仙人をめざして

2011年1月新装 第3部……「パン屋の気持ち」及び 第2部「疾風伝」は2010年12月26日で閉幕

望みは何かと訊かれたら 君がこの星に居てくれることだ

2017年05月16日 | Weblog

荒野より
中島みゆき  

望みは何かと訊かれたら 君がこの星に居てくれることだ
力は何かと訊かれたら 君を想えば立ち直れることだ

僕は走っているだろう 君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう 君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ 僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ 後悔など何もない

朝陽の昇らぬ日は来ても 君の声を疑う日はないだろう
誓いは嵐にちぎれても 君の声を忘れる日はないだろう

僕は歌っているだろう 君と歌っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は生きているだろう 君と生きているだろう
あいだにどんな時が流れても

荒野より君に告ぐ 僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ 後悔など何もない

僕は走っているだろう 君と走っているだろう
あいだにどんな距離があっても
僕は笑っているだろう 君と笑っているだろう
あいだにどんな時が流れても

 

荒野より君に告ぐ 僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ 後悔など何もない
荒野より君に告ぐ 僕の為に立ち停まるな
荒野より君を呼ぶ 後悔など何もない

 

 

三日月     絢香

ずっと一緒にいた 二人で歩いた一本道
二つに分かれて 別々の方歩いてく

寂しさで溢れたこの胸かかえて
今にも泣き出しそうな空見上げて
あなたを想った・・・

君がいない夜だって
そうno more cry もう泣かないよ
がんばっているからねって 強くなるからねって
君も見ているだろう
この消えそうな三日月
つながっているからねって 愛してるからねって

冷えきった手を 一人で温める日々
君の温もり 恋しくて恋しくて

どれだけ電話で 「好き」 と言われたって
君によりかかる事はできない
涙をぬぐった・・・

君がいない夜だって
そうno more cry もう泣かないよ
がんばっているからねって 強くなるからねって

今度いつ会えるんだろう それまでの電池は
抱きしめながら言った あなたの 「愛してる」 の一言

君がいない夜だって
そうno more cry もう泣かないよ
がんばっているからねって 強くなるからねって
君も見ているだろう
この消えそうな三日月
つながっているからねって 愛してるからねって

三日月に手をのばした 君に届けこの想い

 

全部だきしめて    吉田拓郎


きみの全てをぼくの自由にしたくて
ずっと大切にしていた訳じゃない
だから 何も 信じられなくなっても
ぼくを試したりしなくていいんだよ

いいさ!落ち込んで誰かを傷つけたいなら
迷うことなく ぼくを選べばいい
寂しさの嵐の後で きみの笑顔を探してあげるよ

きみがいたから 勇気を覚えて
知らない場所も 目を瞑って走れた
きみのためにできることを  あれからずっと探してる

全部だきしめて  きみと歩いていこう
きみが泣くのなら  きみの涙まで
全部だきしめて  きみと歩いていこう 
きみが笑うなら  きみの笑顔まで

 


ひとりになるのは 誰だって恐いから
つまづいた夢に 罰を与えるけど
間抜けなことも 人生の一部だと
今日のおろかさを 笑い飛ばしたい

なにかを ひとつ失くした時に
人は知らずに なにかを手にする
きみのためにできることを  あれからずっと探してる


全部だきしめて  きみの近くにいよう
星になった歌も  過ぎた想い出も
全部だきしめて  きみの近くにいよう
きみが黙るなら  きみにささやいて

全部だきしめて  きみと歩いていこう
きみが泣くのなら  きみの涙まで
全部だきしめて  きみと歩いていこう
きみが笑うなら  きみの笑顔まで

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 産卵 | トップ | 山尾しおり 金田・法務大臣... »