ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海の方に来ております

2014-04-28 | 
GWは近場の海と山とで遊んでいます。



ホテルからの風景と朝ごはん

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

永山裕子先生の個展始まる  透明水彩画の描き方・技法 のDVD

2014-04-25 | スケッチ・美術展
先日お知らせした、永山裕子さんの個展に行ってきました♪



会場内は写真撮影禁止ということで、入り口を外から撮ったもの。




窓があり、明るい会場です。



テレビ朝日の会場なのに、TBSの安住アナからおっきな花が贈られておりました。


絵は、それはそれは素晴らしくて、感動いたしました。

鉛筆で描かれた菊のデッサンがあり、これは製作途中の過程から見させていただいていたのですが、完成した作品も素晴らしかった。

菊って絵の具で描いてもすごく難しいのだけれど、鉛筆でもここまで描ける力があるからこそ、水彩で描いても素晴らしい作品になるのですね。

永山さんの色はテクニックを頭で考え計算して知性で描かれているというより、あふれるような感性で描かれ、あるときは「妄想」も加わって広がり、それゆえに見るものの心に直接響いてくるような色使いだと常々思っていました。

でもこうやって鉛筆デッサンを見ると、モノトーンであっても、色に惑わされない分、より静かに、心に響いてくる豊かな感性を感じるのでした。



今回は「永山流 水彩画法 永山裕子 花と静物を描く」というDVDの先行販売もありました。

これは近日中にアマゾンなどで買えるようになると思います。


いままでのDVDは

永山流水彩画法 (永山裕子薔薇を描く) [DVD] / The art of NAGAYAMA style water color painting (water color painting of roses by Yuko Nagayama)永山流水彩画法 (永山裕子薔薇を描く) [DVD] / The art of NAGAYAMA style water color painting (water color painting of roses by Yuko Nagayama)



永山流水彩画法 (永山裕子 果物と紫陽花を描く)[DVD] / The art of NAGAYAMA style water color painting (water color painting of fruits and hydrangeas)永山流水彩画法 (永山裕子 果物と紫陽花を描く)[DVD] / The art of NAGAYAMA style water color painting (water color painting of fruits and hydrangeas)




永山流 水彩画法 -永山裕子 人形と百合を描く- [DVD]永山流 水彩画法 -永山裕子 人形と百合を描く- [DVD]

などがありますが、

今回のDVDはもっと基本的なこと、鉛筆の持ち方から練ゴムの使い方、描くときの姿勢、描くときの心、地植えの薔薇などお花に寄せる思いまで、とても丁寧に説明しておられます。

それは、先生が日常教室で教えてらっしゃることです。

それが家で好きな時に何回でも繰り返して見られるなんてすばらしい。

武蔵野美術大学で講師をなさったり、いろいろなカルチャーセンターで教えられたりしてらっしゃる永山先生ですが、地理的な関係などで、そういうのには参加できないという方には、これらのDVDは大きな福音となるでしょう。


また会場では本の販売もあります。

私のおすすめは

デッサンから見る透明水彩の基本デッサンから見る透明水彩の基本



透明水彩の50作品とキーワード透明水彩の50作品とキーワード




もっと透明水彩を楽しもう。 描きたくなる12レッスンもっと透明水彩を楽しもう。 描きたくなる12レッスン



透明水彩透明水彩


・・・・わ~~

書ききれません! どの本も素晴らしいです♪
(好きすぎてでかい画像!)

ご自分で絵は描かないけれど、という方でも、見ているだけでも癒される、素晴らしい作品が満載です。

最後のは画集ですが、上に張った技法書でも美しい絵がたくさん載っています。

今回は個展会場で、絵葉書にも使える小さい画集「永山裕子の透明水彩 花とうつわ」も売っていました。

絵葉書で使うなんてもったいない、と思ってしまいますが、額縁にいれて飾ったら、毎日眺めて幸せになれそうです♪



でもま、どんなに言葉を尽くして説明しても、DVDを見ても、どんなに本を見ても、本物の持つ力にはかないません。

GW中、個展はやっているので、もしご興味がおありなら、足を運んで見られたらいかがでしょうか。

いつもの個展会場と違って、窓がたくさんある明るい会場です。

ラッキーだったら、永山先生が絵を描く「デモンストレーション」が見られるかもしれません。

(ちなみに初日はインドの方をモデルにした「人物画」で、二日目は白いバラとカンパニュラとキャンドルの「静物画」でした。初日はお昼前後、二日目は1時ごろから何回かに分けてなさっていました)



永山裕子さんの個展は4月24日から30日まで、六本木のテレビ朝日 多目的スペース  umu にて。

港区六本木6-9-1 テレビ朝日 1F

平日 11:00~19:00 土日祝 11:00~18:00(最終日は~17:00)













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココナッツオイルの効果 アルツハイマーだけでなく、ダイエット・コレステロールにも効用があるとか

2014-04-23 | ココナッツ・オイルに夢中!

前日の記事にも書きましたが、最近、「ココナッツオイル LOVE」なわたくし。

また家族Bに「ほんとに凝り性だね・・・」を呆れられつつ、全身外から内からココナッツオイルにまみれております。

でもおかげで元気なのです!

いや、本当に、ジョギングをいつもより1kmばかり増やしても、以前ならぜいぜい言って、帰ってきてソファに倒れこんでお昼寝・・・となったところが、今やテキパキ家事をしまくって動き回り、パワー全開という感じです。

ま、生まれついての乗りやすいタイプ、それゆえ思い込みも強く、プラシーボ効果もきっとあるだろう自分ですが・・・、

それにしても疲れにくくなった感じがしています。

(記憶力が良くなったかは今のところわかりません・・・)


では、ココナッツオイルの何がいいのか?

いろいろあるといわれるココナッツオイルの効果とは何か?

自分で調べたことをちょっとまとめてみようと思います。


、最近の研究で、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が、アルツハイマー症の進行を遅くする可能性があるということ。

(これについてはこちらの記事に詳しく・・・もないけど書きました)


、ココナッツオイルは、以前は体に悪いと言われた飽和脂肪酸(常温で固形になる)であるけれども、その内容は、母乳にも含まれるラウリン酸が44.6%などである。

(飽和脂肪酸86.5%、一価不飽和脂肪酸5.8%、多価不飽和脂肪酸1.8%から成る中鎖脂肪酸)

中鎖脂肪酸(MCFA)は、エネルギーへと効率よく分解され、体内に蓄積されない性質をもつので、摂取しても過剰でない限り体重が増えない。

それどころか、摂取すると代謝するときにほかの脂肪を使い、かえって体重が減るという効果があるという研究結果がある。


、ココナッツオイルを摂取することで中性脂肪やコレステロールが減るという研究結果がある。

(血管にこびりついた油を『油』で流す、ということ)

よって心臓の健康にも効果が期待される。


、ラウリン酸は抗酸化力・抗菌力に優れている。

なので内服すると酸化物質や細菌から体を守ってくれる効果が期待されている。

アンチエイジング効果があるということ。

また塗布すると虫刺されにも効くということで、原産国では薬として使われている。


、中鎖脂肪酸は分子が小さいため、皮膚に塗っても吸収が早い。

(確かにハンドクリーム代わりに使ってもあまりべとつかず、すっと吸収される感じがします。)

なので、肌を乾燥から守り、髪につやを与えるなどの効果が高い。

日焼け止めとして使われていたこともあるが効果はSPF4程度。

現在も日焼け止めの原材料となっているが、日焼け止め効果を狙ったというより香りのためが大きいのかもしれない。

しかし少なくとも塗って日に当たっても「油やけ」する可能性は少ない。

また、メイク落としに使ったりもできるし、塗って「妊娠線予防」にもなる。


、脂分をとることで、便秘が解消される。


、そのほかにも甲状腺機能低下症に対する改善作用の研究などが進められている。



ざっとこんなところでしょうか・・・・

本を読んだので、1番が衝撃的だったということもありますが、健康面を考えると2番や3番もかなり魅力的です♪

油を食べても太らず、かえって痩せる、なんて夢のよう。

これからココナッツオイルを食事にとりいれ、また顔や髪に塗ったりして、その結果を検証していきたいと思います。

その結果を随時アップしようと思っておりまする



昔住んでいた国では『牛乳配達』ならぬ、『ココナッツ配達』が毎朝来ておりました。

と、友達に言うと「え~~」と言われますが、ほんとなんです!


毎朝決まった時間に玄関にココナッツをたくさんぶら下げた青年がやってきて、

「何個ちょうだい」というと、その個数分だけ、ココナッツの先端を鋭い刃物で切り取ってくれる。

それを冷蔵庫で冷やして、切り取った部分に穴をあけ

(薄くなっているだけで穴はまだ開いてない)

ストローを突っ込んで、ずずず~~っと吸うのが、その頃、jester家の朝ごはんの一部になっていたのです。

中に入っているのは半透明のうす甘い液体で、あまりココナッツの香りとかはしません。

でも、飲んでしまったココナッツの実を割ってみると、白い果肉が中にあります。



こんな感じ。


毎朝3個消費するのですから、カラはほとんど捨ててしまうのですが、時々気まぐれにスプーンでこの果肉を掘ってかじってみると、ジワ~~っとココナッツオイルっぽい味がします。

この果肉を乾燥させたものが「ココナツフレーク」で絞ったものが「ココナッツミルク」で、その中からオイルだけを取り出したものが「ココナッツオイル」なんですね。


しかしこの果肉、食べすぎるとおなかを壊しました。

なので、当時はココナッツジュースを飲んだ後はやっぱりほとんど捨ててました。

いまから考えると、あれを食べていれば、もっと頭がすっきりしてコレステロールも低く、健康だったかも??



        




以上は

Alzheimer's Disease: What If There Was a Cure?Alzheimer's Disease: What If There Was a Cure?

とその翻訳本

アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能

の内容を中心に、

こちらのサイト

こちらのサイト

こちらのサイトなど、

多数のサイトを参考にさせていただき、自分なりにまとめて書かさせていただきました。


なお、今使っているのは、

エキストラバージンココナッツオイル 400gエキストラバージンココナッツオイル 400g



 Liquid Coconut Premium Oil 10OZ Liquid (海外直送品)Liquid Coconut Premium Oil 10OZ Liquid (海外直送品)


です。







コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ココナッツ・オイルがアルツハイマー症・認知症等に効くってホント? ココナッツ・オイルに夢中その1

2014-04-23 | ココナッツ・オイルに夢中!
去年の今頃、ハワイに行っていたのですが、そこで大量の「ココナッツオイル」を購入してきました。

その頃、ココナッツ・オイルに美容だの健康だのにとってもいい効果がたくさんあるという情報をキャッチしていたので。

それで主に料理だの、髪や体や顔に塗ったりして使っておりましたが、最近になって、ココナッツオイルは「アルツハイマーに効く!」という本を読みまして。

アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能


それにしてもひどい邦題がつけられていて、また~~ 『とんでも本』じゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、これ、お医者さんが書いたとても真面目な本なのです。

原題は『Alzheimer's Disease: What if There was a Cure?』 by Mary T.Newport

Alzheimer's Disease: What If There Was a Cure?Alzheimer's Disease: What If There Was a Cure?

(なんか二人の表情がいいので、大きい写真で。)

翻訳版のアマゾンの紹介文を見ますと


『順天堂大学大学院 加齢制御医学講座 白澤卓二教授 推薦!
「アルツハイマー病がココナツオイルで治療できることを実証した感動の記録」

アルツハイマー型認知症は「不治の病」といわれ、現在処方される薬では、
回復はおろか、病気の進行を止めることすらできない。
本書は、夫が若年性アルツハイマーと診断された米国の医師が、
なんとか夫を救う手立てはないかと調査をつづけ、偶然発見した、治療法である――。

この療法を開始する前日のミニメンタルステート検査(MMSE)のスコアは14(30点満点)。
開始後64日目には、20にまで回復している。

第1部 アルツハイマー病という底なし地獄への転落とそこからの脱出
1章 発症前のスティーブ
2章 スティーブの異変
3章 治験を探す
4章 思いがけない発見
5章 底なし地獄からの脱出
6章 ココナツオイルを始めて1年目
7章 ココナツオイルを始めて2年目
8章 ココナツオイルを始めて3年目
9章 実際に試してみた人たちからの報告

第2部 中鎖脂肪酸を取り入れた健康な食生活へ
10章 最初に気をつけること
11章 なぜ食生活で違いが出るのか
12章 ココナツオイルについての質問と答え
13章 中鎖トリグリセリドオイルについての質問と答え
14章 やってみて損はない
レシピ


「本書の著者であるメアリー・T・ニューポート医師はオハイオ州出身の小児科医だったが、
愛する夫スティーブが若年型のアルツハイマー病を発症し、
病気が進行する夫を辛抱強く介護する中であらゆる治療の可能性を模索する。
新薬の治験にスティーブを参加させようと模索するが、
病期が進行しすぎているスティーブは治験の除外基準の為に参加できない。
そんな中、AC‐1202という中鎖トリグリセリドの治験を偶然に見つけることになる。
この中鎖脂肪酸が食品として商品化されていることを突き止めたメアリーは、
更にこの中鎖脂肪酸がココナツオイルやパームオイルから抽出されることを発見する。
早速、ココナツオイルをオートミールに加え、スティーブに食べさせたところ、
その日のうちに劇的な症状の改善が観察された。
それ以来、ココナツオイルを3年にわたり愛する夫スティーブに食べさせ続け、
アルツハイマー病の症状を改善させ、病期の進行を食いとどめることに成功した」 ――白澤卓二教授による「まえがき」より抜粋』 以上アマゾンの紹介文より部分的に抜粋



とまあ、こんな感じの本で、

(とはいえ・・・世間に出回ってる「とんでも本」のほとんどは医者が書いてることですし・・・)

(それにしてもSTAP細胞は本当にあるのでしょうか・・・?)

と思いながらも読んでみますと・・・

治験にも参加できないほど進行したアルツハイマー症になってしまった夫を持つ著者が、何かできないのかとネットなどでいろいろ調べ、夫に対してココナッツオイルを食事にとりいれてみて、結果を冷静に分析したもので、ちゃんとした根拠も書いてあり、第三者が検証できる数値もきちんと出ていてとても信頼できる真面目な本でした。

どんどん記憶をなくし、まるで見知らぬ人になっていくパートナーに寄せる悲しみ。

現在医療ではほとんど止めることができないが、諦められない、自分が研究して何とかしてあげたいという気持ち。

(こどもの病気を治したくて、素人の両親が長年研究を重ね、息子を治してしまうオイルを開発するという実話ベースで作られた『ロレンツォのオイル』という映画のファンです

少なくとも私は、彼女の詳細で冷静で控えめな書き方に共感し、信頼できると思ったのです。

その後著者はいろいろな人に試してもらい、

(老犬のボケに試した人までいる!)

効果はたいていの場合で顕著でした。

(効かなかったひともいるとちゃんと書いてありますが)

ネットの普及で、今までわからなかったことがわかり、それについて発表したことで、また新たな情報が集まっていき、人を助ける知識となる。

素敵です♪


いままで良い治療法がなかったアルツハイマー症の患者とその家族に、この治療法が福音になるかもしれない大発見と思われました。


jesterの母はアルツハイマー発症初期で真夜中過ぎまで迷子になり、それが原因で心筋梗塞を起こして亡くなりました。

当時「アリセプト」という薬を毎日飲んでいましたが、それでも症状はどんどん進行していました。


母を亡くした後、悲しく寂しい日々の中で、母と体質が似ている私もいつかは・・・という不安が湧き上がってきました。

それ以来、アルツハイマーを予防するにはどうしたらいいのか、と、常に情報を漁っておりました。

「運動するといい」
「音読がいい」
「炭水化物をあまり取らないといい」

などなど、いろいろな情報がありましたが・・・

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸がケトン体を発生させ、それが脳の栄養となって患者を改善に導く

というこの話は、身近な食品を食事にとりいれることであの恐ろしい病気が防げるかもという希望をわかせるものでした。


この説の検証は各自本を読んでいただいてしていただくとしても、jesterは身近にあるココナッツオイルで、そんなにいいことがあるのなら、ぜひその恩恵に預かりたいものだ、と考えました。

やってみて損はない、効果に時間がかかるとしても、今からなら予防できるかもしれない。

医学的に効果が証明され、治験を繰り返し、医薬品として承認されるには長い年月が必要になります。

それを待っているほどわたくしは若くありません…

なにより、長年食品として使われてきたものなので、副作用を心配する必要がないというのも安心できます。

たとえアルツハイマーを予防できなくても、コレステロール値を下げるなど、ほかに健康にいいと証明されているのだし!


そして・・・

ふと冷蔵庫を見れば、去年ハワイで買ってきたココナッツオイルがあるじゃありませんか!



油は酸化するので長期保存は効かない、というのが常識ですが、ココナッツオイルは常温保存で2年も酸化しない、優秀な油なのであります。


思い出してみると、去年、

「ハワイって、ココナツの木がいっぱい生えてるのだから、きっといろんなココナッツオイルがあるに違いない!」

と思ってさがしてみたけれど、ABCストアに行っても、ファーマシーにいってもあまりありませんでした。

結局ホールフーズ(でかいスーパー)のファーマシー部門で見つけた



Nature's Way というメーカーのココナッツオイルを買ってきました。

(日本でもネットで買えます)

Liquid Coconut Premium Oil 10OZ Liquid (海外直送品)Liquid Coconut Premium Oil 10OZ Liquid (海外直送品)


USAの製品なので、きっとハワイのココナッツを使っているのでは?

と勝手に思ってましたが、帰国後まじまじと見ると Product of Philippines と書いてあるじゃありませんか。


まあ、それはいいか、と思って、さらにこの間、まじまじと見ると、Expeller Pressedと書いてあります。

Expeller Pressedとは、油を抽出するためにココナツを押しつぶして油を搾った、という意味で、化学物質を使って絞ったりしてない、昔ながらの良い方法なんですよ、という意味。



でも、調べてみますと、実は一番いいのは Cold Expeller Pressed と呼ばれる方法。

押しつぶしているうちに、機械が熱を帯びてしまうと油が変質してしまうことがあるので、温度を冷ましながら絞るのが一番いい方法なんですね。

この、Nature's WayのLiquid coconut Premium oil は、Expeller Pressed ではあるけれど、Cold Pressed されてはいない模様。

ラベルに書いてないので、多分そうでしょう。

93% MCTs とか Non-GMO とか書いてあって、それはとてもいいこと。

(詳しくは上掲の本を読んでくださいませ)

風味はココナッツの良い風味がするし、冷蔵庫にいれていてもなぜか液状でとても使いやすいのですけれど、・・・Cold Pressed でもっといいのがあるはず!


・・・というわけでネットでいろいろ探して、エクストラヴァージンで Cold pressed で、使った評判も良さそうなのを見つけたのがこちら。

エキストラバージンココナッツオイル 400gエキストラバージンココナッツオイル 400g

400gにしてはいい値段なんですが、届いてみると結構な量が入っています。

そしてふたを開けてビックリ。

がちがちやねん・・・



スプーンでカッカとやっても掘れません。

しばらく室温に置いておいて、「溶かして」からやっと掘り出しました。

まるで業務用冷凍庫でかちんかちんになったアイスクリームのようにカチカチ。

ココナッツ・オイルは酸化しにくく、常温保存が可能とはいえ、やはり少しでも長持ちさせたいので、冷蔵庫保存してしまう私ですが、情報を集めてみると、27度以上に温めて、液状になったものをまた冷蔵保存して固めても、品質の劣化はないそうです


なので、少し柔らかくなったところで上の方を塊状にほぐして冷蔵しておくことにしました。

これだったらカチカチでも塊を簡単に取り出せます。


この塊を手に取ってしばらくすると、透明な薫り高いココナッツ・オイルになります。

これを毎日三食に分けて、小さじ1杯から初めて、慣れたら大さじ4~5杯を目安にとれば、いろいろいいことが起こり、そのうえ、アルツハイマー症が改善されたり、予防されたりする!

もともとココナッツ・オイルの香りも味も大好きなので、トーストに乗せて蜂蜜を垂らしたり、ヨーグルトにトッピングしたり、コーヒーや紅茶に垂らしたり、料理に使ったりとすれば、簡単に大さじ4~5杯なら摂取できちゃいます。

あ~~ またあれ食べたいな、とおもうぐらいです。


しかも、中鎖脂肪酸なので、脂肪ながら体脂肪としてたまらず、ダイエットにも効果的なんですね♪


また、飽和脂肪酸は体に悪い、不飽和脂肪酸を取らなくてはいけないが、不飽和脂肪酸は不安定で保存がきかない・・・というのが常識として頭にありましたが、またパラダイムのシフトが起こり、積極的に飽和脂肪酸を摂ったほうが体のためにもよいとされるなんて・・・

(といっても摂ったほうがいいのはココナッツオイルだけで、ほかの飽和脂肪酸は摂らないほうがいいらしいのですが)

ほんとにびっくりです。


それに、これを口に含んでくちゅくちゅやる、アーユールベイダの「オイルプリング」をすると、虫歯や口内炎、さらにそれが高じて起こる数々の病気の予防になり、歯も白くしてくれる・・・

(オイルプリングについてはまた続いて詳しく書きます。)


というわけで、最近のjesterはココナッツオイルの甘い香りの中で癒されつつ暮らしております。



続く…



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恋歌 朝井まかて  直木賞シリーズ2

2014-04-21 | 読書
昨日に引き続き、第150回直木賞受賞の作品のレビューです。

恋歌恋歌

朝井まかてさんの「恋歌」。

姫野カオルコさんの「昭和の犬」とまたちがって、こちらは大河ドラマ風の歴史ものです。


『女性はこれほどまでに恋を抱いて生きるのか。樋口一葉の歌の師匠として知られ、明治の世に歌塾「萩の舎」を主宰していた中島歌子は、幕末には天狗党の林忠左衛門に嫁いで水戸にあった。尊皇攘夷の急先鋒だった天狗党がやがて暴走し、弾圧される中で、歌子は夫と引き離され、自らも投獄され、過酷な運命に翻弄されることになる。「萩の舎」主宰者として後に一世を風靡し多くの浮き名を流した歌子は何を思い胸に秘めていたのか。幕末の女の一生を巧緻な筆で甦らせる。』  (アマゾンの作品紹介より)


樋口一葉の師であったという中島歌子さんのことは名前ぐらいしか知らず、水戸の天狗党の顛末も教科書に載っている以上のことは知らずに読みました。

なのでその辺が、へ~~、そうだったのね~と興味深かったです。

硬いながら上手な文章なので読みやすく、テンポも速く、脇役がきっちり描かれてるのがよかった。

塩辛声の江戸弁をしゃべる爺やの清六気風の良さとか、京都から嫁入りした水戸の貞芳院ののどかな典雅さ、義妹のてつのかたくなさとかが描き分けられているので、物語が立体的に迫ってくる。


けれど前半では、ヒロインの登世(歌子)にはそれほど共感できず・・・

なぜ登世(歌子)が林忠左衛門以徳(もちのり)に心惹かれたのか、たんに端正な姿に一目ぼれ?というぐらいしか伝わってこないまま読み進みました。

『意志の強そうな鼻筋は清らかに細く、誰かが寄って大声を出すたびに頬に笑みが浮かぶ。それはごく微かに苦みのようなものを伴った、静かな微笑だ。』P29

という以徳(もちのり)さんは、現代の俳優に当てたら誰だろうなどと想像しながら読む。

にしても以徳(もちのり)さん自体についてもあまり掘り下げて描かれていないので、ハンサムで、迷子になった犬を連れてきてくれたので、登世は惚れたのだろうな・・・とわりと冷たい目で見ておりました。

二人が結婚してからも、二人の愛情が深まっていくまでを語るエピソードはあまりなく、金持ちのお嬢様であった登世が、実家のお金を使って客にウナギをふるまったり、女中などに気前よくするシーンでは、質実剛健で質素に暮らしてきた小姑のてつに共感してしまったり。


ところが天狗党の掃討がはじまり、登世が投獄される辺から急展開。

諸生党の凄惨な報復に追い詰められていく、天狗党の家族たちの行く末にははらはらさせられ、引き込まれて読みました。


瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ

という良く知られた崇徳院の歌が、効果的に使われて、切ない。

主人公に共感を持ち、読後に心に響くという点では姫野さんの「昭和の犬」に軍配があがりましたが、歴史の大きな流れに翻弄される人々を描いているという点では、こちらも読みごたえがありました。


そして、歌子の

君にこそ恋しきふしは習ひつれ さらば忘るることもをしへよ
(恋することを教えたのはあなたなのだから、どうかお願いです、忘れ方も教えてください)


にはちと落涙しそうになってしまったのでした・・・。












コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

昭和の犬 姫野カオルコ 今年の直木賞シリーズ その1

2014-04-20 | 読書
姫野カオルコさん(姫野 嘉兵衛さん♪)が直木賞を取られましたね♪

昭和の犬
昭和の犬

うわ~~ なんかこの表紙を見ただけで、ちょっとうるうる来ちゃう感じなので、大きい写真を張り付けてしまいました・・・

そのぐらいよかったです♪

姫野さんというと

リアル・シンデレラ (光文社文庫)
リアル・シンデレラ (光文社文庫)

で直木賞をとると思っていました。感動したし、泣けたし、読んでよかった!と思った本。

でも「リアルシンデレラ」はノミネートのみで受賞はしませんでした。
これ以上のものを書くっていうのはしんどいのでは??とひそかに心配してました。

でも、そんな心配を裏切って、見事150回の直木賞を受賞なさいました!

で、その「昭和の犬」ですが、直木賞というより、芥川賞をあげたいような、清々しい作品です。

そのため、「なんだこれ、もりあがらないぞ」と思われた方もいらっしゃるかも。


『昭和33年、滋賀県のある町で生まれた柏木イク。嬰児のころより、いろいろな人に預けられていたイクが、両親とはじめて同居をするようになったのは、風呂も便所も蛇口もない家だった――。理不尽なことで割れたように怒鳴り散らす父親、娘が犬に激しく咬まれたことを見て奇妙に笑う母親。それでもイクは、淡々と、生きてゆく。やがて大学に進学するため上京し、よその家の貸間に住むようになったイクは、たくさんの家族の事情を、目の当たりにしていく。
そして平成19年。49歳、親の介護に東京と滋賀を行ったり来たりするなかで、イクが、しみじみと感じたことは。

ひとりの女性の45年余の歳月から拾い上げた写真のように、昭和から平成へ日々が移ろう。
ちょっとうれしいこと、すごくかなしいこと、小さなできごとのそばにそっといる犬と猫。
『リアル・シンデレラ』以来となる、姫野カオルコ待望の長編小説! 』(アマゾンより)


とまあ、こういう話なんですが、不思議と暗くない。

自分では喋ってるつもりでも、人間にはイクの声はなかなか届かない。

イクの声が聞こえるのは猫や犬だけ。

というか、猫や犬には、ちゃんと喋れる。

そんな少女イクが、やがて物静かな大人になって暮らしていく。

それをそばでじっと見つめる犬や猫。

まるでその一匹の猫(もしくは犬)になったような気持ちで、イクの成長を見守ったような読後感を持ちました。


子どもにとって、親は動かせない与えられた環境であり、その環境がどんなに理不尽でも、子どもはそれに適応して暮らしていくしかない。

それは絶望というよりは、日常になっていく。

まわりの家と比べて、自分の親は普通じゃない、と思っても、逃げ出すこともできず、守ってくれる人もいず、ただ「適応」していくしかない。

そんな子ども時代を送り、どこか大人になりきれない人たちのセラピーになるような、イクの静かな生き方が心を打ちます。


『女性が社会で大きく成功するには、厳しいにしろ大甘にしろ父親を受け容れて―――早世した彼を偲びつづけたようなケースを含め―――育った過去をもっていなければならない。
 これが女性が社会で好感を抱かれる鍵なのである。好感が高評価を与える。男が優位にいて社会を支配しているのではない。父権を軸にして形づくられているものが社会なのである。』p247

では、父親を受け入れることができず、社会で好感を抱かれない女性はどうやって男性社会に適応していけばいいか。

イクは、(株)バレで働き、馬車のおじさんや、久村夫妻、同窓生、大家、同僚、数えきれぬ人たちと触れ合う中で社会に適応していきます。

そして

『獲得したものを数えるのではなく、彼らの厚情により、被らなくてすんだ不幸を数えれば、それは獲得したものとちがい目には見えないが、いっぱいいっぱいあるのではないか。近いと大きくて掴めないが、遠いとぎゅっとつかめる。
(年をとると、掴めることが増えるのがよい) 』P300

という心境になっていくのです。


読みながら、自分も同じような体験をしているのを思いだし、ちょっと笑い、ちょっと涙し、しみじみと過ごしてきた行く年月を愛おしみたくなるような、傑作でございました。









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ソラマメ大好き♪ 簡単「焼きソラマメ」

2014-04-16 | グルメ
八百屋さんの店先に、ソラマメが並ぶ季節が来ましたね♪

皆さん、ソラマメはどうやって召し上がってますか?

最近のjesterの流行は

焼きソラマメ!



フライパンで両面をこんがり焼きます。

(片面中火で3~4分、ひっくり返して弱火で5~6分)

台所で別の仕事をしつつ、火にかけておくだけです。

ゆでたり蒸したりするよりほっこりと味も濃い感じ。



あとははさみで真ん中をチョキチョキ切って、ぎゅ~~っと豆を押し出し、中の皮をむいて塩を付けて食べるだけ!

うふふ・・・春の味覚です♪


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

クロワッサン・ドーナツ @ミスタードーナッツ

2014-04-14 | グルメ
NYで列になって買う人がいるという『クロワッサン・ドーナッツ』。

クロワッサンの生地を焼いてからあげることでザクザクとした食感になり、油っぽくない、といううわさを聞いて、食べてみたいな~と思っておりました。

そうしたら4月からミスドで売り出したというじゃありませんか。

早速買ってきました♪



三種類、右から「チョコ&カスタードホイップ」、「メープル&エンゼルホイップ」、そして「ホワイトチョコ&キャラメルホイップ」

一つ194円ですが、3個のセットで550円。



断面はこんな感じ。
クロワッサンというか、パイって感じです。



全部味見してみましたの。


jesterのお気に入りは白い「ホワイトチョコ&キャラメルホイップ」でございます。

これを食べて、おお!と思いました。

食べる前の一番人気だった「メープル&エンゼルホイップ」はそれほどでもなく。

3つ味見したら、ちょっと胃にもたれる感じ・・・・

基本的にやっぱり生地の味がミスドなんだよな~~・・・・

それと油が・・・・重い。

            

やっぱNYにいって、本場のを食べてみたいです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴェネディクト・カンバーバッチ・ドラゴン登場!The Hobbit 竜に奪われた王国 その4

2014-04-13 | Hobbit
さて、いまだにホビットの与太話を続けておりまする。
でも本日が最終回


(以下ネタバレあります!未見の方、ご注意ください!)

あっさりとあきらめの早いドワーフ隊と比べ、日が暮れても探索を続けるビルボのおかげで無事山の中にはいれた一行。

やっとこスマウグまでたどり着きました。




ベネディクト・カンバーバッチ様(はいはい)が、ネクロマンサーだのドラゴンのスマウグの声をやる、とは聞いておりましたが、正直それほど期待していたわけではなく

だって、前作のネクロマンサーもそれほどセリフがあったわけではなく、ボイスチェンジャーをかませてるみたいな声だったしね。

でもま、スマウグはいっぱいしゃべるはずだから、それなりに楽しみかな、ぐらいな心でおりました。



アフレコをスマートにこなしているのだろう、と思っていたら。



え?? モーションピクチャー?



え? 演技しつつ声をいれてる??

とまあ、こんな画像が流れてきて、ちょっとばかり心乱れつつ劇場に向かったわたくしでした。


それでも最初は
「やっぱりスマウグはスマウグだわ・・・」
と思っておりましたが・・・

・・・が・・・見ているうちになんだかカンバーバッチに見えてくるじゃありませんか(爆


もちろん、ドラゴンの体は人間のと構造が違いますから、モーションピクチャーといってもビジュアル化の参考にするぐらいだったらしいですが、やっぱりカンバーバッチは声だけでも演技がうまい!

ま、画面上は多少脳内変換も加えつつも、カンバーバッチ・ドラゴンを堪能した日々でした。


さて、映画の展開は、原作と違って、ドワーフ隊がスマウグと派手に対決します。

いくらなんでも鉄の小舟に乗ってだって、溶けた金の上を流れるちゅうのは無理があるだろうと思いますが、でっかいドワーフの黄金像がドラゴンの上に溶け落ちる画像はすごかったですね!

でも、スマウグは負けない!
しかも金ぴかになったのに、急に「湖のやつら、許せん!」と今まで戦っていたドワーフ隊をおいて、飛び去ってしまうのでした。
この辺、ちょっと違和感ありで唐突に感じました。
あの黄金像がどばあ!という見せ場を作るためにちょっと無理しましたね、PJ。

ま、ドラゴンは移り気ってことでおさめておきましょう。


そして・・・

金ぴかスマウグが目指す湖ではバルト様が待っている!!
(その上キーリとフィーリとボフールとオインまで!!)


というわけで、映画は第三作に続いていくのでした。

第三作が待ち遠しいですね~~

それまではこの「ホビット連載」(当社比)も一休みいたしまする。




最後までお付き合いくださって、ありがとうございました!!

        










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

永山裕子先生の個展♪

2014-04-12 | スケッチ・美術展
ホビット話が終わっていませんが、ちょっとお知らせ。

水彩画の永山裕子先生の個展が4月24日~30日まであります。


(画像悪くてすみません)

六本木のテレビ朝日 多目的スペース umu にて。

港区六本木6-9-1テレビ朝日 1F
平日 11:00~19:00 土日祝 11:00~18:00(最終日は~17:00)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待ってました、バルド様!! The Hobbit ホビット 竜に奪われた王国 その3

2014-04-09 | Hobbit
そういえば、エンドロール見てたら

『 2nd Unit Directer: Andy Serkis 』

とどうどうと出ておりました。

ゴラム様、なんとご昇進なさったことでしょう!

そういえば、The Hobbitの第一作でも出てましたね、エンドロールに2nd unit の監督として。



レゴに指示をあたえる ゴラム じゃなくて、アンディ。

そのほか、Screen Writerのなかには Guillermo Del Toro の名前をみつけ、え?? あの目の下にクマがある人が??と思いましたが、それは Benicio Del Toro と間違えていたのでした。

Del Toroならだれでも Benicio だと思ってはいけない。

ギルレモ・デル・トロさんは『パンズ・ラビリンス』を作った人でした。

PJに、ギルレモ・デル・トロさんが参加してパワーアップ。

なんかPJと同類の香りのある監督さんですから、オークやら闇の森の蜘蛛やらビヨルンが迫力ましていたのもうなずけます。


(以下、ネタバレあります。未見の方、ご注意くださいませ!)




さて、エルフとドワーフがなんとなく一緒にオーク相手に戦うはめになり、トーリンがレゴを救ったりして、将来レゴがギムリとタッグを組むのも、この経験があったからこそかも、なんて思いつつ、やっとオークを振り切ったドワーフ隊、出会った人間がこのお方。



前々回から騒いでおります、バルドさんです。

なんか、ジュード・ロウを地味にしたような・・・と思っていたら、横で見ていたレゴラスファンが

「オーランドに似ている!!」



ふむふむ、確かにオーランドを学者系のバイアスかけて見たみたいな雰囲気でもあります。

まあ、そのぐらい美形であるということでもあります、バルドの中の人は Luke Evans 氏。

『ロビンフット』とか『三銃士』にも出てたらしいので、見ているはずだけど、覚えていませんでした。(これからこれらを見ると、あ!こんなところに!と見つけてうれしいはず。)

第三部では(多分)大活躍するであろうバルドさん、きっと人気が出るのではないでしょうか?


そういえばドワーフ隊が森を超え、川を下りしているあいだ、ガン爺はどうしていたかといいますと、美しいルピナスの咲く草原をわたって、ラダガストに会い、山を登り、サウロンと対決までしていたのでありました。

ラダガストは帽子のなかに鳥の巣を入れたままで、ほんとにかわゆい魔法使いであります。


しかし、アクションシーンや山越えを見ていると、ほんとに『ご老体に鞭打って』と言いたくなるほど、サー・イアン・マッケランさん、大丈夫なのか、と心配になります。

癌は克服なさったようですが、寄る年波には勝てないと申しますし、3部までどうぞ体をいたわってご活躍くださいと、祈りながら見ておりました。


バルドの住む「湖の街」の描写も寒々していて秀逸です。

もちろんドワーフ隊の侵入方法は、魚まみれの樽に入ったり、湖直結のトイレから出てきたり、PJの遊び心満載。

そうして、心は早、お山に住む カンバーバッチ ドラゴンへ・・・・

続きます・・・・









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

The Hobbit ホビット 竜に奪われた王国 その2 ビヨルン編

2014-04-08 | Hobbit
今回、レゴラスの復活とともに、楽しみにしていたのは、Skin Changer、ビヨルンの登場。

(もう興行も終わりかけておりますので少しサクサクとスピードアップします。

最初からネタバレありで行きます。未見の方、ご注意を!)



原作を読んでおりますので、ビヨルンは明るくて豪胆でGreatなお人とおもっており、美味しい朝ごはんをどうPJが再現してくれるか、楽しみにしていたのですが・・・

登場から、ビヨルン、こわい!!!



完全に熊の化け物化してて、ドワーフ隊に襲い掛かってきます!

なんか、でっかいハチがぶーんと飛んでいて、おりこうな馬とかヒツジとか犬が幸せに住んでいて、犬なんか後ろ足で立って家事しちゃうし・・・というイメージで見ていたら、全然ちがう!

追いかけてきて、がるるる・・・と扉から鼻先を突っ込んでくる!



・・・泣きますよ! 怖くて!

バタと蜜をたっぷりつけたパンにたっぷりのハチミツ酒、なんてごはんにうっとりしようと思ってたのに・・・

それに咆哮しつつ駆け回ってた熊が、もちろん裸だったのに、変身して人間になって家に入ってきたら、なぜかズボンをはいており(爆

(次の朝にはちゃんと上半身も洋服を着ておりました)

ビヨルンの横にいると、トーリンさえ目つきがかわゆく見えてしまうほど。

ビヨルンがビルボのおなかをつっついて
「Little bunny is getting nice and fat again on bread and honey ♪」
なんていってククク、と笑うほのぼのシーンなどもありません。

でもビヨルンのおうちは素敵。
すごく凝って作ってあります。

木彫りが施された家具のなかでもテーブルは素晴らしくて、四つの足の飾りに動物が彫ってあり、ビルボの座ってる横には動物の頭があるのですが、これが後頭部で、
「ネコなの? 犬なの?」と気になって、何回も注目してこれを見ていましたが、どうも鼻がとがっているので、犬なのかな?



(パンフレットを撮ったので画像が悪いです
トーリンの横にしっぽ? ドーリの横にフクロウ? のようなものが映っております。
残念ながらビルボの横にあった動物の画像は見つかりませんでした。)


もっともっとビヨルンのおうちの中を見たい~~と思っているうちに、ドワーフ隊は「腐海」のような闇の森に出発してしまいます。


それにしても、指輪を持つビルボ(マーティン・フリーマン)の手の爪が深爪で、LotRの時のビルボ(イアン・ホルム)やフロド(イライジャ・ウッド)の爪と同じ。

ただ深く爪を切ったというのではなく、小さいころからず~~っと深爪をしてなくてはならないような横長の短い爪です。

フロド役のイライジャ・ウッドは小さいころから爪を噛む癖があったそうですが、イアン・ホルムの爪も長年深爪し続けたという感じの、ちっこい爪でした。

マーティン・フリーマンも深爪なのかなあ?
それとも手のアップだけ手タレを使った?
 
こんどワトソン役のとき、手のアップがあったら確かめてみます。


そしてビルボのチョッキのボタンが見事に取れていて、今までどれだけ過酷な旅をしていたかがうかがいしれます。


というわけで一行は闇の森に入っていきますが、蜘蛛軍団のシーンは
「ほんとにあんたも好きね~」とPJに言いたくなるほどしつこくて(爆

蜘蛛フォビアの方は目をつぶりたくなるでしょう。
jesterも苦手なので、さっさとエルフの国に飛びまする。


そうそう、森に入っていくとき、ガン爺が彫像の下にかかるつたを払うと、落書きのような文字が出てきて、それを読んだガン爺が「○○○・・・」といいます。
これが劇場で何回聞いても聞き取れません。

「ア ハーグ フェルズ・・・」
とかなんとか聞こえます。

そのあとため息交じりに「So be it」(そうであろう)というのですが・・・
字幕では「ルーダウア」とか出ておりました。
音的には違って聞こえました。
どなたかご存知の方がいらしたらお教えくださいませ。



さて、エルフですが、レゴラスやタウリエルの話は前回しましたが、もう一度、スランドゥイルのお話。



(この画像、ネットで見つけてきたのですが、字幕入りってどういうこと? 予告編からとったのでしょうか?)

トーリンと話していて、スランドゥイルの顔の傷がぶわ~~っと顎から頬にかけて浮かんでくるシーンがありました。

美しい顔に炎がはしり、幽霊の王様のような恐ろしいお顔に・・・(画像検索をかけてみたけど、みつからず)

昔のドラゴンとの戦いでついた傷で、いまだにトラウマなんでしょうか。

スランドゥイルがドラゴンと戦ったのっていつ?と思って例の「指輪事典」をひいてみましたが、出てきませんでした。つかえん・・・



旅の仲間(指輪ファンのお友達)と一緒に鑑賞した後に

「スランドゥイルが左手にしてたでっかいムーンストーンのついた指輪がかっこよかった」
といったら「わたしもそう思った!!」というお返事をいただきうれしかったのです。

もしグッズであるなら買うのはこの指輪と、アーケンストーンのレプリカだな、と思ったのですが、今回はグッズが種類がなくて、下敷きとかファイルとかばかり。
jesterはそれほど心惹かれるグッズもなく、めでたいことでした、お財布的に。


タウリエルとキーリのロマンスは、誰が喜ぶんじゃいと思いつつ見ましたが、メレスエンギリス(星の光の宴)の話をしているところの音楽、オーボエの高く美しい旋律にはうっとり。
Howard Shoreさん、やっぱりいい仕事しています。


そしてエルフの森を抜け出して、樽下りのシーンは楽しかった!



レゴラスがぴょんぴょんドワーフの頭の上を飛んだり
(もちろんドワーフの怒りは全開!)

ボンフールが樽ごと転がってオークを飛ばしまくり、樽が壊れて手足がでて、最強に!

わははは!と声をだして笑える感じであります。



で楽しんだ後は、あの人がでてくるのであります。





続きます・・・・








コメント
この記事をはてなブックマークに追加