ゆきてかえりしひび――in the JUNeK-yard――

読書、英語、etc. jesterの気ままなおしゃべりです。(映画は「JUNeK-CINEMA」に引っ越しました。)

自然史博物館かな? と思ったら Science Museum

2017-04-29 | My London
ロンドンにたくさんある博物館の中でも、特に人気なのが、Natural History Museum (自然史博物館)です。

いつも入り口は長蛇の列。

恐竜の展示やら、そらもうてんこ盛りで、子供だけではなく、大人も大満足の博物館なので、しかたないのですが…

South Kensington の博物館街に着くと、どこ行こうかな〜〜と見ていて、この長蛇の列に、足が曲がって、Victoria & Albert に入ってしまうことが多いのです。

しかしある小雨もよいの日、Hyde park でジョギング&ヨガもどきをしたあと、駅に向かって歩いていたら、自然史博物館の裏口と思われる入り口が空いているのを発見!

こ、これって、裏技じゃない?
待ちなしでサクサク入れちゃう!

と、喜んで入ったら。



ロケットが天井でお出迎え〜〜

ん?

恐竜ではなく?




と思ったらScience Museum (科学博物館)に入っていたのでした…

入り口の表示ぐらい読めや、自分。


なので、



最初の女性宇宙飛行士の映画を見たり、産業革命というものについて学んだり、いろんな乗り物を見たり…





『牛に引かれて善光寺…』ではなく、『「空いてる」に引かれて、科学のお勉強………』

おおよそjesterが望んで学ぶことがないような、科学の粋に触れるひと時を過ごして参りました…



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナショナル ギャラリーで観る... | トップ | リヨン、アヌシー、フランス... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぷぷぷ・・・ (igu)
2017-05-05 18:01:48
裏口らしき所からもどんどん入っていっちゃうところがjesterさんらしいです〜〜

博物館街って、色々な博物館がまとまってある地域なのですか!
しかもどれも基本は入場無料。
興味の赴くままに探索できていいですね!

科学博物館って・・・学生時代が最後で行った事ないかも。
今の展示物のりっぱさにビックリです。
懐かしいテレシコワさんのお顔。
あの「私はカモメ」がチェーホフの戯曲の有名な台詞だったと知ったのは大人になってからでした。

jesterさん、毎日なんとも素敵で有意義な散策を続けてらっしゃいますね!
私は犬の散歩で近所をグルグルだけですが・・それもまた幸せ〜♪
ハナミズキが散ってツツジも終わりかけ・・川辺の杜若が満開です。カンナの若葉が勢いをつけて花ももうじきです。
Re:ぷぷぷ・・・ (jestertook)
2017-05-06 15:57:25
iguさん、コメントありがとうございます!

>裏口らしき所からもどんどん入っていっちゃうところがjesterさんらしいです〜〜

いや〜お恥ずかしい限りです。
この辺を歩いていて、自然史博物館の入り口が空いてると、ラッキー!と入るのですが、今回は間違いました……

>博物館街って、色々な博物館がまとまってある地域なのですか!
しかもどれも基本は入場無料。
興味の赴くままに探索できていいですね!


そうなんです。どれも見るのに一週間はかかる博物館が三つあるんです。
自然史博物館は、恐竜の展示が素晴らしく、iguさんの旦那様などはご興味があるかと…


>科学博物館って・・・学生時代が最後で行った事ないかも。
今の展示物のりっぱさにビックリです。
懐かしいテレシコワさんのお顔。
あの「私はカモメ」がチェーホフの戯曲の有名な台詞だったと知ったのは大人になってからでした。


彼女の訓練風景などの貴重な動画がある見られて楽しかったです。


>jesterさん、毎日なんとも素敵で有意義な散策を続けてらっしゃいますね!
私は犬の散歩で近所をグルグルだけですが・・それもまた幸せ〜♪
ハナミズキが散ってツツジも終わりかけ・・川辺の杜若が満開です。カンナの若葉が勢いをつけて花ももうじきです。


日本も美しい季節ですよね〜〜

ロンドンも花が咲き乱れていますが、まだまだ寒くて、ただいま南仏のリヨンに避寒中です…

コメントを投稿

My London」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。