Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「ミカ」30分de一巻 Vol.33

2017年07月16日 | Good News
主の教えはシオンから、御言葉はエルサレムから出る。主は多くの民の争いを裁き、はるか遠くまでも、強い国々を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない。

平和へのスローガンとして、国連の標語になっているのが、このミカ書の預言である。これと全く同じ言葉が、イザヤ書にもあるのだが、イザヤは南王国の宮廷で、ミカは南と北の庶民に対してこの預言を語った。つまり、このミカの預言を、南王国は聞いたけれども、北王国は聞かなかったのである。

その結果は、火を見るよりも明らか。これを英語で"as clear as day" と言う。つまり、「火」とは「日(太陽)」のことで、誰もがその存在を疑っていないという意味。神の存在は、人間の方法論によっては証明出来ないのだが、状況証明はいくらでもある。それは、日を見るよりも明らかなのである。(メッセージより抜粋)


GNSのメインページはこちら!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ヨナ」30分de一巻 Vol.32 | トップ | 「ナホム」30分de一巻 Vol.34 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
終末時代に備えて・・ (Kent)
2017-07-16 19:18:02
今日、ミカ書から学んだ事は、この書に記してある終末預言についてです。イエス様が旅の途中で、お腹を空いてイチジクの木から取って食べようとしたら、その木には実が一つもなかったので、イエス様はその木を呪われたという話しは、このミカ書がベースになっていた事を、初めて知りました。

また、A.D.70年のユダヤ戦争の時、「エルサレムが軍隊に包囲された時には山へ逃げなさい」というイエス様の言葉に従ったクリスチャン達が逃げた場所が、ボツラと言う、現在ヨルダンにある街であること。アメリカに住んでた時、僕の友達がボツラに行った事があり、とても素晴らしい場所だと言ってましたが、神の御声に従ったクリスチャン達は、このボツラで守られました。

これからの終末時代、クリスチャンは苦しい困難に遭うと預言されていますが、神を愛し、従う者は守られると、神様は約束してくださっています。僕は信仰的に弱い者ですが、これから終末時代へと向かう者として、良い緊張感を持ちながら、神様の御言葉に従って行く者となりたいと実感しました。
福音を延べ伝える者 (Mimita)
2017-07-23 11:10:59
「ミカ書」と言うと、5章1節の「メシヤ預言」。
旧約聖書と新約聖書で、神様のご計画が全うされることを明白にしています。
ミカは、サマリヤとエルサレムの両方の庶民に神様の言葉を語った唯一の預言者です。
「ミカ書」は、
1-3章:神様の裁き
4-5章:神様の祝福
6-7章:悔い改めの勧告
と言う構成です。
終末に向かい、神の国の到来を前に、私たちクリスチャンは、神の裁きも祝福も知っている今、まさにミカのように多くの人々に福音を伝えていくことの大切さを改めて感じました。
行なう者とさせてください。
真の礼拝者 (Mu)
2017-07-30 18:16:09
ミカは、唯一南北両王国で、つまり国や民族の垣根を越えて、預言した預言者だ。つまりミカはメシア誕生と終末、という非常に重要な2点について、全人類に預言している。ミカがこの預言をしたのは、生まれ育った彼のモレシェト村がアッシリアによって侵略され、占領されていただろう頃。田畑が焼かれ、収穫を失い、あるいは多くの愛する人が切り殺されるのを目の当たりにしただろうミカの口を通し、国連の平和のスローガンにもなっている預言が語られた。

主の教えはシオンから、御言葉はエルサレムから出る。 主は多くの民の争いを裁き、はるか遠くまでも、強い国々を戒められる。 彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする。 国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない。

ミカがその目で見たものは、懐かしい故郷が亡びる姿だったが、神の預言を通して、平和の主、永遠の御国を『視た』。現在も尚、世界には紛争が絶えず、国は国に、民は民に向かって剣を上げている。残念ながら、完全なる平和の世界は、人間の力によっては成し得ない。 だからこそ、心の剣と槍を打ち直していただく悔い改めが必要なのだ。ミカが預言した御国が到来する日は遠くない。だから今、真の礼拝者とならなければならない。
ミカ書の感想 (Yuka)
2017-08-23 21:36:18
ミカ書は、殆ど読んだ事の無い預言書の一つだった。日曜学校の頃、ミカは女性の預言者なのかな?と思って、一度読んでみたことがあるが、その時の感想はミカが男であったことへの驚きに全て持ってかれてしまった。

大人になって読んでみると、ミカ書は終末預言に関わる大事な書簡であることが分かった。終末が近付くと、家族同士の愛が冷めてお互いに反抗し合うなんて、あぁ現在まさにその通りになっていると思った。毎日ニュースでは、必ずと言って良いほど、娘が母を、母が子供を、夫が妻を、妻が夫を殺してしまったと言うニュースが流れる。

こんなふうに、愛が冷めてしまった世の中でも、私はお互いを尊敬し、愛し合える家族を作っていきたいものである。愛の関係とは、神様から繋がっている素晴らしいものだからである。そして、私達も最後のクリスチャンとして、必ず苦しくて悲しい思いをすると思うが、そんな時こそ、神様から離れないように、今から練られる必要があると思った。

コメントを投稿

Good News」カテゴリの最新記事