仙人をめざして

2011年1月新装 第3部……「パン屋の気持ち」及び 第2部「疾風伝」は2010年12月26日で閉幕

誰かに 盗られるくらいなら 強く抱いて 君を壊したい

2017年08月13日 | Weblog

FBから転載

浅間の絵、10月下旬出品をめざし修整、前景を簡素化し 山肌を厳しく、大きく見せるようにしてみました。

     

 

「別れ」の詩を描く時に 聴きまくった名曲の最後のフレーズ、9曲並べてみました。

聴いて唸る歌は

 ⑦いい男  Uru かな、歌詞なら ③荒野より  中島みゆき でしょうね。

 お時間ある時に皆さんもぜひ、って書き込むことでもありませんが。 

みんな名曲ですよ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


①歓送の歌 小椋佳 「若いからじゃなくて 夢に挑むことで 僕達に別れはないという  心通えば」
②君がいないから 安全地帯「愛だけしかないそれしかないのに 君がいないから」
③荒野より  中島みゆき「荒野より君に告ぐ 僕の為に立ち停まるな  荒野より君を呼ぶ 後悔など何もない」
④三日月 絢香 「つながっているからねって 愛してるからねって 三日月に手をのばした 君に届けこの想い」
⑤やさしさで溢れるように 「どんなときも そばにいるよ  離れていても そばにいるよ」 
⑥君が思い出になる前に スピッツ「君が思い出になる前に もう一度笑ってみせて  冷たい風に吹かれながら 虹のように今日は逃げないで」
⑦いい男  Uru 「君はすごく素敵な人だから  絶対幸せになれよ 幸せになれよ」
⑧最後の雨  中西保志 「誰かに 盗られるくらいなら 強く抱いて 君を壊したい」
⑨最後の贈り物   中西保志「見守ることが   もう 最後の贈り物」

                                                               

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 詩作 ///// 惜別、歓送 | トップ | 蛍  Uru »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。