ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

餃子の皮のピザ  クワトロ・フォルマッジ風も♪

2014-07-24 | 簡単レシピ
梅雨も明けて、暑くなってまいりました。

ちょっと忙しくて、ブログがお留守になっておりました。

さて、最近ちょちょっと作って食べているもの、それは餃子の皮を使ったピザです♪

作り方はいつものごとくとても簡単。



餃子の皮に、市販のピザソースを塗って、具をのせます。

これはピーマン、ソーセージ、ラッキョウの薄切り、ツナとマヨネーズなどなど。

お好きなものをトッピング。

そして溶けるチーズを上に乗せます。



弱火にかけてふたをしてじっくりと焼きます。



皮がパリパリになり、チーズがとけたらできあがり!

ボナペティート!!


ちょっとしたおつまみに、簡単にできて、結構食べごたえがあります♪

大きなピザになるように皮を重ねて円の形にして焼く方式もあるようですが、私は食べやすいように、一枚ずつ小さなピザにして焼きます。



ちなみに、クアトロ・フォルマッジョ風に4種類のチーズをのせて焼くのもお勧め。

ゴルゴンゾーラ、モッツァレラ、タレッジョ、パルミジャーノ・レジャーノ、の4種類があれば大満足ですが、なかったらゴルゴンゾーラとモッツアレラさえあれば、あとはうちにあるようなチーズでOK。

焼き上がりに蜂蜜をちょっぴりかけて食べます。

とまらない美味しさです♪

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カフェオレとチョコの朝

2014-07-09 | my favorite things/小さな幸せ
ベランダでは『八重のドクダミ』が最後の花をつけています。



ドクダミの花が終わると、そろそろ梅雨明けかな?



小雨もよいの朝はおうちカフェ。



丁寧に入れたミルクたっぷりのカフェオレと、世界で買い求めてリスのようにため込んでいたチョコレートでほっと一息します。

(写真へたくそです・・・・)


チョコレートの主原料であるカカオ豆の価格の高騰で、チョコレート、値上げが始まりました。

「昨年6月のカカオ豆の先物価格は1トン当たり2284ドルだったが、今年7月2日時点では3204ドルまで上昇した。3000ドルを超える高値圏は、世界最大の生産国であるコートジボワールが内戦状態に陥ったことで供給不安が起きた2011年以来だ。」(こちらより

だそうです。

チョコレートなしには夜が明けない私としては、気のもめるニュースでした。




しかし、ドイツ強い。
強すぎる。

チームの中で7人インフルエンザにかかってもこれほど強いって・・・・すごいな、Deutschland!




コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

長距離スロー・ジョガーの孤独 スロージョギング その3 Q&A

2014-07-08 | Health & Beauty
スロージョギングについて書いたらいくつかご質問をいただいたので、それを少し書きます。


Q1、どんなところで走っていますか?

普通の公園です。





こんなジョギングロードがあって、そこを抜けると




森の中を走る感じ。



今日は木漏れ日が綺麗でした♪


この公園に行くまで、少し歩いてから走り始めます。

歩いているときは、人目がないと「顔筋トレーニング」で舌を口の中で回したりしてます。


走り終わったら、公園のベンチでストレッチと少し筋トレをして御仕舞です。

帰宅時は自宅までマンションの階段を上がっています。

これが一番つらいかも。


日本では治安がいいのであまり気にしませんが、やはりある程度人通りのあるところの方が怖くないです。

それと、たくさんのJoggerがいるところだと、颯爽と走っている人がいて、刺激になります。

(よちよちべたべたはしっているペンギンのようなひとは刺激になりませんが・・・)



Q2、時速6キロってどうやって計りますか?

私は走っているジョギングロードに100mごとに標識があるので、1キロ走って時間を計り、何本か走ってみて、自分の時速を割り出してあるので、何分走ったら何キロ走ってるかわかるようになっております。

あと万歩計で走った距離が出るのがあるので、そういうので計ってもいいかもしれません。



Q3、トマス・ピンチョンって誰ですか?

アメリカの作家です。
今読んでいる本は

スロー・ラーナー (トマス・ピンチョン全小説)スロー・ラーナー (トマス・ピンチョン全小説)

結構難しいです。

(ちなみに「長距離走者の孤独」はアラン・シリトーでしたね)



Q4、アウレリアって誰ですか?

ゴールドコーストに滞在していた時の、カフェにいた人です♪

妄想は体験に元づいて作り上げております。
(かなり美化はしておりますが)

アウレリアってガイウス・ユリウス・カエサルのお母さんの名前と同じですね。




あと、フォアフット走法(個人的には「きんちゃん走り」と呼んでます)は足の裏が鍛えられそうです。

でもしんどいので、続きません。
なのでとにかくかかとから着地しないようにだけ気を付けて走っております。



走ってる走ってるといっても「よちよちべたべた」と走っているので、一見走っているようには見えない模様。

でも朝一番で走ると、たとえその一日が無為のうちに終わってしまったとしても、なんとなく「前に進んだ」という気分になるのです。

ベッドの中で一日を振り返って、
「何やっていたんだろう、今日一日」と落ち込んだとき、

「・・・でも走ったし」

とほんの少しは前向きだったと言い訳できるわけです。






コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

スロージョギングの効用 その2 体の健康だけでなく心の健康や、ボケを防ぐ!

2014-07-07 | Health & Beauty
前回の「スロージョギング妄想」はまったく情報として価値のないものでございました。

すみませぬ。


少し実のあることを書こうと思います。


私がスロージョギングの参考図書にしているのは主に田中宏暁さんの本で、

スロージョギング健康法 ゆっくり走るだけで、脳と体が元気になる!スロージョギング健康法 ゆっくり走るだけで、脳と体が元気になる!

とか

スロージョギングで人生が変わる (廣済堂健康人新書)スロージョギングで人生が変わる (廣済堂健康人新書)


でございます。


本の内容的には、走り方のポイントは


1、ニコニコペースで走る

2、足の指の付け根で着地する

3、あごは上げて目線は遠方に

4、口を開けて、呼吸は自然のままに

5、一日の目標はトータル30分~60分



ということなんですが・・・、わたくしは自己流でどうもあまりこの本の通りにやっていません。



1、ニコニコペースで走る

「時速4~5キロで息が切れないぐらいのニコニコペースで走りましょう」だそうですが、大体「ニコニコペース」という言葉が好きではないです・・・・

では何と呼んでいるかというと「よちよち走り」←そのほうが嫌だろう!!!普通!!

すみません。

個人的にペースが上がってくると「よちよち、よちよち」と掛け声を出してペースダウンしてます。

(かなり自虐ギャク的です。その心は、家族Bに「よちよち走ってる」と笑われたからです)


時速4~5キロというのは走ってみるとわかりますが、ほとんど走ってない、手を大げさに振って走るふりをして実は歩いている、という、学校時代の体育のマラソンを髣髴とさせる速度です。

普通にごくゆっくり走っても、時速6キロ+αぐらい、1分に100m進むぐらいが走りやすいというのが個人的な意見で、今はそのぐらいで走っています。

「遅筋のみを使って、疲れないように走る。乳酸をためない」走り方がスロージョギングだそうです。

個人差があると思いますので、時速4~7キロぐらいの範囲で心臓に負担をかけずに走るのを心がけるのがいいのかなと思います。



2、足の指の付け根で着地する

これがこの本の目玉なんですが、私が一番できてないこと。

普通歩くとき、つま先で蹴りだしてかかとから着地しますが、この本では『着地はつま先から』の『フォアフット走法』を勧めています。

かかと着地はフォアフット走法より三倍も衝撃がかかるのだそうです。
だからフォアフット走法にすれば怪我がしにくいと。

でも、走ってみると、この『着地はつま先から』って、ずっと爪先立ちで走る感じで、とても疲れるし走りにくいのです。

何回か試しましたが、うまくいかず、あきらめました。

なのでわたくしは、なるべくかかとで着地しないように、せめて足全体で着地するぐらいの感覚で走っております。

名付けて「べた足走法」←これもかなり嫌だろう!?


「よちよち、べたべた、よちよち、べたべた」と自分に言い聞かせつつ走ってます。

        


田中さんは

「フォアフット着地に合った、かかとが薄いジョギングシューズを履きましょう」と勧めていますが、わたくしが走るのは主にアスファルトのカチカチの歩道なので、かかとが薄いシューズだととても疲れます。

なので、かかとのクッションのしっかり効いているジョギングシューズを履いています。


と、ここまで読まれた方は

「なんだよ!全然本の通りにしてないじゃん!」とお思いかもしれません。


確かに、ここまで書いてみて、「全然本の通りじゃない」と自分でもびっくりしました。

全然本の通りにしてませんでした(汗



でも3,4,5はあまり問題ないです。

あ、それと、田中先生は「準備運動は必要ありません」ときっぱり書いてますが、わたしはしばらく(1キロぐらいかな)歩いてからおもむろに走り出してます。


とまあ、全然田中方式に沿ってないということが判明してしまいましたが

田中先生によると、スロージョギングをする効用は

1、メタボが改善される(運動不足解消)

2、持久力アップで病気のリスクが下がる(ガンの死亡率も下がる)

3、高血糖、高血圧、動脈硬化を防ぐ。善玉コレステロールを増やす。

4、エネルギー消費量はウオーキングの2倍。

5、無駄なくおなかまわりの脂肪を落とす。

6、スロージョギングをしていれば、食べても太らない。

7、スロージョギングをすると前頭葉機能が高まり、頭の働きが良くなる。


だそうです。

本ではいろいろな研究の結果の表が添付されていますが、まあなんとなく健康器具の宣伝っぽい感じもあり、話半分に聞いてもいいかなという感じです(殴


わたくしはとにかく気持ちがいいということと、朝を始めるのにいい一日のスタートという感じで汗をかけることが気に入ってます。

とはいえ、目が覚めて雨の音がすると「あ、今日はジョギングお休み♪」と喜んでいるのも事実であります。

(雨の日は気が向くと家にあるトレッドミルで映画を見ながら走りますが、面白くないです。やっぱり外を走るのが気持ちがいいです!)

ま、小雨ぐらいなら走っちゃうんですけど、走ってるうちにザーザー降りになり、全身ずぶ濡れということも何回かありました。

なので、最近はベルトポーチに軽い折り畳み傘を入れて、雨が強く降ってきたら傘をさして走っております。

傘をさしてジョギングというのもほかの人が見ると多分かなり変だとは思いますが、何度かびしょ濡れ経験を経て、面の皮を厚くしました。

この折り畳み傘、夏の夜明け方に走って、帰り歩いているとき(クールダウンのつもりで歩きます)の直射日光の日差し除けにも便利です。

そうそう、

ゆっくり走って、健康になる!スロージョギングゆっくり走って、健康になる!スロージョギング

こんなのも売っていて、つい買ってしまったのでした。

リーフレットがついていて、スロージョギングのやり方が書いてあり、CDには、最初鳥の鳴き声とビート音が入っていて、次第に曲になり、アップテンポしていく、という、ジョギング用のBGMが入っております。

・・・・まあ、音楽はその日の気分で選んじゃうので、これもわたくしは今は全く使っておりません。



それ以外に田中先生の本で学んだことは、

「歩幅は小さく」「二本のレールの上を走る感じで」ぐらいかなあ・・・・



とにかくマイペースで、楽しんで走っておりまする。

そうそう、妄想編でも書きましたが、最後の100mぐらいは風を切って(当社比)全力疾走します。

これもとても気持ちがいいのでした。




      





コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

Slow Jogger  スロー・ジョギングの効用 ・・心に 頭に 体に その1、妄想編

2014-07-06 | Health & Beauty
目覚めた夜明けに、身体中に水分が溜まっているのに気がつく。

指の先から胸いっぱいにそして鼻や目や額の奥まで。

胸の中には大きな穴がいくつかぽっかりと口を開けているのに、そこからは水は漏れていかない。
ただひたすら、目や鼻からポロポロと水分が溢れ出そうなその刹那に

目覚めた。


少し音を立てて呼吸をしただけで、噴き出してしまいそうな大量の液体。

少しでもこぼれたら、すべて現実だと認めて押し潰されてしまいそうだ。

重くて、苦しくて、身動きが取れない。

そんな青い朝。



一滴でも水が零れないように、息をつめてそっとそっと起き上がる。

決して何も考えないように頭を空にして、呻き続ける心をひとまず両の手で抑えつつ、顔を洗う。

冷たいミネラルウォーターを冷蔵庫から出して口に含む。
身体の中を水が落ちて行くのを感じる。

洗いざらしのTシャツと短パンに着替え、髪を一つにキュッと束ね、キャップをかぶり、シューズの紐をぎゅっと締めて、ドアを開ける。

外の空気はひんやりと冷たく、植物たちが朝の訪れを喜んでいる甘い気に満ちている。

人影のない歩道で軽く縮こまっていた身体中の腱をのばす。

伸びていく腱や筋にだけ心を置いて。


ゆっくりと走り出す。




夾竹桃の赤い花が咲きこぼれている長い塀の横を抜けると、なだらかな坂道が続き、道の表面に僅かに白い砂が混じってくる。

風の中に海の香りを感じる。

一歩づつ一歩づつ足を前に出すことだけ考えて進む。

やがて一陣の風が吹き抜けて目の前がぽっかりと開ける。

海。




波は荒い。

ごうごうと海鳴りが私を包む。



広く長く続く砂浜にはいくつか人影が見える。

犬と戯れる人、寄り添って水平線を飛ぶカモメを眺める人たち。

濡れて程よくしまっている波打ち際を走り続ける。


水平線からオレンジ色の光がさして、太陽が昇ってくる。

朝日が身体中に暖かい。



Slow and long jogging

ゆっくり、マイペースで、出来るだけ遠くに。

次第に大地を蹴るつま先に力が入ってくる。

( だめだめ、マイペースでもっとゆっくり。)


でも、少しスピードを上げて走ると、風を起こすことが出来る。

汗ばんできた脇の辺りや胸、首の後ろに、風が流れて行くのが気持ちいい。

単調な足どりのテンポが少しづつ心を整えて行く。

溜まっていた重い水分が汗になって身体から蒸発していく。


すれ違う犬に微笑みかける。



すれ違う人に「Morning!」と声を掛ける。

皆、優しい笑顔で朝の挨拶をくれる。



やがて海岸に突き出した煉瓦造りの建物が見えてくる。

行きつけの早朝からやっているカフェだ。



あそこまで、もう一走り。

スピードを上げて風を巻き起こしながら走る。

心臓がバクバクし、呼吸が苦しくなる。

広い階段を登ると、息を切らして立ち止まる。


膝に手をやり上半身を支えて荒い呼吸を整える。

汗がポタポタと顔や頭から落ちてテラスの素焼きのタイルの床に吸い込まれて行く。

振り返ってみると自分が走った足跡が長く長く砂浜に続いている。

そこに朝日がさしてキラキラと光っている。

カフェからは焼きたてのパンとコーヒーの香りが漂ってくる。
この体に染み渡る香ばしさこそ、生きる喜び。

ドアを開けて中に入ると、綺麗好きで働き者のアウレリアが

「Morning! How are you today!」

と訛りの強い英語で笑う。

( 彼女は自分の名前の発音はイタリア訛りなのに、普段喋る言葉はすっかりオージー訛りだ )

「Fine! Absolutely fine!」

と答えた時、私の中に溜まっていた、今にも噴き出しそうだった『涙』の塊が、すっかり蒸発して、カラッとクリアになっていることに気付く。

磨き込まれた木の床は歩くたびに心地よい音を立てる。

海が見えるいつもの席に座ろう。




そして、私の一日を始めよう。




            



・・・・以上、トマス・ピンチョン風の文体でお送りしました、
「ある日のSlow Jogger、ゴールドコースト編」でした。

(嘘です! タイトルだけトマス・ピンチョン風・・・・?)



しかしこのぐらい細かく妄想できるぐらい、世界のいろんな街ではしり、ジョギング妄想は、
ハワイ編、ローマ編、フィレンツエ編、シドニー編、香港タイハンロード編、インドアルタマントロード編、NYセントラルパーク編、パース編、パリオペラ座界隈編、モンマルトル編、コタキナバル編、etc.etc.取り揃えておりまする。

ジョギングできない日には、この妄想を引っ張り出して頭の中でひとっぱしりするだけで、結構救われたりするのです。


心に、体に、そして脳にも、ゆっくりと長く走るのがいいみたいですよ♪








後記;スロージョギングのやり方編(?)をこちらに追加いたしました。





(文中で使った画像はネットで拾ってきた画像です・・・)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加