仙人をめざして

2011年1月新装 第3部……「パン屋の気持ち」及び 第2部「疾風伝」は2010年12月26日で閉幕

かりんとうまんじゅう・その2

2017年04月21日 | Weblog

 ただし、どういう訳か この赤城高原のものだけは、賞味期限が 数日後になっている。 他のは すべてが「翌日」だというのに・・・。 製法、添加物 等々によるものなのかは判らない。

 ところで、カリントウ饅頭 って 群馬の銘菓?らしくって、群馬のSAには必ず地元産のが置いてある。 なんで、群馬県なのだっていうことも この後調べてみるけれど、随分以前に  出掛けた先から群馬県内をドライブして帰ってくる途中、「そうだ、買って帰らなくっちゃ」と 道路に面した大きな和菓子屋さんに立ち寄った。 並んでるものの中に それらしいものはなくって、レジ近くにいた店主の奥さんと思われるご婦人(お婆さん)に 「あの~、カリントウ饅頭 ありませんか?」って聞いてみた。 彼女曰く「ああ、評判で売れているらしいんだけれどね、ウチじゃあね セガレが、あれは油を使うから ダメ、 和菓子じゃあないんだから って 造らないんですよ。」 とのこと。 そうか、和菓子じゃあないんだもんね、セガレ 偉いは、何となく。

 なんで 赤城高原のが 只今 一番、なのかというと 外を被るカリントウが 「ほぼカリントウそのもの」になっているからで 決して カリントウ味、カリントウ風 ってものじゃあないところ。

  さて、かりんとうまんじゅう その後は、やっぱり どら焼きか大福ですかね。そうだ、バームクーヘンも買ってあるんだよな。

     

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« かりんとうまんじゅう | トップ | これからが 正念場 »