カメは思ったより速く歩く。

趣味や日常について気の向くままに書いています♪

フィルター。

2017-06-19 21:43:00 | 日常
【フィルター(ふぃるたー)】
①液体や気体の中の不要物を通過させない装置。濾過(ろか)器。濾過装置。
②色ガラスなどを用いて、ある波長の光だけを透過させる装置。写真撮影に用いる。濾光(ろこう)器。濾光板。
③電気通信機器で、ある周波数のものだけを通過させる装置。濾波(ろは)器。
④コンピューターで、ある特定の条件に合致したデータだけを出力するプログラムやサービス。
★本人がそれを認識しているかどうかは別として、物事を見聞きし、感じる時に、人がそれぞれ使用している独自の装置。


昨日お出掛けの帰りに出会った本に、はっとするような文章が載っていました。

かいつまんでお話しすると、
『私たちは自分の脳の神経回路を通じて世の中を見ており、いつも使う回路は非常につながりやすい』とのこと。

つまり、ネガティブな思考の持ち主はネガティブなものに眼がいきやすい。
たとえ同じ場所に素敵なものや人がいても…であります。

恐ろしいことに……目に入らないのだそうです。
どんなに近くにいても。
無意識とは恐ろしいものですね。

この年まで生かされていると、
『人は見たいようにものを見る』
ということには、なんとなく気づいてしまいます。

一度かけられたフィルターは容易に外されず、
『あの人はこんな人』『やっぱりあの人だ』
『こんなの難しいから出来ない』『いくらやっても無理』……。

書いていて、苦しくなってきてしまいますが、このようなステレオタイプに知らず知らずのうちに縛られてしまう方も少なくないと思います。

そのフィルターを通して見たものが、真実であるかどうかはわかりません。

物事にはあらゆる見方があり、
『どの方向から見ても、誰が見ても、文句無し!』
というものは、あまりないような気がします。

日々たまってゆくマンネリ状態に負けず、常に新鮮な空気を取り入れようとする姿勢…。

楽しみながらひとつの物事をこねたり、たたいたり、まるめたりしながら、創り出そう、産みだそうとする姿勢こそが、素敵な時間と空間を生み出すような気がしてなりません♪

さまざまな意見をかわし、最適を目指す姿勢を怠らず…!

そんな刺激と、楽しみのある職場を望む私は、ないものねだりなのでしょうか…。

【ただいまのHUSTLER走行距離:8618km】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰途。 | トップ | 遊び。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL