ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

ネットでミネラルウォーターが買えました(汗)

2011-03-29 | a day of my life
大丈夫、大丈夫、と保安院のひとはいいますが、プルトニウムも・・・なんて出てくると、やはり不安な毎日。

だってプルトニウムの半減期は2万4000年、でしたよね?

つい最近NYに行って帰ってきたバカモノとしましては、『NY往復で200マイクロシーベルト』なんていわれるたびに、そうよね~ とつぶやいてましたが、プルトニウムはどんな微量でも一旦体内に取り込めば、かなりやばい、ということはバカモノでもわかりまする。

「3年前に賞味期限が切れてる水」を愛飲してる(爆)jesterですが、家族2人で飲むだけなのに、あっという間に2リットルのボトルが空になっていきます。

というわけで、お店で売っているお水は乳児のいる家庭に譲るとして、ネットで買えるものなら在庫管理してるわけだし、混乱を呼ぶわけでもないでしょう、とアマゾンに行ってみたら、な~~んだ普通に売ってるじゃないですか。

知床の水・らうす「軟水」20リットル (お一人1個で願います。2個以上は注文を分けて)知床の水・らうす「軟水」20リットル (お一人1個で願います。2個以上は注文を分けて)

よしよし、ほどほどに安いし、これを買いましょう、とおもってじいっと写真を見る。

どうもダンボールにコーティングがしてあって、水がそのまま入って、コックをつけて取り出すらしい。(???)

なんか非常用の水、って感じがひしひし伝わってまいります。
以前海外ではガロン入りのでっかい水を買って使ってましたが、ダンボール入りは初めてだわ。

とりあえず、もっとプルトニウム関連がもっとやばいことになったら困るので、1つ注文。

ついでにいろいろ見ていたら、大好きな炭酸水のサンペレグリノも安いじゃありませんか。

サンペレグリノ 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター 500m×24本 「並行輸入品」サンペレグリノ 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター 500m×24本 「並行輸入品」

水って重いし、サンペレグリノは買っても家族Bがすぐに飲んでしまうので、口惜しいし(爆) と、最近買っていなかったんですけれど、こんな折なので、これも注文。

ペリエも安いし。並行輸入品って安いんですね!

そりゃそうよね、これだけ円高なんだから。

(追記;注文して、このブログを書いて、しばらくしてアマゾンを見に行ってみたら、サンペレグリノはもう売り切れになってました。考えることは皆同じか~~

でもペリエはまだ売ってましたよん。)



とりあえず、お店などにえっちらでかけて、「今日も水売ってない」とがっかりしてる方がいらしたら、アマゾンもチェックしてみたらいかがでしょうか?


さらについでに60枚いりで300円ほどのマスクも買いこんで、ちょっと満足(?)したわたくしなのでした。

風邪・インフルエンザに!ERAマスク99(大人用)60枚入 サージカルマスク風邪・インフルエンザに!ERAマスク99(大人用)60枚入 サージカルマスク






    
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ミネラルウオーターの賞味期限

2011-03-27 | a day of my life
水道水に放射性物質が検出されて、町中からミネラルウオーターがなくなってしまいました。

一応安全宣言がでましたが、たとえ基準値以下で微量だとしても、毎日飲む水ですから、長期にわたって摂取することに不安が残ります。
乳児や幼児がいらっしゃるご家庭ではどんなに心配なことでしょう。

街で水を売っていたら、なるべく乳児のいる家庭に譲りたいですね。


さて、うちではいつも地震・災害に備えてミネラルウオーターを箱買いして少々は備蓄しているのですが、普段は飲まないので置いておくうちに、賞味期限が切れてしまうのです。

それでもトイレを流すのとか、顔を洗うのに使えるかなとおもって、捨てずにとってあったのですが、この騒ぎで、放射性物質は粘膜からも吸収されると聞き、どうせ捨てるなら歯磨きとかに使おうかと箱を開けてみました。

箱はネコが自主的に爪とぎに使っていたのでボロボロですが、ボトル自体は無事。

一番古いのは3年前に賞味期限が切れております(汗)

うむむ、でも外から見ると綺麗。
沈殿物もないし、藻も生えてないし。(爆)

(某国を旅行中、片田舎のヨロズヤで買ったミネラルウオーターを良く見たら、底のほうに藻が生えていたのであった)

ふたを開けて飲んでみました。

全然飲めます!

匂いも味もOK。

ま、ペットボトルの何かが水中に溶け出したりしてそうな気もして、そのまま飲むのはどうかなと思うけれど、それも加熱して飲めば問題ないかも?

放射性物質が微量でも含まれている水道水と、3年前のミネラルウオーター・・・・・

どちらが健康にいいのか、究極の選択と申せましょう。

映画「The Road」では最終戦争後、何年もたった錆びた缶コーラを見つけて飲むシーンがありましたが。。。


というわけで、3年前に賞味期限切れの水を飲み続けて3日経ちましたが、今のところ健康被害はありません。

(自らの体で人体実験中・・・・)

ついでに「コントレックスの炭酸入り」の3年前も飲んでみました。(爆)

炭酸は消えていましたが、こちらも普通にコントレックスでした。

こんなことを書くと、ビックリされるかもしれませんが、国外で暮らしていた頃は、日本食を取り寄せて、届いた頃には賞味期限がとっくに切れていて、それを大切に食べていたので、自分の鼻と舌を頼り、賞味期限を気にしないタイプです。

(と、胸を張るほどの事ではありませんが・・・・・)


ついでに、賞味期限の切れた乾パンの缶詰も開けて食べてみたら、これもたべられました♪

調子に乗って賞味期限切れの食品を次々に食べてみましたが、味はちょっと落ちていても、おなかを壊すこともなく、全く快調です。

今のところ・・・・ですが。


(ちなみに賞味期限の切れてない食べ物もjester家にはあります!!)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本の奇跡は終わっていない

2011-03-19 | a day of my life
昨日の地震雲の記事にはアクセス数がすごくて、皆さんの関心の高さを感じます。

たとえ地震が原因でないとしても、17日に私が見た雲はいままで見たことのない不気味なものでした。

なにしろ椅子に座っていて、ちょっと揺れたように感じると、それが自分の心臓のゆれなのか、地震なのか、思わず天井から吊り下がっている電灯を見て確認してしまいます。

お風呂に入っていてお湯が少しでも揺れると、あわてて洋服を着たくなります。

東京にいても、あの地震は生涯で一番大きなものでした。
いまだに3月11日のあの恐怖が忘れられません。


しかし私の写真が、これによって地震が来るとかいう噂の元になるのは本意ではありません。
噂に惑わされずに冷静に判断し、行動すべきだと思います。

でもあの雲を見ておぼえた不安感を忘れずに、気を緩めずに、防災の気持ちを高めて行きたいと思います。   


被災地でも助け合って頑張ってらっしゃるのを見て、日本人として誇りに思います。
このところ反日感情が高かった中国などでも「日本人の性格の良さを見た」と評価されているとか。

その反面、義援金詐欺、「東京電力が点検に来た」といってお金を取る詐欺、さらに車からガソリンを抜く盗難などが起こっていると聞くと悲しいです。


もしかして反日感情の高い外国では「天罰」と思っているかも、とおもっていたら、なんと現職の東京都知事が「天罰」発言。

『津波で我欲をうまく洗い流す必要がある。積年たまった日本人の心の垢を。やはり天罰だと思う』

なんとまあ・・・・・・

言葉がありません。
今、苦しんでる人たちがたくさんいるのに、『天罰』ですと・・・・

いつも特定の民族やアジアの国に対して差別発言をしている方なのに、あの人は日本人か?とあきれました。

ま、皆の非難を浴びて、あとで撤回したみたいですけど、都知事選で誰に投票しないかは決まりましたわ。

(投票しない人はとっくに決まってたけど。
誰に投票するかが決まらん・・・・)


日経新聞の電子版に、Financial Timesの記事が載っていました。
David Pillingさんの記事です。(以下引用)

『日本はその国民以外にほとんど天然資源を持たない国だ。日本の奇跡を生み出したのは彼ら日本人であり、また、世界がこの国の経済停滞にうんざりし、幻滅した時でさえ、別の種類の日本の奇跡を守り通してきた人々だ。

 筆者がこうして原稿を書いている今も、ホテルは新たな余震で揺れている。今の状況は厳しく、恐ろしい。だが、筆者の頭をよぎるのは、もう定年退職している旧友の緒方四十郎氏が今週教えてくれたことだ。

 彼は「災い転じて福となす」という日本のことわざを引用してくれた。英語では、散文的に「make the best of a bad bargain(不利な状況で最善を尽くす、逆境を乗り越える)」と言われる。日本語では、むしろ「災難を曲げて、それを幸福に変える」というような響きがある。緒方氏は、日本がまさにそれを成し遂げられることを願っている。 』


国民以外に天然資源を持たない、まことに小さな東の外れの国の民族だからこそ、私たちの心の力で、奇跡の復活を目指して、できることを少しずつ積み重ねて行きたいと思います。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

地震雲???

2011-03-18 | a day of my life
昨日の夕方、節電のため電気をつけず、夕食の支度をしていて、ふと夕焼けが広がる空を見たら、見たことのない雲が・・・・

いつもなら地平線に沿って平たい雲が伸びているのが普通の夕方の雲ですが、昨日はその雲から、下に垂れ下がるように雲が地平に向かって下がっていくように見えます。
(写真では上手く取れませんでしたが・・・)

それもいくつか並んで、徐々に下に伸びていて、まるで竜巻かなんかが起こりそうになっているか、雲が地面に吸い寄せられているような・・・

夕立の時も局地的な場合、雨で雲と地平線がつながっているように見えることがありますが、それとはちがい、漏斗状に下に伸びて行くように見えるのです。

以前、地震雲というのがあって、地面の中の電磁波のエネルギー(?)がたまり、空中の水蒸気を呼び寄せ、地平に向かって垂直に降りるような形になる、というのを聞いたことがあって、どき~~んとしました。
(といってもjesterはそういう知識は全くないのですが。)

東京から南南西方向で、東海沖のへん?

どきどきしているうちに日が暮れて雲は見えなくなってしまい、その後、東海沖が震源の大きな地震もなかったので、偶然そんな雲の形があり、ナーバスになっているので地震と結び付けてしまったという可能性が高いですが、今まで見たことがなかった雲でした。

今日も気をつけて空を見ようと思います。

余震が続く中、だんだんに震源が列島に沿って南下してきている感じで、静岡沖が震源の小さな地震も続いています。

昨夜は不安な中で眠りにつきました。


でも今朝起きたら、冷えてはいるけれど、とても平和に晴れ上がった穏やかな空がありました。

昨日の夜はあまり余震も感じず、早朝に窓から空を見回しても雲もなく、「もう終わった」というような安心感が大地にあふれてるような気もしました。



それにしても被災者の方々の状況は、日本で暮らしている限り、明日はわが身、と思います。

暖房を消して寒くても、電気をなるべくつけずに暗い中で過ごしても、そういう状況はは私一人じゃない、もっと大変な人がたくさんいる、と思う事ができます。

もともと、空気を暖房するのは息苦しくて嫌いなのであまりしないのですが、家の中でダウンを着て、ウィンドブレイカーのオーバーパンツをはいて、マフラーを首に巻き、膝にネコを乗せれば(ネコも寒いので乗りたがる)、暖房なしでも快適に過ごせます。

出来ることを少しずつ。

消せる電気を見つけたら、節電。



* * * *
 

いろいろなイベントが延期されている中で、セリーグの野球が3月25日から開始が決まったらしいですね。
日本プロ野球選手会が開催を反対する中で、『戦後復興時にも野球が人々を元気付けた』とか『某・偉い人』が発言して押し切り決まったという報道がありました。

「25日は東京ドームと神宮でナイター開幕する。東京ドームのナイター開催に必要な消費電力は1時間当たり約5-6万キロワットといわれる。一般家庭が1日に消費する電力の5000世帯分以上に相当する。セの首都圏3球団の本拠地球場は計画停電の対象外とはいえ、首都圏住民が暗い夜に耐える中、ナイターは実施される。」(mixy ニュースより引用。)

なんか違いませんか?

「野球を通じて利益を上げ、それを社会に還元」(同上)
といわれても、経営重視の発言に聞こえます。

まだ家に帰れず、家族の安否もわからないで苦しんでいる人が数十万人も同じ国にいる状態なのに、こんな時に被害のない地域で、お金をとってたくさんの人を集め、ナイター照明をつけて貴重な電気を消費するのって、私には納得できません。

命がけで原発を治めようと今も日夜努力している人々、その周辺で不安な日々を送る人々がいるのに、電気を大量に消費し、いまだに余震が続く中で人を交通手段を使って集めてまで娯楽のスポーツをすることの意義ってなんでしょう?

私たち、家の中でも節電に協力し、通勤でも電車も止まったり本数がなくて、改札の前にじっと並んでやっと乗ったり、それも被災地の方々を思えばこそ節電と思って黙って寒い中並んでいるのに、と思ってしまいます。

これから夏にかけても、電力が平常に復旧するのには時間がかかりそうなのはjesterでも判ります。
「夏場には冷房などで現在の1・5倍の電力が必要になる」そうです。

ロングスパンでこれからの日本を考えなくてはいけないと思うのです。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

思い、届いて

2011-03-16 | a day of my life
ニュースを見るたび、胸が痛みます。

なにかしたいと思っても、とりあえず募金すること、家の中でダウンを着て、節電に協力すること、噂に惑わされて買いだめに走ったりしないこと、ぐらいしか出来ません。

東京でもまだ1日に何度も余震でゆれます。

震源から離れていてもこんなに不安なのに、現地ではいかばかりでしょうか。

自分に出来ることを少しでもやって、いま悲しみと絶望の中で過ごしている人たちの手助けがわずかでも出来たらと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加