Good News

その日の説教で語られる福音を、ショートメッセージにしました。毎週更新の予定です。

5月14日のGood News

2017年05月14日 | Good News
「その道を知る」(ヨハネによる福音書14章1〜14節)

イエスさまが十字架にかかる前に弟子たちに話された最後の説教です。イエスさまは、「心を騒がせるな。神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい」と話し始められました。それは、弟子たちが動揺していたからです。今やはっきりとご自分の受難ついて語られたイエスさまを見て弟子たちが動揺したのは、当然のことです。誰しも自分の愛する人が突然別れを告げ、目の前からいなくなってしまったら、心がざわざわと騒ぎ、どうしたら良いか分からなくなってしまうでしょう。弟子たちにとって、イエスさまは誰よりも愛するお方でした。なぜなら、何のとりえもなかった彼らをイエスさまはこよなく愛され、「わたしについて来なさい」と声をかけてくださったからです。弟子たちは、このお方こそ、まことの愛と真理と命に満ちた方だ!と信じて、今まで従ってきたのでした。

動揺する弟子たちを前にして、イエスさまは話しを続けられます。「わたしがどこへ行くのか、その道をあなたがたは知っている。」イエスさまがこれから歩まれる道について、弟子たちは確かに聞かされましたが、認めたくはありません。イエスさまには、離れることなく、ずっとそばにいて欲しいからです。それで、弟子の一人であるトマスが正直にその思いを吐露しました。「主よ、どこへ行かれるのか、わたしたちには分かりません。どうして、その道を知ることができるでしょうか」と。本当は、弟子たちには分かっていたのです。イエスさまがこれから歩まれる道を−人々の罪のあがないのためにイエスさまが担って歩まれる十字架の道を。でも、その道をイエスさまには歩いて欲しくなかった…。

そんな弟子たちに、イエスさまはとうとうはっきりと言われました。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」。イエスさまがこれから歩まれる道こそが、父なる神に至る唯一の道。その道は、確かに平坦で歩きやすい道ではありません。その道の途上で、イエスさまは茨をかぶせられ、石を投げつけられ、ついには十字架に架けられることになるからです。しかし、イエスさまがその道を歩み通されることによって初めて、人々に真の救いと、赦しと、永遠の命が与えられる!だから、イエスさまはその道を歩むことにされたのです。試練と受難に満ちた十字架の道を−やがて、復活へと繋がるその道を。

私たちは、イエスさまを通してその道を知らされました。ですから、私たちもまたその道を歩くことができます。それは、何も難しいことではありません。なぜなら、イエスさまによってその道は既に開かれているのですから。「主イエスの道を 歩こう まっすぐに。真理の道を 歩こう 迷わずに。主イエスは道です 真理です 命です。命の道を 歩こう 終わりまで。」<こどもさんびか120番> 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月7日のGood News | トップ | 5月21日のGood News »