力で報復する神様の熱い愛。その思いの究極が、イエス様の十字架へと繋がる。ナホム=慰めの者、というその名の通り、この書に主からの大きな慰めをいただくことができた。
偶像礼拝の国で (奈都)
2017-08-20 14:01:03
神は全身全霊で、私達を愛して全てを耐えて
待っていらっしゃいます。
しかし我が身を顧みると、その愛に全く応えて
無い事ばかりが思い当たり
神様に、申し訳ないです。

言い訳をするつもりは無いのですが
この日本と云う国は、どっちを見ても
偶像礼拝と、そこから生まれる
爛熟した文化に染まっていて
その中で、生々とした信仰を貫くのは
至難の技です。

そんな弱い私にも、聖霊が働きかけてくださり
何が良くて、何が悪いのかは理解できます。
あとは、従うだけなのですが。
どれだけ自我を捨て、十字架に従って
生きられるか?
頑張りたいです。
神の愛 (Takashi)
2017-08-20 14:05:54
熱情の神という表現から、神の愛の大きさと強さを感じる。
それほど私たちを愛してくれているからこそ、神から離れたとき、その恵みから外れ、人生にひずみが出てきてしまう。
神から離れなければ、神の守りの傘の中に身を置くことができるが、神に背く事、離れる事、すなわち神の守りの傘から出てしまう事こそ、サタンのいる世に放り出されてしまうという事。
神の報復ではなく、神の守りのないこの世に無防備に放り出され、サタンの攻撃にさらされてしまうと私は考える。
神の守りの傘から出ないよう日々祈り歩んでいきたい。
熱情の神様 (ゆか)
2017-09-12 22:09:53
「わたしは、熱情の神である」やはり、今まであまり意味が分かっていなかった。ずっと、新改訳を使っていたから、「妬む神」と書いてあったせいかもしれない。私も「神様なのに妬むの?」と思っていたのだ。

しかし、それが大きな愛ゆえと言う事を考えた時、なる程と納得した。人間だって、愛している人を別の人に取られたら、最悪相手を殺してしまうほどに妬むだろう。自分が愛していた人が、他人から酷いことをされたら、その相手を許せないだろう。神様にしてみたら、愛の関係を築くために自分の手で創造した人間を、悪魔に取られてしまっているのだから、その悔しくく思う気持ちも当然だ。

しかし、神様はそれでも忍耐をもって、愛する者に酷いことをした相手も赦して救おうとしてくれる。それを考えると、神様って本当に神様なんだなと考えさせられる。赦されるチャンスは、必ず与えて下さるのが神様だ。その神様に立ち返って、「もう二度と同じ過ちを繰り返さないようにしなければいけない!」と、改めて思わされた。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事