日々の覚書

MFCオーナーのブログ

エレクトリック・ソウル・マン

2017年07月29日 20時27分32秒 | 音楽ネタ
随分前の話で申し訳ないが、元クリエイションのドラマーである樋口晶之が亡くなった。享年63歳。かねてから病気療養中だったそうな。慎んでご冥福をお祈り致します。

クリエイションと言っても、知らない人も多いだろう。1970年代から80年代にかけて活躍したバンドで、1969年に竹田和夫(ギター)を中心に結成されたブルース・クリエイションが母体。当初はブルース・バンドだったらしいが、1972年にクリエイションに改名すると、ブルースをベースにしたオーソドックスなハードロックを志向して、1975年に『クリエイション』、翌年にはクリームやマウンテンで有名なフェリックス・パパラルディと組んで『クリエイション・ウィズ・フェリックス・パパラルディ』、そして1977年にはプロレスのテリー・ファンクのテーマ曲として知られる「スピニング・トー・ホールド」を含む『ビュア・エレクトリック・ソウル』と、立て続けにアルバムを発表して、高い評価を得た。樋口晶之は1971年からバンドに参加。当時のクリエイションは、某ML誌の人気投票では、四人囃子、紫といったところと常にトップ争いをしていた人気バンドであり、そのせいか他の日本のロック・バンドにくらべると、FM等で耳にする機会も多く、僕も何曲か知ってて、割と好きだった。『クリエイション』収録の「ユー・ベター・ファインド・アウト」なんて、カッコ良かったなぁ。

それ以降の活動については、やや記憶が曖昧。70年代後半にフュージョン・ブームが到来すると、猫も杓子もフュージョンをやるようになってしまったが、クリエイションもというか竹田和夫も例外ではなく、フュージョン的方向に走って、ダイレクト・カッティングのレコードまで作っていたような気がする。ちなみに、一応これを読んでいる若い人たち(笑)の為に説明すると、ダイレクト・カッティングとは、レコードを作る際、テープ等に録音しないで、演奏しながらレコード盤に直接録音する方法で、テープ等を介さない為、音質がチョーハイクォリティ、というのが売り文句で、主にジャズ・フュージョン系の連中がやってたのではなかったかな。今となっては、このダイレクト・カッテイングにどういう意味があったのかが疑問だが(笑) 当時ダイレクト・カッティングで制作されたレコードって、CD化とかされたのかな? ダイレクトだから、マスター・テープなんてないだろうし、CD化は難しいというか、当時のレコード起こしでもない限り、無理という気がする。

閑話休題。

そういった活動を経て、いつの間にか、クリエイションはアイ高野がボーカルとして加入し、ツインドラム編成になっていた。音楽性もシティ・ポップ路線に変化した1981年、ついに「ロンリー・ハート」がヒットし、『ザ・ベストテン』にも出演した。この頃が全盛期という事になるのだろうか。この「ロンリー・ハート」って、ドラマの主題歌だったうな気がするのだが、違うかもしれない。そんなに良い曲とは思わなかったが、クリエイションがヒット曲を出したのは、素直に嬉しかった。ただ、この頃、樋口晶之がいたのかどうか、今イチ定かではない。

「ロンリー・ハート」のヒットからしばらくして、久々にクリエイションをテレビで見たら、ボーイズ・オン・ザ・ロックスと名乗っていた。どうも、バンド名を変えたらしい。という事は、その時点でクリエイションは消滅というか、発展的解消を遂げた事になるのか。

僕にとってクリエイションとは、70年代半ばに、分かりやすいハード・ロック(それも英語)をやっていた時期の印象が強く、ヒットは飛ばしたものの、「ロンリー・ハート」のクリエイションとは、やはり違うバンドである。竹田和夫のギターも日本人離れしたテクニックとセンスで、当時のロック少年たちを虜にしており、あの四人囃子と並んで、外国のロック・バンドに対抗出来る日本のバンドであった、と言えるだろう。あのフェリックス・パパラルディがクリエイションに惚れ込み、プロデュースを買って出たのも納得。ただ、パパラルディと組んだアルバムは、前後の作品と比べると、あまり出来は良くなかったのが、面白いと言えば面白い(笑)

前述したが、クリエイションの代表作と言ってもいい「スピニング・トー・ホールド」はプロレスラーのテーマに使われて有名になったが、この曲が収録されている『ピュア・エレクトリック・ソウル』には、「エレクトリック・ソウル・マン」という、実にベタで分かりやすいリフが印象的な曲も収録されており、当時、ギター小僧たちは一所懸命コピーしていた。僕もそう(爆) 笑うなかれ、ガキどもがコピーしたいと思うような曲こそが、後世に残る名曲なのだ(爆爆) 最近、耳にする機会はないけど(笑)

という訳で、いい機会なんで(笑)是非聴いて下さい。

エレクトリック・ソウル・マン

そういえば、今思い出したけど、中学生の頃、友人たちがバンドを結成し、団地の夏祭りで演奏した事があるが、その時「エレクトリック・ソウル・マン」もやってたなぁ(笑)

この頃(1970年代半ば)は日本のロックにとっては、まだまだ茨の時代で、多くのバンドが登場したものの、外国のバンドの猿真似と言われ、独自のオリジナリティを確立したバンドもいたけど、そのほとんどは売れず、一般的には無名の存在で、ほんと不遇を囲っていた。クリエイション、紫といったハード・ロック、ウェスト・ロード・ブルース・バンド、ソー・バッド・レビューといったブルース・ロック、四人囃子、コスモス・ファクトリー、ファー・イースト・ファミリー・バンドといったプログレ、めんたんぴん、アイドルワイルド・サウスといったサザン・ロック、とちょっと思いつくだけでも多士済々、色々なバンドが活動してて、なかなかに凄い事をやってたような気がする。当時、もっとこういった日本のバンドを聴く機会があったらなぁ、と今でも残念に思う。

余談だが、その頃のロック・バンドの大半は売れてるとは言い難い状況だった訳で、言っちゃ何だか生活は成り立っていたのだろうか? 四人囃子のメンバーは、その話題になると途端に口をつぐんでしまうそうだが、やっぱり苦労してたんだろうな。クリエイションなんて人気あった方だけど、アルバムはどれくらい売れたんだろう? 聞いた話だと、その頃の細野晴臣の『トロピカル・ダンディ』とか鈴木茂の『バンドワゴン』とかいったアルバムは、2万枚くらい売れて、採算は取れたらしいので、クリエイションだって、それくらい売れたのでは、なんて思ってしまうけど。というか、『バンドワゴン』が2万枚売れた、だなんて、物凄く意外(笑)

確か、1977年の春頃だったと思うが、文部省主催(!)のロック・コンサートが開かれ、テレビでも(たぶん、というか間違いなくNHK)放送されたのを見た記憶がある。出演は、クリエイション、チャー、カルメン・マキ&OZ、とあともう1バンドいたような気がするが、そこで初めて見たクリエイションは実にカッコ良かった。今と違って、なんのギミックも演出もない、ひたすら演奏するだけの、地味なステージではあったけど、でもカッコ良かった。あの頃のミュージシャンは、ステージではひたすら真摯だったな、と思う。

前述したクリエイションのアルバム、『クリエイション』と『ピュア・エレクトリック・ソウル』の2枚は、内容はもちろんのこと、ジャケットも印象的だ。裸の子供の写真を扱った物だが、今なら児童虐待とか言われて発禁処分だろうな(笑) もしかして、CD化されてないかも、と思ったが、無事CD化になってました(笑) しかも、ジャケットは当時のまま(笑)

クリエイション
ピュア・エレクトリック・ソウル

ジャケットについては、ちと載せづらいので、↑でご確認下さい^^;

そんなこんなで、古き良き時代(苦しい事もあったと思うけど)を知るミュージシャンが、また一人いなくなった。

話変わるが、この4月に亡くなったアラン・ホールズワースを、ファンが集まって追悼するイベントが、先日京都RAGで開催され、友人がゲスト出演するというのもあって、見に行ってきた。予想以上に素晴らしいライブだった。

   

せっかくなので、友人の写真を中心に(笑)

ホールズワースは亡くなってしまったが、その精神はこの日本でも確実に受け継がれ、継承されていくであろうと感じさせるイベントだった。出演者の皆さん、お疲れさまでした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドリカム・アレルギー | トップ | 女優たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。