性生活を楽しめる最新精力剤談論

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女6種類の不良習慣月経はいつも遅刻する

2014-09-02 15:16:17 | 日記

女6種類の不良習慣月経はいつも遅刻する

1.正常な月経が遅らせる:もしが妊娠し、まずは月経停止.月経が来る日まで、潮ができないことが多い、しかも小便の回数が増えて、食欲を変える、嘔吐、吐き気など.このような場合には発生、性交の後、妊娠検査薬、血清検査、超音波スキャン検査はすぐ確定が妊娠試験陽性.

2 .内分泌異常:臨床で最も多いのは多い袋の卵巢症候群のであれば、肥満、多毛、にきび、不妊などは、検査の内分泌の見て、いったん異常を発見は、媚薬できるだけ早く治療;卵巢機能にもつながる月経が遅らせる早老.

3 .慢性疾患:慢性消費性の病気、よく栄養不足による月経が遅れて、ありふれた有慢性肝炎、肺結核、腫瘍、甲状腺機能低下症、深刻な鉄欠乏性貧血、再生障害性貧血など、しばしば月経が遅らせる.

4 .過度のダイエット:現実生活の中で、たくさんの女性の体重をコントロールするために、いくつかのダイエット薬服用あるいは過度なダイエットが起き、月経が遅らせる.この場合、もし時間が短くても自然に正常な月経週期が、時間が長者は、しばしば薬を調理侧に正常な月経週期.

 

5 .精神の要素:もし突然現れる精神過度に緊張して、悲憤、憂え悲しんで、怒って、失恋などの異常による情緒は、月経が遅らせる.このような情況の下で、よく乳房は膨れてかわいがって、むしゃくしゃして、気がふさぎにくい.このような場合、内分泌の治療が必要で、しかし時には月経がずっと遅らせて、漢方薬を飲み未来調理を行う.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

媚薬は、催淫剤といって、催情、強化的能力

2014-09-02 14:55:40 | 日記

 媚薬は、催淫剤といって、催情、強化的能力(を含む)、一定量の性ホルモンなど、プロピオン酸、絨毛性ゴナドトロピン、hCG、メチルテストステロン、ベ ンゼンプロピオ酸ノサウルスなど。セックスレスの治療に用い、不法な割り前のツールとして事を投薬する、長期服用はその心血管健康から一定の副作用。中国 の古典文学「金瓶梅』では、この胡僧に「媚薬 を求めます」。最後にこのためしすぎて、精液を出し切って死ぬ。資料によると証明?服「媚薬」の両親を懐胎した胎児が一員や畸型の可能性。「媚薬」はないかの薬、でも決しては気軽に噛む噛むガム。それは一種の特別な薬品、健康な人の千万惑わされない。
「媚薬」を信じないで、それはすでに失われていました
西班牙蒼蝿水媚薬(女性用精力剤)は今人気の昆虫系強力催淫媚薬の液体タイプ。性行為に冷淡な女性に効果を発揮します。服用後30分間後に効果がでて、セックスを求めるようになります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖君に取られたくなかったんだもん!

2014-08-21 17:27:56 | 日記

「だって、聖君に取られたくなかったんだもん!」 「え?」 「お姉ちゃんを取られたくなかったんだもん」 「なんだ、そっち?」  聖君がそれを聞いて、一瞬目を丸くしてから、くすって笑った。 「だって、杏樹ちゃんにも取られちゃうかと思ったんだもん。お姉ちゃん、聖君の家に行っちゃったら、私、寂しいもん。お姉ちゃんのこと大好きなんだもん」 「……」  母も私も目が点になった。でも、聖君だけはひまわりを、優しく見ていた。 「だから、お姉ちゃんから聖君を離していたの。もし二人が一緒にいたら、私も間に入って、お姉ちゃんが遠くに行かないようにしてたの」 「ひ、ひまわり、あんたって子は」  母は涙を流していた。 「でも、私、聖君も好き。だから、お姉ちゃんをあげないなんて、言えなかったんだもん」 「ひまわり〜〜」レビトラ  私も限界だ。涙がぼろぼろ流れた。ひまわりを抱きしめ、一緒に泣き出してしまった。 「もう、あんたたちって、本当に」  母もやってきて、私たちを一緒にぎゅって抱きしめてくれた。 「やべ、もらい泣き」  聖君の小さなつぶやきが聞こえた。でも、3人でおいおい泣いていて、聖君の泣いてる姿は見ることができなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お姉ちゃん、ずるいんだもん

2014-08-21 17:04:58 | 日記

 「だって…」
「だって何?」
「お姉ちゃん、ずるいんだもん」
「何が?」
 ひまわりは半べそをかいていた。母はそんなひまわりに、きつく聞いた。
「おばあちゃんも、おじいちゃんも、いつもお姉ちゃんを可愛がるの。いくら、私が寄っていっても、お姉ちゃんのことばかりを気にかけるの。お母さんも、お父さんだって!」
 そんなふうに思っていたの?
「それはね、桃子はいっつも、自分の気持ちを言わないし、欲しがらないし、だから、こっちから聞かないとならなかったのよ」
「え?」
 母の言う言葉にも驚いた。
「あんたは、自分から甘えられるし、今だって、聖君にどんどんわがまま言えるじゃない。桃子は言えないの。言いたくても黙って、我慢するから、こっちから聞かないとならないの」
 そうか。ものすごく私はみんなの気を使わせていたんだ。
 グ…。泣きそうになった。でも、ひまわりも泣くのをこらえてるんだもん。私がここで泣いたら…。
「じゃあ、お姉ちゃんも言えばいいじゃん!欲しいなら欲しい。渡したくないなら渡したくないって!聖君のことだって、言えばいいじゃん。私が邪魔ならそうはっきりと!」
 いきなりひまわりは、私に向かってそう言ってきた。
「周りがどうにかしてくれるとか、わかってくれるとか、そんなふうにしてるのがずるい!そうやって、結局はみんなお姉ちゃんの方を気遣ってる!」
 あ、これ、麦さんにも言われた。
 自分から言わないと。前に葉君にも言われた。
「卑怯だよ。私は欲しいなら欲しいって言う。正直に言ってるだけだよ。なのに私ばっかりわがままって言われちゃうなんて!」
 ズキン…。媚薬
「ひまわりちゃん」
 聖君が、すごく優しい声で話しかけた。
「え?」
 ひまわりは、今にも泣きそうな顔をして、聖君を見た。
「桃子ちゃん、自分が失いたくないものは、ちゃんと言うよ?」
「え?」
「自分が大事なものは、わかってて、それは本当に守ろうとする。たとえば、ここで、俺がひまわりちゃんとすんげえ仲良くなって、ひまわりちゃんが、俺のことをもらうねって言ったら…」
 聖君が私を見た。私は思い切り、横に首を振った。そんなの絶対に嫌だ。
「きっと、ひまわりちゃんにきちんと、言うと思うよ」
「……」
 ひまわりは私を見た。
「だけど、もしひまわりちゃんがね、何かで苦しんだり、辛い思いをしていたら、桃子ちゃんは、ひまわりちゃんのために、頑張ると思うよ」
「え?」
「桃子ちゃんって、自分が大事なもののためなら、すごい力出すからさ」
「……」
「ピアノより、ひまわりちゃんの思いを大事にしたんだよね?」
 聖君は私に聞いてきた。ああ、びっくりだ。聖君、なんでわかるの。私はコクンとうなづいた。
「あの時、ひまわりが本当に、ピアノ、弾きたがってたから…」
 声を詰まらせて、私はそう言った。
「自転車は?」
 母が横から聞いてきた。
「私、自転車に乗るの、苦手だったし、ひまわりにちょっと貸したら、すぐに乗れるようになって、すごく楽しそうだったから、ひまわりが乗ったほうがいいと思って」
「ええ?そんな理由なの?」
 母が驚いた。
「じゃあ、我慢したわけじゃないの?」
「多少、我慢することもあったけど、でも、ひまわりが喜ぶ笑顔好きだったから」
「…あんたって子は」
 母が目を細めて私を見た。
「うわ〜〜〜ん」
 ひまわりが突然、泣き出した。
「ごめん、ごめんね。お姉ちゃん。だって、だって、ヒック」
 すごい号泣だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

邪魔とか、迷惑とか言ってないよ

2014-08-21 16:54:44 | 日記

聖君は黙り込んだ。でも、またひまわりのことをしっかりと見て、
「邪魔とか、迷惑とか言ってないよ。ただ、俺は桃子ちゃんの旦那なの。桃子ちゃんのパートナーなの。ひまわりちゃんのそばにいるのは、俺じゃなくって彼氏のほうでしょ?って言ってるんだ」
と、冷静に言った。
 旦那!パートナー!うわ。なんだか、聞いてて顔が…。
「桃子ちゃんもさ、赤くなってないでしっかりと聞いてね」
「え?う、うん」
 わ〜〜。今の聖君、かなり本気モード。それを聞いて、ひまわりの顔つきが変わった。
「ごめんなさい」
 ひまわりがいきなり、謝った。
「え?」
 私はびっくりしてしまった。
「お姉ちゃんが羨ましかったんだ。だって、こんなに素敵な人と結婚して、大事にされてるから。だから、同じくらい、大事にされたいって思って」
「俺から?彼氏からそう思われたいってならないの?」
「…」
「ひまわりはね、そういうところがあるのよ」
 客間から、母が話を聞いていたようで、現れた。
「え?そういうところって?」
 聖君が聞いた。
「桃子のものを欲しがるの」
「…え?」
 聖君はちょっと驚いていた。
「きっと、今までそうやって、なんでも手に入れちゃったのよね。桃子、いっつもひまわりが欲しがると、自分は我慢して、ひまわりにあげていたから」
「…」
 聖君は私を見た。
「甘やかして、育てちゃったかな」
 母がそう言って、ため息をついた。
「そ、そんな、私、お姉ちゃんのものなんて欲しがってない」
「そう?自転車は?ピアノは?ピアノを習いだしたのは桃子なのに、あんたが欲しがったから、桃子、譲ってピアノもやめたじゃない」
「だって、お姉ちゃん、もういらないよって言ったから」
「あんたが欲しがったからよ」
 母はそう言うと、リビングのソファーに座った。
「それから、幹男君もでしょ?桃子と仲良くしてて、あんたやきもち妬いて、やたらと幹男君の気を引こうとしてたじゃない。今の聖君みたいに」
「そ、そんなことない。私だって、幹男君が大好きで、幹男君も可愛がってくれたんだもん」
「でも、あんたはすぐに、他のものがよくなるのよね」
「え?」
「本当に欲しいものじゃないから、すぐに他のものに目移りするの。ピアノも3ヶ月でやめた。自転車も、どこかになくしてきた」
「…」
 ひまわりは泣きそうだった。
「もう、本当に自分が欲しいものや、好きなものを見つけなさいよ」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加