goo

『 良い木にする神の力 』(2017年6月25日・礼拝説教より抜粋)

 今日私は、イエス・キリストを信じることがどれほど重要なことか、どれほど大切なことなのか、その事だけを強調して、皆さんにお伝えしたいと願っています。私たちが地上で生きている間にできることで、イエス・キリストを信じることよりも大切なことは、何もありません。人間は地上で生きている間、色々なことをしていますけども、イエス・キリストを信じること以上に重要なことは、何もないのです。それは、善いこととか悪いこととか、そういう一般的な、倫理道徳の問題ではないのです。救われるのか、滅びるのか、永遠の生命を得るのか、永遠の生命を失うのか、そういう“命にかかわる”問題なのです。人は、地上での生命に関わることであるならば、誰でもその話を熱心に聞きます。最近の話でしたら、ヒアリが出たとか、シートベルトはするべきだとか、そういう話は人は注意してちゃんと聞きます。「そんな話はどうでもいい」とは、誰も言わないでしょう。しかしながら、永遠の生命に関わることになると、それは信仰に関係することなので、人は、同じようには注意を向けません。けれども、もしも、もしも、聖書に書いてあることが真理であり、本当のことであるとしたら、地上に生きている間に為すべきことで、イエス・キリストを信じることよりも大切なことは、何もない、ということになるのです。今日はその事だけを、聖書の言葉を通して、ご一緒に見て参りたいと思います。(全文はこちら)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 『 来て飲みな... 『 休ませてあ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。