Good News Report

Good News Station の活動模様をお伝えしています。

「エレミヤ」30分de一巻 Vol.24

2017年04月23日 | Good News





GNSのメインページはこちら!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「イザヤ」30分de一巻 Vol.23

2017年04月08日 | Good News
聖書の原本というものはこの世には残っておらず、あるのは写本だけである。しかし、オリジナル写本というものもない。どんなに保管に留意しても、長い年月の間に皮(紙)は風化してしまうからである。ところが、色々な奇跡的な環境が重なって、実に千年もの間、風化を逃れた写本が見つかった。しかも、その中からイザヤ書がまるまる出て来たのである。この「死海写本」の発見によって、ユダヤ人達が数千年間にわたって書き残し続けた写本の確かさと、聖書というものの信憑性が証明されたのである。




GNSのメインページはこちら!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

イエス復活! (30分de一巻 Intermission)

2017年04月07日 | Good News
クリスチャンとは「キリストの教え」を信じている人達ではなく、自分の罪のために十字架につき、3日後に甦られ、今も生きておられるキリストと共に生きている人達の事。福音とは「キリストの教え」ではなく「キリストによる救いの事実」であり、伝道とは「キリストの教え」を伝える事ではなく、「キリストの十字架による救いの事実」を伝える事。

その救いの事実とは「十字架と復活」。この二つはコインの裏表と同じで二つで一つ。「イエスが十字架で死なれて、復活された」!そこまで語って初めて福音となる。しかし「復活」は教えではなく、説明されて納得出来る事ではない。なので人々は「死者の復活という事を聞くと、ある者はあざ笑い、ある者は「それについては、いずれまた聞かせてもらうことにしようと言う(使徒17:32)」この反応は2千年前も今も変わっていない。

しかし「神が死者を復活させてくださるという事を、あなた方はなぜ信じ難いと考えるのか?(使徒26章8節)」と、逆に聞き返した人がいる。「何故、神様の存在は否定しないのに、死者の復活は否定するのか?」と..。


GNSのメインページはこちら!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「雅歌」30分de一巻 Vol.22

2017年04月01日 | Good News





GNSのメインページはこちら!
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

「コヘレトの言葉」30分de一巻 Vol.21

2017年03月24日 | Good News
富、権力、名声、地位・・この世のあらゆる頂点を極め尽くしたソロモンによる究極の人生論。もし今、彼が本を出したとしたら、「あなたも王様になれる」、「この世の富を極める極意」、「千人の女性と付き合う方法」・・と言ったところだろうか..。しかし、彼はこう書いた。「空の空、一切は空である」と。知らない人が読んだら絶対に聖書とは思わない、非常に刹那的・仏教的な内容である。

「何という空しさ、全ては空しい」で本書は始まり、37回登場する「空(ヘベル)」という言葉は、霧のような、形があるようでないもの。それは神を無視した世界の実態のなさを表す。この言葉自体は「この世の現象は絶えず移り変わり、一つとして確かなものはない」とする、仏教が言う「空」とほぼ同じ意味。人間は、神がいないこの世の空しさを、キリストが登場する600年前に悟っていたのである。

だが、仏教と福音では、当然ながら適応の方法が全く異なる。確かにキリストがいない世界において、確かなものは何一つとしてないのだから、諸行無常という言葉通り、この世は「空しい」。しかし、キリスト登場の予告を告げる聖書においては、ただ、この世は空しいではなく、創造主を無視した人の人生、生活は「空」以外のなにものでもない。これが本書が伝えているメッセージである。






GNSのメインページはこちら!
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加