性生活を楽しめる最新精力剤談論

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女性性感マッサージ

2014-08-18 15:18:37 | 日記

最近、みさとは後期試験のストレスが溜まって疲れやすくなりオナニーしてもイケない状態に陥っていました。そんなある日、ヘアーサロンで女性雑誌を読んでいると性感エステというお店があることを知り、さっそくエステに通い始めま した。
「今日はよろしくお願いします、60分ですね」
と ベッドにうつ伏せ寝たみさとの腕から脚にかけてアロマオイルでゆっくりとマッサージし始め、背中をゆっくりと撫で始めました。アロマの香りにうっとりとし て気持ちよくてうつらうつらしだした頃、お姉さんに誘導され仰向けになったかと思うと、そーっとショーツを脱がされました。少し戸惑ったのですが身を 任せて何も言わないでいると
「もっと気持ち良くなるからそのまま身を任せててね」
 と言われ、ショーツを取られて全裸にされました。お姉 さんはしばらくみさとの裸姿を見てから、微笑を浮かべながら胸から下半身にかけて順番にキスしだしました。乳首にキスされた瞬間、好奇心とドキドキ感に負 けてみさとは身を任せる覚悟をしてしまいました。お姉さんの舌先はとてもゆっくり身体のラインをなぞりました。首筋から肩にかけてゆっくりなぞり、胸の周 りをペロペロと子猫のように舐め回します。
 この時点で、もう気持ち良過ぎて思わず恥ずかしい声が
「あーん・・・」
 と漏れてし まいました。声は出さないように息を少し漏らしてるとお姉さんは焦らすように胸以外を舐めてきました。舌先はみさとの脇の下から下半身に流れるように、股 間に入り込み、割目とアナルに。もう我慢出来ないぐらい感じてき てしまって、とうとうベッドの上でよつんばいにされてバックから乳首を両手で 揉まれながらお○んことアナルをペロペロと舐めあげられて・・・
「んっ!!はぁ・・・、ん・・・あーん・・・」
 と思わず我慢出来ずに声が漏れてしまいました。それを見透かしたかのようにお姉さんはアロマオイルをたらーっとアナルに垂らして割目をじらすように触り 、
「みさとさん、もう、こんなに濡れてるじゃないの。びしょびしょよ・・・」
 と全裸のまま両足を左右目いっぱいにM字開脚しました。そして割れ目を両手で広げるとじーっと見ています。
「あーん、恥ずかしい・・」
「ほら、向こうの鏡にぱっくり開いたお○んこが映っているわよ・・」
 と耳元で言葉責めされると恥ずかしさで一層股間が濡れてくるのを感じました 。
「やぁーん・・・見ないでぇ、我慢出来ないのぉ・・・」
 みさとのあそこはビクーンと痺れて、いっきに熱くなりました。
「可愛い、綺麗なお○んこね・・・ペロペロ、ヌチュヌチュヌチュ・・」
「あっ!はぁっや・・・やだ・・・もう・・・あーん・・・」
 感じ過ぎて頭が真っ白になるほどのクンニでした。お姉さんは優しく割れ目をなぞりクリトリスにキスをします。キスをされて吸われた瞬間
「もうダメ・・・あ!!・・あんあんあんあん・・・・ぁぁぁぁぁぁ・・・」
 と、イッテしまいました。
 お姉さんはその後もクリトリスをしつこく舐め続け、みさとはもう放心状態。 何回イッたか分からないくらい感じて。もう感覚がなくなって来たクリトリスに最後はピンクローターを強にして押しつけられ、絶頂に達しお姉さんとの60分が 終わりました。
 帰りに電話番号を渡され、
「次は私の家にいらっしゃい、一晩中ずっと舐めてあげるから・・・」
 と言われました。ノーマルだったのですが気持ち良過ぎて癖になってしまい、 それ以来、オナニーの快感が自然に戻ってきました。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の見た目の第一印象は | トップ | あやなは、いつも寂しかった ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。