ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

紅梅が・・・

2010-01-28 | a day of my life
朝から春のような南風が吹き、散歩道の紅梅がほころんでおりました。

「白梅が咲いているかどうか見に来た」というのを口実に、実家へ。

本当は母の手を握りたかったから。

母の手は皮膚が薄くなって、あざがありました。

「どこにぶつけたかわからない。痛くない」と笑ってました。


白梅はまだ固いつぼみです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

中村勘太郎さんの記事

2010-01-22 | 歌舞伎・観劇・舞台など
先日「七之助さんがテレビに出てた!」とわめいたので、お兄ちゃんのほうも。

1月14日の日経新聞夕刊に記事が載っておりました。

『中村勘九郎は僕にとってヒーローだった』なんてね、泣けます。
あと少ししたら襲名ですね~

しかし勘太郎さん、どんどん格好良くなってきます。
お父さんに似てる!と思うシーンもあるし、母方のおじいちゃんの芝翫さんにも似てきたような気もします。

年末の歌舞伎座では芝翫さんを孫たちが囲んでの雪傾城の踊りもございまして、微笑ましかったです。

あとね、こないだ書きませんでしたが、夜の部の『引窓』の右之助さんのお母さん役に泣けました。



映画ブログJUNeK-CINEMAにNHKBSでやっていた「魔術師マーリン」の感想を書きました♪
こちらもよろしくお願い致します。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ネコ壺

2010-01-17 | にゃんこ
寒くなりました。

センター入試の頃は毎年寒くて、東京でも雪が降ることも多いのですが、今年は降っていません。

でも寒いのです。

早朝、目白どおりをわたるとき、車道に雪が落ちてました。
長距離バスかトラックが、車の背中に雪国から載せてきて、夜中に速度を上げたときに落ちたのでしょうか。

エアコンで暖まった乾燥した空気が苦手なので、なるべく床暖房だけで過ごしていますが、それでは寒いので、家の中でダウンを着たりしてます。
古いダウンの袖だけとって、ベストのようにして着たり。
エコライフでしょ?とかいいつつ。

猫は寒いのでとにかくベッドに入りたがります。
しかし人間が寝ていなくて、ベッドに入れないときは、ネコ壺に。

jesterが夜寝るまで来ていて、ベッドの上に脱いでおいた、ダウンのベストのなかにもぐりこんで、袖ぐりから頭だけ出して寝るのです。

これがロッタのトンテ(テントの事)ともネコ壺とも呼ばれております。
ロッタが独自に開発した自分専用のお休み場所です。

入るときも袖ぐりから入るので、ぶよ腹の部分で詰まってしまい、尻だけだしてもぞもぞとしばらく苦しんでもがいてから入ります。

『ウサギの家でハチミツバターパンを食べすぎて、穴から出られなくなったクマのプー』の図に似ていて笑えます。 
足に雑巾干してやりたくなります。

上の画像は裏返しになっているベストの中から首だけ出して覗いているところ。

こっちのは中で寝こけているところです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

朝から七之助が!亀治郎が!獅童が!

2010-01-10 | 歌舞伎・観劇・舞台など
朝偶然つけたテレビで、中村七之助、市川亀治郎、中村獅童の対談をやっておりました。

日曜の7時から7時半までという、夜更かしの方には大変見辛い時間帯でございます。

これがとっても面白かったのです。

浅草歌舞伎も始まりの頃は客が入らず、喫茶店でフライヤーを片手に毎回ミーティングしてたそうです。

亀治郎 「あのころの情熱はどこにいったんだろうなあ。今は犬猿の中で、『あいつがでるならオレはでない』とかあるしなあ」

(あいつってあいつかなあ・・・?)

七之助 「うちの祖父はさ、
『こうして右足を出して・・・』とか教えてくれるわけ。
でも父親は、自分でやって見せて、『さあ、お前もやってみろ!』
できないと
『なんでできないんだ! どうしてできないんだ!』
であたまポカリ!ってくるんだ。」

爆笑でございました。
お父様の性格がよおくわかりまする。

その父君、勘三郎のでる「鼠小僧 野田版」が去年のjesterの歌舞伎納めでした。
(納めというほど通っているわけではありませんが・・・)

野田秀樹さんらしいコミカルで活気あふれる演出、しかも「きよしこの夜」なんかもかかるクリスマスにピッタリの内容でとっても楽しかったデス♪

でも屋根の上を飛び回るシーンでは
「落ちないでよ~~転ばないでよ~~怪我しないでよ~~」と思わず祈ってしまった。
だってなんかゆらゆらしてるんですよ、屋根が。

『さよなら歌舞伎座公演』もあと少し。
値段の高さに泣きながら、またいけるかしら?

(私が騒いでいるので、最近娘まで歌舞伎にはまってしまい、『勘太郎~~』とかいっております。
なのでチケットが2枚必要になり、さらに貧乏に・・・・)

新しい歌舞伎座は座席がもうちょっと座りやすいといいな~~


さて、そんなわたくしの歌舞伎のおっしょはんであり、一緒に鑑賞してくださって横で解説してくださって、なにからなにまでお世話になりっぱなし!大感謝!!のピコラさんデザインの「黒衣ちゃん」 が国立劇場にて販売開始になりました。

触ると柔らかくて、かなり癒し系らしいです。

『ストレスリリーサーという商品で、手でニギニギして柔らかい感触を楽しむことでストレスを軽減?するそうです』(ピコラさん談)

(製作過程からスケッチを見せていただいてましたが、jesterは実物にはまだ触ってません)

(しかし作者のピコラさんもとっても柔らかくて優しくてそばにいるとストレスが吹っ飛ぶような人柄なので、効き目は抜群と思われまする)

国立劇場に行かれることがあったら、ぜひ皆様もニギニギしてみてくださいませ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます・・・・

2010-01-09 | a day of my life
あまりにもながくほっぽりぱなしにしてあって、まだ機能してるのだろうかとこわごわ開けてみたら、まだありました。(汗)

しかもなんかわたくしが怠けてるあいだにも、閲覧してくださってる方がいらして・・・・ありがとうございます!

去年は自分から鳴門の渦潮に飛び込みました。
あっという間に、怒涛のごとく嵐のごとく月日が過ぎまして、その間も「あ、これはブログに書きたいな」なんて思いつつも、思っただけでバタングーでした。

今年はすこしパソコンの前に座る時間もとろうと思っております。

皆様にたくさんの幸せがふりそそぐ1年でありますように!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加