吹奏楽の冗談

主に吹奏楽とクラシックについて好き勝手、気ままに書き綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016年 吹奏楽コンクール 中・高

2016-10-24 23:59:40 | 日記
ちょっとチケットを譲って貰ったので全て聴きいてきました。
更新が遅れてしまい申し訳ありません。

某有名な作曲家や、某有名楽団の指揮者、課題曲の作曲者も(2番の方は見かけませんでしたが)いらしていましたね。

本当に演奏された中高生のみなさん頑張ったと思います。
中学では日進西中学校などは予想に反する結果でしたね。
音楽的には大変素晴らしかったのですが、どうも曲が地味な様で粗の方に耳が行ってしまった様です。中学の課題曲1ではダントツで良かったです。
イタリア奇想曲の作為的でない音楽性は大人顔負けの演奏だっただけに残念な結果となってしまいました。


高校は全体に金管の音色ががさつ、ピッチが気になった、それを恐れるあまり鳴らさないと言う学校は軒並み銀以下と言う印象でした。
例えば習志野なんかは特に後者の様に思いました。
前者の典型は名電ですかね。

全体に課題曲Ⅴは例年より簡単なせいか、細かな…例えばオーボエの16部がモタつくなどのズレがシビアに見られていたようであまり得点にはなっていないような気がします。

来週は大学・職業一般に行ってまいります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ピッチと音楽表現(1) | トップ | 間違った出版譜 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。