My Bright Tomorrow ~ びったんと2人5脚

最近さぼり気味ですが・・・(汗)
がんばって更新したいと思います(^▽^*)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

逢いにきた!

2017-08-24 09:40:00 | 犬のこと
おはようございます。

お盆休みも、あ~~~~~っと言う間に終わり

またいつもの日常ですが・・・いかがお過ごしでしょうか?

ゆっくりできましたか?

あっと言う間に休みは終わりましたね。

できればもう少し、ゆっくりしたかったですね。



そんなお盆休みのはじまりは、

朝 起きるのがおっく~だなぁ・・・と

ベッドでうだうだしていた時のことです。


なんと、いきなりテレビがつきました

 一気に目が覚めました。
 

リモコンは頭の上の方に置いてあったので

さわったり、手がふれたわけでもなく。

部屋も離れているし、どこからか遠隔操作ができるわけでもなく。

もちろんタイマーなどもセットしていないので

つくはずがないのです



でもね・・・怖いというよりは、



びったんがテレビつけたんでしょ ってすぐに 思いました。

生前も、リモコンを ムギュウって踏んで 

チャンネルを変えたりってことも あったからね

その後は、とくに何事もなかったのですが、


お盆の最後の夜、ウトウトしていた私は

「ワン!」っていう声で 目が覚めました。


寝ぼけていて、夢をみていたのかもしれませんが、

あれは間違いなく びったんの声だったと思います。(確かに聞こえたんですよ。)


びったんが「ママちゃん じゃあね」 とでも言って

また虹の橋に戻っていったのでしょう



きっと びったんが 逢いに来てくれてたんだなぁ



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日

2017-08-11 08:11:06 | 犬のこと
今日は、びったんの誕生日です

でも、今年はびったんが
いないことがさびしくてたまりません。



10歳のびったん。



手作りの服と、三角帽子をかぶっています。

笑ってる





誕生日プレゼントに、浴衣を作った年もありました。



びったんを想うと

胸がしめつけられます。

涙がとまりません。


びったんに会いたい。

ぎゅーって抱きしめたいです


でも泣いてばかりいたら、

びったんが心配するね。


びったん お誕生日おめでとう。

生まれてきてくれてありがとう。

うちの子になってくれて
ありがとう。

今まで、たくさんありがとう


また生まれ変わって、ママちゃんの所に

帰ってきてね。



今年は初盆。

祖父母と一緒に、お坊さんにお経を

あげてもらいました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

癒されました。

2017-07-14 17:43:27 | 犬のこと
昨日の帰り道。

コンビニの店先に ヨーキーちゃんがつながれていました。

そばに行くと喜んでくれたので、

「おりこうちゃんだね~。」とナデナデしたら

熱烈大歓迎で ペロペロと手を舐めてくれました。

「そんなにひとなつっこいの~?かわいいねぇ。」

しばしヨーキーちゃんと会話。(いや独り言か...)

飼い主のお父さんが 店から出てきたので、

「かわいいですね~。」と言うとニコニコしていました。

「じゃあね~。ありがとうね。」とヨーキーちゃんと、

お父さんには「すみません。ありがとうございました。」と

お礼を言って 帰りました。


びったんより小ぶりでしたが、性格はびったんみたいでした。

つかの間でしたが、すごく癒されました。

やっぱりヨーキーは かわいいですね。


こんな感じの子でした。(画像はお借りしました)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7月

2017-07-12 16:03:45 | 犬のこと
もう7月ですね。
早いような、そうでもないような。
びったんが いなくなって、1ヶ月が過ぎました。
前より時間の経過が 遅くなった気がします。

びったんが具合が悪い時は、仕事していなければ
つきっきりでみてあげられるのに。と思っていましたが、
今は、日中仕事をしている事で、考えない時もあるので
仕事していてよかったな。と思います。

おそらく仕事をしていなくて、ずっと家にいる生活だったとしたら
きっと泣いてばかりいたと思います。

あまりにもびったんの存在が大きくて。
私の子どもであり、妹のような存在でしたから。

いつも一緒に寝ていたので、夜は泣いてばかりいました。

びったんがいた時は、寝相はよかったのに、
今はちょっと寝相が悪いみたいです

前からだよ。 )って言ってるかもね




先週末、お世話になった動物病院に ご挨拶に行ってきました。

最初は大丈夫だと思っていたのですが、病院で待ってる間に

思い出してしまって泣いてしまいました。

院長先生もわかってくれ、「つらいでしょう。」と声をかけてくれました。

院長先生も別れを経験されていて、泣いてばかりいたそうです。

「いっぱい泣いた方がいいよ。私の時は、もう乗り越えないと決めて 

 泣くことにしたから。2年くらいかかったかなぁ。」

「人前では、あんまり泣けないけどね。でも泣いた方が すっきりするよ。」と

話してくれました。


そんな院長先生は、またワンちゃんを飼っています。

私も縁があれば、また迎えるのかな・・・?

まだ先の事は わかりませんが。

「もしもまたご縁がありましたら、宜しくお願いします。」と伝えました。



びったんにお線香をあげながら、こう思うのです。

( 早く生まれ変わって ママちゃんのところに 戻っておいで。)





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご報告

2017-06-25 02:30:00 | 犬のこと
しばらく、ブログをお休みしておりましたが、

ご報告があります。


6月5日(月) 午前2時30分頃

びったんが、虹の橋に旅立ちました。

15歳でした。



いまだに信じられない気持ちです。

もっと一緒にいたかった。

もっとしてあげられることが あったんじゃないかと思うと

悲しくなります。



友人が教えてくれた「虹の橋」 私は知りませんでした。

これを読んで、びったんもきっと・・・。と思うと

少しだけ落ち着きました。



*********************「 虹の橋 」**************************

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加