大海原を漂っていることに気付いた私の心模様

娘の心身症をきっかけに自分が精神的虐待を受けてきたらしいことに気付かされました。親と接触を断ち変化が現れたように思います

精神専門訪問看護、なの??

2017年04月18日 03時11分45秒 | 日記
愚痴です。


病院から紹介された訪問看護。
始めは良かった。
優しい理解のある方々。
所長のベテランの方は安心して接していられた。

でも大変なのか代わりが早い。慣れたら来なくなってしまい、落ち着かない。

やがて体制が変わって地域が分かれてしまい、馴染みの方々と離れてしまうことから不安になり、同じ方しか来てもらえなくなった。

今来てもらっている方は体制が変わる頃入って来た方でまあ馴染みがあるので来てもらっているのだが、今回の事ではびっくりさせられた。
知識のなさというか、一般の看護と精神の看護を同じに考えている!

作業療法に行くようになったため、時間の指定をするようになった。
同じ方しか来てもらえないため、施設側の負担としては大きいのだろうけど。

時間の変更をかけておいて、結局作業療法に行かなかった時のこと。
それも、焦燥感から切羽詰まって通っていた、ちょっと危なかった状態だった。私は動けることを喜んでいた‥でも作業療法の方から先生に相談されて入院して少し休むことになった。3,4日入院して退院して、経緯も説明して、でももしかして行くかもしれないから時間を変更してもらった。
が、脳の機能も落ちている事から行かない事になった。

その方、「行かなかったの?気が変わったの?」と言ったのだそうです。娘は責められたように感じました。
これは一般の方の反応なんです。
病院の対応は、ゆっくり休もうねとか、退院したばかりだからねとか、そういう感じ。

時間変更しているにもかかわらず行かなかったのか、ということなんだと思いました。

同じ事、鬱の方に言ったらもっと大変なのでは?
先生に話したところ、お母さんから話してもらおうね、となりました。

言いにくいけれど、やんわりと、こちらも心苦しいから時間は施設の言う通りでいいから娘を責めないでほしい事、焦燥感から切羽詰まって行っていた事、今は脳の機能が落ちているから、変更してもらったけれど行くのは無理だったことを伝えたのですが‥
返事が噛み合わない。

仕方ない、どういう意図で言ったのかを問わなければなりません。また同じような事があると困るので。

すると、「作業療法に行く事に重点を置いているようなので、どうしたら行けるか考える必要がある」と返って来た!

だから、説明したでしょう?切羽詰まって焦燥感だった、と。だから入院して来たんでしょう?本当に精神専門なのか💢
と、怒りと不安を覚え。

それを押さえつつ返信。
そちらは精神専門の訪問看護ですよね。それは一般の方向きで精神患者向きではないように思う。娘は責められたように感じた。鬱の方に同じ事言ったらもっと大変なのでは?何か始めたくなってもそれが焦燥感からであればよろしくないこと。笑うことをバロメーターにしないでほしい、気を使わせないでほしい。
とハッキリ伝えたところ何とか解ってもらえたようです‥

こっちは平日は仕事で、だからこそ来てもらっているのに、ただの話し相手じゃないんだよ!だから娘が気を使って、もてなさなきゃいけないような気になるんだろうが!辛い話しすると嫌そうだから話せなくて無理しなきゃいけないんだろうが!と怒りが。前の方だったらそんな事ないのに。

娘が言わなかったから今までわからなかった。言えるようになったのは進歩です。

私自身の認識も新たにしました。
注意して見て行かないとならないなと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絵本 | トップ | ありがとうぼぼさん‥ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む