カメは思ったより速く歩く。

趣味や日常について気の向くままに書いています♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山。

2017-07-23 13:36:00 | 日常
【山(やま)】
①陸地の表面が周辺の土地よりも高く盛り上がった所。日本では古来、草木が生い茂り、さまざまな恵みをもたらす場所としてとらえる。また、古くは神が住む神聖な地域として、信仰の対象や修行の場とされた。
②鉱山。鉱物資源を採掘するための施設。また、採掘業。
③高く盛り上がった状態を①になぞらえていう語。
④たくさん寄り集まっていることや多いことを①になぞらえていう語。
⑤進行する物事の中で、高まって頂点に達する部分を①にたとえていう語。
⑥できることの上限をいう語。精一杯。関の山。
⑦見込みの薄さや不確かさを、鉱脈を掘り当てるのが運まかせだったことにたとえていう語
⑧犯罪事件。主に警察やマスコミが用いる。
⑨《多く山中につくられたところから》陵墓。山陵。
⑩高くてゆるぎないもの。頼りとなる崇高なもの。
〈…以下省略…〉
★足を踏み入れる度にワクワクする場所。自然の恵みと厳しさがいつでも隣り合わせ。


……週末。
おもいがけなく森林浴に連れていってもらいました…♪

くねくねした山道はいつしか、車がやっと1台通れるくらいの砂利道になり、周辺は、360度、木、木、木……!
どんな場所に着くのか想像もつきません☆



挫けず焦らず進み続け、ひらけた道の先には……!



なんと!
小さなカフェが姿をあらわしました♪

↓テラス席



↓オブジェ



そして、目の前には森…♪
テラス席には、頭上にカエデの木が伸びていて、見上げると、瑞々しい緑色の光に癒されます♪



この日は風もなく、あぶちゃんがぶんぶん楽しそうに(!)していましたが、自然にまるごと包まれているような感覚は素晴らしいものでした♪

ランチをいただいてきましたが、お店のお母さんいわく、ケーキはすべて手作りだそうなので、皆さんも機会がありましたら♪

……それから『山』第2弾。



以前、雨追いで訪れたことのある、栗駒山の南東麓に再び♪

大好きなブナ林に囲まれた地に湧き出る湧水をいただいてきました♪

林に足を踏み入れた途端にヒグラシの鳴き声が一斉に耳をくすぐります!
(サラウンド感ばっちり…☆)

落葉や苔で覆われた柔らかい地面を踏みしめながら、ひたすらくだってゆきます。

ヒグラシの合唱。
湧水のせせらぎ。
頭上を覆うブナ林。
風にそよぐ葉擦れの音……。

自分は自然の中でとてもちっぽけな存在なのだと感じずにはいられません。

自然が持つ優しさと厳しさ…。

頭でっかちになってしまっている私たちに必要なのは、こんな懐の広い『あたたかさ』なのかもしれませんね…。

雨雲が近づいていたこの日。
おもいがけなく『山』を存分に満喫させてもらいました!

日常の些細なわだかまりも、不安も、まるっと吹き飛んでしまう安心感。

自然も、山も、大好きだ~っっっ!!!
……友人に感謝です♪
いつも、ありがとう♪

【ただいまのHUSTLER走行距離:9409km】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 図書館。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL