仙人をめざして

2011年1月新装 第3部……「パン屋の気持ち」及び 第2部「疾風伝」は2010年12月26日で閉幕

2017年12月08日 | Weblog

 コーヒーの粉を 撒き散らしてしまった。   つい最近 数日後に立て続けに、手に持っていた小皿を トースターにぶつけて 落として割ってしまったばかりだ。

何でもないことが うまく出来なくなったせいか、ではなくて 歳とってますます 慌てものの性分が強まったのか、どちらにせよ 加齢のせいだと思う。  哀しいね。

 そんな折、こんな記事読むと、 馬鹿馬鹿しくなって、「まだ、俺のほうがまし。」と 思いたくなる。

 

【公務員とゴルフ 解禁に前向き】   林文科相は、公務員が利害関係者とのゴルフを禁じられていることについて、「スポーツ振興の観点から検討すべき課題だ」と、解禁に前向きな姿勢を示した。

【エルサレム首都認定で米国に配慮】

政府、懸念と評価、いずれも言及

 河野太郎外相は7日午後、エルサレムをイスラエルの首都に正式認定したトランプ米大統領の発表について「中東全体の情勢が悪化し、中東和平を巡る状況が厳しさを増す懸念がある」と指摘した。同時に、発表内容には評価できる点もあると強調した。外務省で記者団に語った。 ドイツや英国など先進7カ国(G7)から不支持の声が上がる中、北朝鮮をにらみ強固な日米同盟の維持を優先する立場から、米国に一定程度配慮した形だ。一方、イスラエルとパレスチナ双方と良好な関係を築き、中東地域での存在感を高める思惑もあるだけに、トランプ氏の中東政策に神経をとがらせている。

【「内々に処理するつもりだったが、ネット掲示板の書き込みがあったので公表することに」――経団連会長の出身企業・東レの正直すぎるカミングアウトに注目が集まっている。】

 

定年後の高齢者などの「学び直し」に5,000億。この金があれば国立大ぜんぶ無償化してもお釣り来る。大学の学費は昭和50年から15倍。多額の借金で若者が大学に通う中、今の若者の7%以下の学費でも学ばなかった高齢者が現役世代の負担で学び直し。ああ、この国滅びるんだな。

 

 

 

 

 

年賀状を書き始めた。これも 少々 迷い始めている。 もう、あまりにも遠くなった会社勤め時代の人たちには 出さないほうが 本当は親切ではないのか? いいや、どんどん増やしていくことが 疎遠になった方たちへにも 喜んでいただけるんだから、と。

 どうなんだろうか・・・・・。

 

 

そういうことから言えば、彼女なんて 好いや、素敵です。***************                         

     引退の宮里藍さん「無職楽しんでいる」

 9月に現役を引退した女子ゴルフの宮里藍さんが7日、千葉県成田市で行われたイベントの後に記者会見し、「期間限定の無職を楽しんでいる」と現在の心境などを語った。

 引退後はほとんどクラブを握らず、「何もしない時間が新鮮に感じられた」という。今後の活動は未定で、日本ゴルフ協会が就任要請を決めている2020年東京五輪の日本代表コーチについても「光栄だがスキルがないので慎重に考えたい」と消極的だ。

 「自分の方向性を決める方が先だが、その辺が難しい」と、10代からゴルフ一筋に歩んできた32歳。次の一歩を決めるには、もう少し時間がかかりそうだ。

2017年12月08日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
«  | トップ | 映画『否定と肯定』予告 »

コメントを投稿