ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名もなきアフリカの地で

2004-09-23 | 映画 DVD TV
ホラー、スプラッタ、などは苦手です。特に娯楽系の映画で女の人が怖い思いをして(そのあと死んじゃう)映画は絶対だめ。かなり共鳴してしまうのよね・・・・。そんでその後プチトラウマになっちゃうの。
これを楽しんでみてる人がいるのね、と思うとそれだけで気分が悪くなっちゃう。

どうも映画を見るとき、出てくる人にかなり感情移入してみてしまうのです・・・・。所詮作り事なんだけどね~~ そう思えなくって。

でもなぜかホロコーストを描いた映画や本だけはすごく気になってしまいます。
かなり悲惨なシーンもあるしホロコーストものダメだっていう人、多いですよね。

自分で何故あんなに強制収容所に惹かれてしまうのか良く分りません。
(前世はユダヤ人だったのだろうか?) 
まず「これは本当にあったことだ」と肝を据えてしまうと、悲惨なシーンのある映画も見ることが出来るみたいですが・・・。
「何故あんなことが起こったんだろう」「極限で人間はどうなるんだろう」
っていう疑問がずっと心にあるみたいです。

小さい頃アンネの日記を読んで持った疑問を未だに持ち続けていて、アムステルダムのアンネの隠れ家まで見に行ってしまったほどです。(ちいさな隠れ家でした)アウシュビッツはまだ行っていませんが・・・・。

とにかく映画も本もホロコースト関係はほとんど観たり読んだりしていると思います。

最近では「トンネル」とか「名もなきアフリカの地で」とか、ホロコーストを生き抜いた人たちを描いたヨーロッパのいい映画もたくさんありますです。強制収容所のことを描いているというよりは、極限状態の中で、人間の尊厳とか、人間の底力とか愛とか、異文化交流とか、いろいろ描いていて考えさせられて感動してしまいます。「La Vita e bella」(Life is Beautiful)も、今は好きっていうのが恥ずかしいぐらいロバート・ベニーニについていろいろ批評はあるけれど、私は好きな映画です。(単純なので・・・・)

日本ではホロコーストというテーマはあまりポピュラーではありませんが、ヨーロッパではたくさんの文献があるし、映画やドキュメンタリーも真摯な姿勢でとられたいいものがたくさんあると思います。人類にとってもそうだけれど、ヨーロッパ人にとってあれは解決しなくてはいけない課題なんだと思います。どの映画も最後に救いがあるのは、作り手が人類の希望をたくしているからなのかも・・・。

というわけで、今朝は「名もなきアフリカの地で」(この邦題はひどいと思うよ、うん)のDVDを見ました。
劇場で見た時も思ったけれど、音楽が最高!もちろん内容もいいデス。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古本屋めぐりは楽しい!

2004-09-22 | a day of my life
獲物を求めて町をうろうろ・・・。
読みたかった本が見つかると楽しい!!

昨日の獲物は畠中恵の「しゃばけ」と森博嗣の「すべてFになる」でした。後者は早速読んでしまった。
感想はHPの読後感の方に載せました。

書き抜いた言葉は『Time is moneyなんて言葉があるが、それは、時間を甘く見た言い方である。金よりも時間のほうが何千倍も貴重だし、時間の価値は、つまり生命に限りなく等しいのである。』P308
 
さて、時間を無駄にしないで前進しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デヴィッド・ウェナム氏のお誕生日

2004-09-21 | 映画 DVD TV
 いや、お誕生日だからといって、私がお祝いなんておこがましいのですが・・。
ロード・オブ・ザ・リングスに出ていた役者さんなので、ごひいきにしてます。
 男39歳というと、本当に脂の乗り切った円熟の時。老けの悲しさもまだ見られず、若さの傲慢さも姿を消して、その本質が出てくる時期だと思います。
 彼の場合ムービースターにしては控えめなその物腰からも、これからすごく味のある俳優さんになるんじゃないかなと期待できます。

 話は変わって、昔海外で入れてきた差し歯がぐらぐら。引っ越してきたこの町で、いい歯医者さんがないかさんざん探し回って、人の評判から一つの歯医者さんに決めた。明日の予約を取りました。
 ああ、でも気が重いです・・・・・。一生懸命磨いているのに、歯にはほんとに苦労させられます。
 ヴェニスの石畳の上で取れちゃったのを、アラッシオのフランス人の歯医者に入れてもらったのに、シンガポールのステーキ屋さんでステーキと一緒に飲み込んじゃったあの歯・・・・。その後も苦労は絶えず・・・・。ああ気が重い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラスト!見てきました!!

2004-09-19 | 歌舞伎・観劇・舞台など
ミュージックパフォーマンスの「ブラスト!」を見てきました。日本追加公演の最終日でした。
しかし・・・すごかった・・・・・。
生きてる感動ってかんじ。 こういうのをみると人間ってすごいなあ、いいものだなあ、って素直に思えます。
これがライブで見られて本当に良かった!! 音楽好き、ダンス好きにはもうたまらないステージでした。
ここ10年ぐらいで見たライブステージのなかで、一番良かったかも。

ええと、知ってるかもしれないけれど、一応説明すると、アメリカ発祥で、金管楽器と打楽器中心のミュージックパフォーマンスなんだけど、曲はクラシックから、ジャズまで多彩。それに、アカペラコーラスとモダンダンスとタップダンスと鼓笛隊とバトントワリングと和太鼓とモダンバレエと新体操とイタリアのミラノの旗振りのお祭りを混ぜたような・・・・。音と色彩とリズムの洪水でした。

とにかくめちゃくちゃクールでかっこいい!!
 
音楽も出来てあんなに踊れるなんてすごい。踊りながらトランペットとかサックスとか吹いちゃうんだよ????

あ、そうだ、ヴァージンシネマ六本木で、映画が始まる前に、まっ白の画面に黒人が出てきて、ゴミ箱とかをパーカッションみたいに叩き始めて、それに白人がくわわって、床で背中でくるくる回ったりしながらだんだんに人が増えてそれが音楽になるスポットって見たことないですか? あれもそうなんです。画面はここ。ここから、ブラスト!とは?とかクリックるすると、少しだけどんなもんだか分ります。

http://www.bunkamura.co.jp/orchard/event/blast/

モダンなものって難解で苦手かなと思っていたけれど、これは分りやすくて、とにかくクール!!

DVDとかもでてるみたいだけど、これは生で見ないと、あの迫力が伝わらないと思うんだよね~~~~
来年も日本公演あるかなあ・・・。ぜひぜひ、チャンスがあったら見てみてください。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

911

2004-09-11 | a day of my life
昨日、家族Aと華氏911をもう一回見てきました。

もう三年経ったのですね・・・・。あの時、家族Aはジャカルタ、私は家族Bの受験のために帰国してきて日本にいて、NHKニュースで、リアルタイムで飛行機がビルにつっこむのを見ました。

実は私の知り合いが何人かあのビルの中にいたのです。半年ぐらい前に海外であったばかりの人もいました。優しい笑顔の人でした。ビルの崩壊で亡くなりました。高校生の女の子を残して。その女の子が日本に帰国してきたときに会いました。
たった一言「○○さんのおじちゃんも死んだんだよ」と彼女はいいました。○○さんも共通の知人でした。なんと返事をしていいのかわからず・・・・・。なんと言ってあげたらよかったのでしょう? 彼女の優しかった父親も、○○さんも、家族を養うためにあのビルの中で一生懸命働いていただけなのに。 私に出来たのは泣くことだけ。

家族Aがあの時NYにいなかったのは偶然です。いた可能性が高かったです。しかも、あのビルの中に。彼があの時いたジャカルタでも、その頃モスリムが過激な動きをしていて、他人ごとではありませんでした。911は本当に他人事ではありません。何故あのようなことが起こってしまったのでしょう・・・・・。あのことから、何を学べばいいのでしょう?
関連の本を何冊か読んでみています。イラクでなくなったジャーナリスト、橋田信介さんの[イラクの中心で、バカと叫ぶ]も読みました。

医学が発展してお医者さんが1人の命を救おうと必死に頑張ってくださっても、人間の愚かさが簡単にたくさんの人の命を奪ってしまいます。ロシアの学校テロのニュースなどを見てもただただ悲しいです。本当にどうしたらいいのでしょうか・・・・。

911なので、鎮魂のお祈りのつもりでちょっとマジに書いてみました・・・。朝から暗い話題でごめんなさい。何回か書いたり消したりしたのですが・・・・。やっぱり載せてしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハーダンガー刺繍

2004-09-09 | 手仕事・クラフト・ハーダンガー刺繍
ハーダンガーはノルウエーのハルダンゲル地方に伝わる刺繍です。
たてと横の糸がイーブン(同じカウント)で織られている麻布や綿の布に、綿の糸で刺繍をします。ほとんどが白い布に白い糸です。
途中から布の糸を抜いて、そこに糸を渡していくので、レース編みのような繊細な美しい模様が出来ます。

私は海外駐在中にブリッジ友達だったオランダ人のアネットに教えてもらいました。

小さな布で長い間楽しめて、出来上がりはとても美しく、楽しい手仕事の一つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「夢のチョコレート工場」読了

2004-09-08 | ENGLISH BOOK & STUDY
日本に帰ってきてから、英語を忘れないためと、貧しいVocaburalyを増強するために、なるべく本は英語で読むようにしている。
今日はRaold Dale のCharlie and the Chocolate Factory  を読んだ。

ネイティブなら小学生低学年が読む本で、難しい語彙もないけれど、はっきりしない単語を辞書で引くと結構な数になる。

この本を原作にして、ティム・バートンが映画をとるらしい。Mr.Wonka(工場長)の役をジョニデがやるということで、娘の本棚にあったのを引っ張り出して読んでみた。

内容は子供向けだけれど、結構楽しめた。ティム・バートンが映画にするとしたら、きっとこの辺はこんな映像にするんじゃないかな、なんて期待してしまう。この二人の撮った「シザーハンズ」も好きなのだ。ホラーが苦手なので、「スリーピー・ホロウ 」なんかはちょっと・・・なんですけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今度は少年漫画BECK

2004-09-07 | a day of my life
友人が宅急便でBECKの1~19巻までを送ってくれたので、一気読み。おりしも外は台風で強風なので、ちょうどいい。
ギャグや絵柄が男性向けで、のめりこむまでいかなかったけれど、ひたむきな青少年の姿っていいものだ。
私はロックミュージックはわからないけれど、コユキの歌った歌は聴いてみたくなった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヴァン・ヘルシング鑑賞&ディヴィッド・ウェナムさんのラジオの訳

2004-09-04 | 映画 DVD TV
ホラー/スプラッタは大の苦手なんですが、デヴィッド・ウェナムさん見たさに行ってまいりました。(まあホラーというほどでもなんですが)
しかも今話題(でもないか)のウインブルシート。腰の辺が音とともにブルブル揺れるやつです。
気持ち悪かった。はあ~~~


今一なんでヴァン・ヘルシングがドラキュラと戦うのかよく分らず。
しかし、カール君はすごく可愛かったです。
もう一回見るなら、カール君のところだけでいいわ。

ところで、31日にカール君がFMラジオにお出ましになりましたが、その時のおしゃべりを日本語にして見ました。
長いのですが、載せてみます。



デイヴィッドさんインタビュー(カッコ内はわたしがつけた注です)

インタビュアー:バックグラウンドにドラマティックな音楽が流れているかと思いますが、この音楽は映画ヴァン・ヘルシングのサウンドトラックから取られたものです。今日はこの映画に出演されていらっしゃる、これまたドラマティックな外貌の僕の前にいる人、デイヴィッド・ウェナムさんをゲストにスタジオに御呼びしております。デイビッドさん、こんにちは。ようこそ。
D:ここにこられてすごく嬉しいです。こんにちは。
イ:お元気ですか?
D:とてもとても元気です!
イ:ちょうど日本に到着なさったばかりですよね。
D:ええ、2日ほど前に着いたばかりです。ちょっと暑くて汗をかきますけれど、すっごく素敵な時間を過ごしています。
イ:日本に来たのは初めて?
D:そうです。
イ:あなた、まためちゃくちゃ暑い真夏に来日しましたね。
D:ええそうなんです。2日前についたんですけれど、でもあなたみたいに14年ぐらいここにいたいと思うぐらいですよ。
イ:すばらしい所でしょ。
D:ぼくは転向者(すぐ気が変わるひと)なんです。瞬間にして宗旨替えしちゃうんですよね。(笑)
イ:あなたのオーストラリア・アクセントを聞けて嬉しいですよ。
D:ああ(笑)僕は本当はもっと訛ってるんですよ。
イ:ええ、もっと訛ってもいいですよ。ええと、最近に出演なさったヴァン・ヘルシングの成功、おめでとうございます。ヴァン・ヘルシングのポスターが町中に貼ってありますね。ああいう経験はいかがでしたか? その話からうかがいましょう、実は昨日家でヴィデオで見たんですけれど。
D:あれは本当に素晴らしい信じられないような経験でしたね。なぜならば、撮影は短いものではなく、6ヶ月の撮影だったんですが、3ヶ月はプラハで、3ヶ月はロス=アンジェルスでした・・・で、プラハはすごく特別な、綺麗なところで、心の底から驚かされましたよ。こういうところで働けるのは俳優にとってはいつも大きな喜びなのですが。スペシャルエフェクツを使ったり、バンという音がしたり、大きな爆発があったり、しましたが・・・悪くはないです。
イ:たくさんのバンという音や、爆発や、スペシャルエフェクツ(CG)を使ったんですね? それで怪我をしたんですか? やり過ぎて倒されたっていうんじゃないでしょうねえ。
D:ええ、僕の下にあった橋が爆発して、それはすごくドラマティックでした。爆発が大きくて、実はどのカメラも実際には僕を撮影できなかったんです。それで、もう一度橋を作り直して、もう一度爆発させてフィルムにおさめました。
イ:あなたのダブル(替え役)のスタントマンはいなかったのですか?
D:ええ、とってもおかしいんですが、スタントマンが使われてなかったんですよ。全部のスタントを自分でやって、一つ目のフィルムで、僕がガラスを突き破って窓から入るシーンで僕はもうやめようと(線を引こうと)思ったんです。こういうことは誰か他の人ができるだろうってね。
イ:一緒に出演した、ヒュー・ジャックマンと、ケイト・ブラッケンシールですが、ホリウッドでも今、すごく有名な人ですよね。
D:ええ。
イ:あなたの名前もどんどん有名になっていますけれど、あなたの今までを振り返ると、ここ2~3年あなたもとてもたくさんの映画にでていますね。
D:ええ、あの、ずっと忙しく出来るように頑張っています。それが自分を軌道に乗せておくと思っていますので、全力を尽くしてやっています。
イ:ヒュー・ジャックマンと仕事をした感想は?
D:ヒューは芸能界では一番いいやつだっていう評判ですけれど、僕は6ヶ月、その定説を崩してやろうとしてみました。できませんでしたが(笑)彼は生まれつきすごくいいやつなんですよ。すごく楽しくて、知識が豊富で、そう、今は彼のすべての成功にグッドラックって言ってあげてあげたいです。
イ;彼はメインのヒーローを演じ、あなたはある意味のヒーローと言うか・・・。カールの役でしたね。おもしろい役でした。
D;ええ、彼(カール)はヒーローっぽくはありません。彼は・・・カールは修道僧です。
イ:ほらあそこで、・・・ジョークみたいな・・・・
D:ああそれは観客のために言うのは待ってあげて・・・(ここ、二人でごちゃごちゃ言っててよく聞き取れません)
イ:ああ、わかりました
D:・・・彼はヴァティカンの元で仕事をしています。世界の悪い勢力に対抗する武器を発明しているんです。
イ:この話の中にはいくつか本当にあった話が含まれてますか?
D:ええ、そうかもしれません。今、ヴァティカンの下でおかしなことが起こっているっていう本も出ているしね。(これはDan Brown の Angels & Demons のことかな? The Da Vinci Code の著者が書いた本です)
イ:フランケンシュタインに、ヴァンパイアにドラキュラに、ジキルとハイドに、子どものころから親しんできたクラシックなキャラクターが全部盛り込まれてますよね。
D:ええ、そうです。
イ:こんな種類の話で仕事をするのはすごく楽しかったでしょう。
D:ええ、もちろん。少年時代の夢のそういうキャラクターですもの。それが全部一つの映画に入っているんです。ドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男、と完璧に続くし、それがしょっぱなからローラーコースター(ジェットコースター)に乗ってるみたいに始まって二時間続くんですよ。
イ:そりゃあすごくおもしろそうですね。では、まだまだおしゃべりは続きますが、この辺であなたの選んだ音楽です。
D:僕が選んだのはこれです。いくつかある僕のお気に入りのひとつです。こまっちゃうけど、僕の場合、音楽の好みが風みたいにくるくる変わるんですが、これがいま僕の選んだ一番の曲です。
イ:選んでいただいたのはライアン・アダムスのニューヨーク・ニューヨーク、今日の午後のスペシャルゲストはヴァンヘルシングのデイビッド・ウェナムさん、映画についてのお話はこれからも続きます。

―――音楽―――


イ:音楽はライアン・アダムスのニューヨーク・ニューヨークでした。この曲を一番に選んだのはスタジオに来てくださった本日のスペシャルゲスト、オーストラリアの俳優で、今や大きなスクリーンで世界中で公開されているヴァン・ヘルシングに出演なさっているデイビッド・ウエナムさんです。あなたは音楽家ですか?なんか楽器をやりますか?
D:ああ、出来たらいいんだけどな。ほんとにやってたら良かったんだけど。でもダメです。すごく下手な歌が歌えるぐらいかな。
イ:音楽をやるとフラストレーションが溜まるんですね。
D:ああ、たぶんそうかも知れない。
イ:興味はないの?
D:いや興味はあるんだけど、やっても(楽器は)できるようにならないし、それ以上にフラストレーションが溜まるかも。(笑)
イ:じゃあ次は、あなたの演技歴についてお聞きするけれど、いつから演技をはじめたの? 小さい頃からの夢だったの? それとも偶然俳優になってしまったの?
D:ああ、僕は俳優になろうと思うような典型的な例で、よくいうところの「クラスの道化者」の子どもの一人だったんです。他の人を笑わせるのが好きでした。とても小さい頃はパペットショーをするのが好きだったです。学校を卒業してから、演劇学校にいったんですが、シリアスなプロの俳優になるとは全然思っていなかったんです。
劇場で演じるぐらいかなと思っていたけれど、長くやってるうちにどこかで変わってきちゃって、いつのまにか映画業界に入っていたわけです。
イ:あなたにはとてもたくさんファンがいますね? 今スタジオの外にもあんなにたくさんのファンがいますでしょ。 ファンにサインとかする?
D:道の途中とかでね
イ:シノがすっごい量のE-メイルを受け取ったよ。
シノ:そうなのよ~~
イ:デイビッドはものすごくたくさんのファンが東京にいるんだね。
シノ:「は~いそうなんですよ。今日はたくさんの方からEメイルをいただきました、デイビッドさん。ご紹介しますね。りえこさん、マサ子さん、やよいさん、めぐみさん、つぐみさん、ゆかさん、ゆきさん、はるさん、さやかさん、まりさん、です・・」(「」内は日本語。)
D:すごい!
イ:すごい!ラッキーだね!
D:びっくりした!
シノ:あの~~彼女達の代わりにいくつか質問していいですか? そうですね、日本はいかがですか?今回が初めてですか?
D:ええ、今回が初めてですが、とっても素晴らしいです。もしお天気を(気温を)1℃か2℃下げられたらなと思うんですけれど・・・・。でもそれを置いたら、完全に完璧です。そうですね、日本のショピングなどもちょっとして楽しかったです。
シノ:「ほんとですか~~、初めての日本はとてもすばらしいよ、もうちょっと涼しくて2・3度気温をダウンできればいいんだけど~、とのことです。」(1~2度ってディビッドさんは言ってたのに、シノさん、まちがってますよ・・)え、それでは、他にはですね、日本の女の子について、どう思いますか?
D:おおお・・・、僕の顔を真っ赤にさせましたね? ええと・・・・はははは・・・・。そう、僕は正直にならなくちゃね。抜群に美しくて、・・・すごくセクシーだといわざるを得ないよ。
シノ:「あ、やりました。ビューティフルでセクシーとのお答えが帰ってきました。それではみなさん、皆さんからいただいたEメイルを本人にお渡ししますよ。はいじゃ、あの、受け取ってください。」
D:おお、そうですか。
イ:すごい量に積み重なったEメイルが来ているんですよ。
D:ありがとうございます。お祝いできたらいいのに。これ、今僕が読むんですか?
イ:あとで読んでください。
D:わかりました。
イ:この番組はファミリーショウですから。(家族が聞くような番組なので、きわどいことが書いてあるかもしれないし、とジョークを言ったんだと思う。)
D:おお、そうだね、ここのこの写真を皆さんにお見せできたらいいのに・・・。(笑)(これも冗談でいっているらしい。)
イ:外でスタジオの中を見てる人もいますけれど、ミュージシャンはライブショーにいって、直に(in the fresh)観客と会うことが出来ますけれど、映画ではそうはいきませんよね。俳優を直にみるということはできないですよね。
D:ええ、それは真実ですね。シアターの演劇にお金をはらって見にくるしかないけど、オーストラリアまではそう簡単に来られないし、オーストラリアの劇団は日本までこられないしねえ・・・・。そういうことが起こればいいなと思いますけれど。
イ:そう、観客は直には会えませんよねえ。どう思います、そのことは。
D:ええ、そう、僕は言いますけれど、本当に直にお会いしたいんです。(「直に」=in the freshにセクシーな意味があります。インタビュアーが無理に言わせている感じです。)ははは。このコメントはまちがって取られるかもしれませんね。僕は外にいるファン達にありがとうといいたいです。それから、ぜひヴァンヘルシングを見に行ってください。とっても楽しいですよ。それから、僕が時々出て来る他の映画も。
見てくれたらうれしいです。
イ:ちょっと(時間がないので)簡単にお聞きしたいのですが、海外でも成功をした長編英雄映画のLOTRについてなんですけれども、それについての経験を話してくれませんか。これもまた偉大な経験だったでしょう。
D:それは、絶対的に生涯で1回の好機でした。これは心の中で常に宝物のように大切にするものです。ピーターと働くチャンス、ピーター・ジャクソンと特別の映画で働くのはすごくスペシャルなことで、申し上げたようにいつも宝物としています。
イ:日本での仕事の次は何があるんですか?
D:次はなんですかということなんですが、「ニック・ケイブ」という音楽家が書いたものなんですが、ブッシュレインジャー(野伏?)・カウボーイ映画の一種で、いやなやつの役を演じています。
イ:ああ、そうですか、「ニック・ケイブ」がカウボーイ映画を書いているんですね。
D:ええそうです。とってもダーク(深刻)なんです。
イ:それはすごいですね。「ニック・ケイブ」は音楽も作るわけ?
D:そうなると思います、ハイ。
イ:それはファンタスティックですね! ではでは、最後の質問です。今聞いてくださっている方が、お休みにオーストラリアに行こうとしていたら、どこがあなたのお勧めのお気に入りスポットですか?
D:お~~~・・・・ちょっと考えさせてください・・・・。え~~、クイーンズランドの近くはどこでもすごく美しいです。クイーンズランドやバリアリーフのあたりはどこでも。とっても景色がいいんですよ。
イ:すばらしい!熱帯魚と太陽の光ですね?
D:う~ん、そのとおりです。
イ:それはすごいですねえ。ええ、今日はデイビッド・ウエナムさんをお招きしてお送りしましたが、なんと楽しかったことでしょう。
D:こちらこそ楽しかったです。
イ:ヴァンヘルシングの映画が公開されたら、次に来日なさった時はもっとファンが増えてるでしょうね。
D:おお、そいつはすげえ・・・
イ:さて、もう一曲、デイビッド・グレイの曲です。これはあなたのための特別な曲なんですよ。彼が東京に来た時にスタジオで特別に録音していってくれたんです。
D:おお、なんて素敵な!とても素敵だ!
イ:デイビッド・グレイさんの独占録音です。さて、デイビッド・ウェナムさん、ありがとうございました
D:こちらこそ嬉しかった。乾杯!

*****おしまい*****(拙訳by jesterことteara)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加