性生活を楽しめる最新精力剤談論

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女6種類の不良習慣月経はいつも遅刻する

2014-09-02 15:16:17 | 日記

女6種類の不良習慣月経はいつも遅刻する

1.正常な月経が遅らせる:もしが妊娠し、まずは月経停止.月経が来る日まで、潮ができないことが多い、しかも小便の回数が増えて、食欲を変える、嘔吐、吐き気など.このような場合には発生、性交の後、妊娠検査薬、血清検査、超音波スキャン検査はすぐ確定が妊娠試験陽性.

2 .内分泌異常:臨床で最も多いのは多い袋の卵巢症候群のであれば、肥満、多毛、にきび、不妊などは、検査の内分泌の見て、いったん異常を発見は、媚薬できるだけ早く治療;卵巢機能にもつながる月経が遅らせる早老.

3 .慢性疾患:慢性消費性の病気、よく栄養不足による月経が遅れて、ありふれた有慢性肝炎、肺結核、腫瘍、甲状腺機能低下症、深刻な鉄欠乏性貧血、再生障害性貧血など、しばしば月経が遅らせる.

4 .過度のダイエット:現実生活の中で、たくさんの女性の体重をコントロールするために、いくつかのダイエット薬服用あるいは過度なダイエットが起き、月経が遅らせる.この場合、もし時間が短くても自然に正常な月経週期が、時間が長者は、しばしば薬を調理侧に正常な月経週期.

 

5 .精神の要素:もし突然現れる精神過度に緊張して、悲憤、憂え悲しんで、怒って、失恋などの異常による情緒は、月経が遅らせる.このような情況の下で、よく乳房は膨れてかわいがって、むしゃくしゃして、気がふさぎにくい.このような場合、内分泌の治療が必要で、しかし時には月経がずっと遅らせて、漢方薬を飲み未来調理を行う.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

媚薬は、催淫剤といって、催情、強化的能力

2014-09-02 14:55:40 | 日記

 媚薬は、催淫剤といって、催情、強化的能力(を含む)、一定量の性ホルモンなど、プロピオン酸、絨毛性ゴナドトロピン、hCG、メチルテストステロン、ベ ンゼンプロピオ酸ノサウルスなど。セックスレスの治療に用い、不法な割り前のツールとして事を投薬する、長期服用はその心血管健康から一定の副作用。中国 の古典文学「金瓶梅』では、この胡僧に「媚薬 を求めます」。最後にこのためしすぎて、精液を出し切って死ぬ。資料によると証明?服「媚薬」の両親を懐胎した胎児が一員や畸型の可能性。「媚薬」はないかの薬、でも決しては気軽に噛む噛むガム。それは一種の特別な薬品、健康な人の千万惑わされない。
「媚薬」を信じないで、それはすでに失われていました
西班牙蒼蝿水媚薬(女性用精力剤)は今人気の昆虫系強力催淫媚薬の液体タイプ。性行為に冷淡な女性に効果を発揮します。服用後30分間後に効果がでて、セックスを求めるようになります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加