雲上の楽園通信

デジカメお伴にウオーキング! 【雲海・野鳥・野の花など】撮影して掲載 !

昨日朝の【雲海】風景など

2017年09月30日 | 雲  海 

 このところ日の出時間が日々遅くなって居る気が致します。
本日も戸外を見ると東部の空が明るくなりつつなります、昨日の朝は窓を開けると今季一番の気温が下がった印象でした、その為に南の霧も素敵になるかと期待をしましたが、当地からは一面の霧の広がる風景とはなりませんでした。
 撮影の終了時間が遅めとなったことから本日アップとなりました。お終いに路傍脇の蝶の姿を追加しました。
本日も南部は、薄い霧に覆われております。
 昨日は、鷹の渡りを撮影と頑張りましたが、その姿は撮影できず・・・予約をしておりましたマイカーの点検へと出掛けました。帰路の時間に当地に撮影のお越しの先輩がお帰りでした。我が家にて暫く鷹の渡りをチェックしましたが一羽も発見できずです。もうこの鷹の渡りの時期は、終わりへと近づいて居るのでしょうか! 本日も、お天気なので少しチェックをしたいと考えております。

 

 昨日の雲海風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

昨日(09/28)の朝と夕の風景とコサメビタキと金木犀

2017年09月29日 | 風物詩 (7~9月) 

 雨の予想でしたが、雨は何とかふらずでした。
朝には霧が舞って、夕方には少し夕焼けも見られました・・・野の花とか鷹の渡りをと・・・でも鷹は姿が見られませんでした。そこで目の前の桜の木の小枝のコサメビタキの横顔を少し撮影出来ましたので掲載です。
 今朝の南部方面には、霧が発生をしておリ撮影を開始しましたが素敵な分回風景とはなりそうにもありませんね。

 

 昨日朝の外界と夕方の風景から

 

 

 

 

 

次は金木犀の花です。
 キンモクセイ【金木犀】は、モクセイ科モクセイ属で、花言葉は【官能美・謙遜・真実・変わらぬ魅力】でした。また11月2日、10月6日、11月24日、10月7日生れの方の誕生花です。



 

 

 

 

 

 

次がコサメビタキです

 

 

 

 

コメント

モズの囀る横顔

2017年09月28日 | 野  鳥 

 例年よりも遅れてモズの鳴き声が聞こえました。

最初はモズの鳴き声は聞こえるもののその姿は竹藪などで全く確認できませんでした。翌日になって鷹の渡りを撮影のために出掛けた際にやっとその姿を遠くから撮影できました。次の日もことな他場所でモズを見かけて撮影です。その二日間のモズの横顔です。
 昨夜からの雨のために、本日は我が家でゆっくりとしなければならないようです。
南部は霧の影響で稜線など全く見えません!

 

モズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

鷹の渡りの雰囲気とイヌゴマ(犬胡麻)の花など

2017年09月27日 | 日々是好日 

 昨日は、鷹の渡りもそこそこ有りました、その近くの桜の小枝へはコサメビタキをも姿を見せました。
ところが私のカメラの設定が変化して居ることを失念して居たために、大半の画像が駄目となりました・・・その失敗は、撮影などのモードを固定していた筈なのでしたが、気がつくとモードを固定する際のプラグが携帯ケーブルに絡まって居たために、何とマニュアルモードになっていました・・・そのモードはマニュアルでした気が付くとこれでは、画像は真っ暗です。
 帰宅をしてそのことが判明しました、それまで撮影をしました画像はすべて削除となりました、我が家の玄関前に簡易ベッドを設置した鷹の渡りのチェック・・・その時に撮影をした雰囲気程度の画像です。

 更にこの鷹などの撮影前のウオーキング路に有りました野の花【イヌゴマ】を掲載としました。
このイヌゴマ【犬胡麻】は、チョロギダマシとも呼ばれると・・・シソ科イヌゴマ属の多年草でした。花言葉は【善良』です。欧州原産のハーブの仲間だと・・・ハーブらしき香りは致しますね。但し食用には、駄目と言うことからこの名前がつけられたとか!

 

 我が家の庭の簡易ベッドからの撮影の鷹の渡り、その次が犬胡麻の花です、やはり秋の気配です足元には茸も見られました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

路傍のヤブマメ【藪豆】等と空を舞う鷹

2017年09月26日 | 風物詩 (7~9月) 

 昨日は、霧が上昇をして鷹の撮影地点まで参りました。
遠くからお越しの方は、自宅を出発されてから霧の中をライトを点灯けてお越しだったとか・・・かなり時間が経過してのちに見通しが良くなりました。何時だろうと携帯電話・・・何と忘れていることに気付いて、帰宅をしました。
 我が家を出発してから路傍のヤブマメなどを撮影して撮影地点へ到着です。その間にたかが空を舞って撮影ができたと喜ばれておりました。
その後鷹が幾度となく西へ移動するために頭上でタカ柱が出来ました、多い時には50羽以上居たでしょうか! それらの鷹は、上手く撮影できずです、でも昨日撮影をしました鷹の片鱗をアップしますね。

 ヤブマメ【藪豆】について、ヤブマメ【藪豆】の花の開花も遅くて、ヤブマメは別の名をギンマメとも呼ばれているようで、マメ科ヤブマメ属の一年草です。蔓性ですから笹などに絡まっております。花言葉は【二股】でした。葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)で 葉には長い柄があります、笹とか小枝に絡まって伸びております。

 
鷹の勇姿とヤブマメ更に路傍の風景です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

昨夜の夕焼け・今朝の雲海・・・熟したアケビなど

2017年09月25日 | 風物詩 (7~9月) 

 今朝も雲一つない秋空を迎えました。
昨日とほぼ同様でしたが・・・楽しんでと鷹の渡りを撮影にと早めに出かけましたが・・・期待はずれでした。
そして夕方には、空の雲も久し振りに僅かですが夕焼けでした、今朝は、雲海でしたが撮影の時期には、南部の稜線も殆ど見られないほどに霧が上昇をしております。今後素敵な風景を期待しておりますが・・・難しそうですね。また素敵な風景が見られましたら紹介をしますが、難しそう!

 

昨日の夕焼けと今朝の霧の舞う風景を先に・・・その後我が家のミツバアケビの熟した果実・今作シュウカイドウ・お茶の花です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今朝(09/24)の雲海とヒガンバナのキアゲハ・・・

2017年09月24日 | 風物詩 (7~9月) 

 今年初めてかと思われる秋の風景の青空が広がっております。
とは言え、戸外は未だまだ暗い・・・そんな中、南部では一部が霧に覆われて来ております、気温が下がったために霧の色も幾分白さを増してきました。ヒガンバナのキアゲハをアップの予定でした。でもこの朝の【雲海】を撮影してからと・・・やはり、全体が雲海の風景とはなりませんでした。

 先ず、今朝の雲海の様子・・・次が昨日の朝のアオサギの飛翔とキアゲハの動きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

今朝の朝焼けとヒガンバナの花など

2017年09月23日 | 風物詩 (7~9月) 

 未だ開花しない場所のヒガンバナも多いですが、朝日の当たって輝くヒガンバナなどを撮影をしました。
その後に足元のチョウをも撮影です。それで本日の画像は、終わりかなと思っておりましたら朝焼けが見られましたので撮影です、午後からは雨模様で時折強く雨が落ちることも有りました。
 本日も南部の朝焼けを二枚ないし三枚を撮影してソフトで繋ぎ合わせました、その上でワイド画面へと変更しました。

 

先ず今朝の朝焼け風景から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

アレチヌスビトハギ【荒れ地盗人萩】と今朝の霧の舞う風景

2017年09月22日 | 風物詩 (7~9月) 

 昨夜少し早寝をした影響で起床は早くなりました。
戸外は暗くてでもね、南部には霧が出ていて素晴らしい雲海となるかと・・・少し明るくなって撮影をしました。やはり水分が不足でしょうか【雲海】と表現するには寂しい感じとなりました。木にの下方には街の風景が見え始めましたので撮影を終了です。

 一昨日ウオーキング路にて撮影をしましたアレチヌスビトハギ【荒れ地盗人萩】を追加です。アレチヌスビトハギ【荒れ地盗人萩】は西日本に多くあるようで帰化植物です、マメ科ヌスビトハギ属です、茎の高さは1m余り有りました。花言葉もありますが【略奪愛】とありました。この花後の種子は毛が多くて衣類に付着します、勿論動物などへも付着して至る場所にて成長します。

 

今朝の風景とアレチにスビトハギの花です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

昨日の我が家から撮影の風景

2017年09月21日 | 風物詩 (7~9月) 

 お天気も冴えなくて、行事も次つ次とあり我が家から撮影の風景のみです。
久し振りにヒヨドリの声を聞きました、そして菜園の紫蘇の花も遅れて開花です・・・車庫前にベッドを取り出して空を眺めていると鷹が空を舞って居りました、数は少なめですが何とか撮影をしました。
 韓国方面からの飛行機も見られ撮影をしましたが、掲載は中止です。
所要の行事を全て終了後に買い物へとディスカウント店へ寄りました、余りお気に入りのものはなく大きな缶のコーヒーを買い求めました。その程度でしたが疲れが出て仕舞いました。

 パソコンのカメラを見ておりましたら、ベトナムのお嬢さんが指導をランニング、それも二度もお若いですし元気ですね~!
新しく当地へ研修にお越しのお嬢さんでした、その後もお一人がウオーキング・・・私へそんなことは出来ません。

 戸外のヒヨドリと紫蘇の花など

 

 

 

 

 

そして簡易ベットから鷹の撮影・・・

 

 

コメント

昨日朝の雲海風景

2017年09月20日 | 雲  海 

 当地の霧の発生した風景をアップの予定でしたが、アップが出来なくて失礼をしました。
そこで、一日遅れの朝の風景となりました。本日は、霧などが舞って眼下は全く見えません・・・昨日は急遽作業などがありました、更に歯医者さんへの治療とか出掛けておりましたら、一日がアッという間に終了です。
 台風後の空は、青空が広がっています・・・鷹の渡りを撮影にと野鳥の撮影をされる方々が・・・でも駄目だったのかな! 我が家を出掛ける前に大半の方々がこの地を離れました。ヤハリ台風の影響で鷹も渡りを躊躇したのかなと想像をしました。

 

投稿が遅れました【雲海】の風景です

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

路傍脇の秋景色と我が家のシロバナヒガンバナ【白花彼岸花】

2017年09月19日 | 日々是好日 

 大型の台風が日本全土を荒らしまくりましたね、皆さん方には被害はございませんでしたでしょうか?
我が家では、これと言う家屋の被害などはありませんでした・・・でもね、明るくなって庭は樹木の小枝・竹の枝などで覆われておりました・・・その清掃に疲れましたよ。お天気はとてもよくて秋景色というか、青空が広がってくれました。
 清掃などが終わりウオーキングへと出発です、路上へは銀杏が落下しております、未だ木には銀杏が見えますが大半が落下したようでした。
お天気も良くて、東から鷹などが渡ってくるかときたいをしておりましたが、待機しててもその姿は全く確認が出来ません・・・台風の影響で、何処かで休憩をしていたのでしょうね。でも気になって車庫前に簡易ベッドを出してチェックをしました・・・ベットの影響でついウトウトしてしまいました。

 我が家の清掃の時期に、シロバナヒガンバナが咲き始めて居るためにと撮影を行いました。
 シロバナヒガンバナ【白花彼岸花】この花の名前は、別名ではアルビフロアとも呼ばれているそうです。ヒガンバナ科ヒガンバナ属で、属名はキリシャ神話の海の女神にちなんでいるそうでした、何でも花の美しさ!・・・だと!花言葉はこの花の色から普通のヒガンバナとは異なり【思うはあなた一人・また逢う日を楽しみに】です、何でも花が開花した頃には葉が見えないことからのイメージを表した花言葉としていたものもあるようでした。(定かではありません)。

 

路傍の風景から

 

 

 

 

 

 

 

 

 台風により大雨の影響で一日遅れの【雲海】がただ今見られます。
どの程度の景色となるか不明です、変化を期待して撮影を開始しました、本日私は歯科医院へ治療へ出掛けます・・・アップの時間が不明ですが、その様子をお知らせしますね!

 

 

コメント

クロアゲハ・葛の花・ゼフィランシス【タマスダレ】

2017年09月18日 | 閑雲野鶴 

 先に路上で転倒をした私の話をしましたね、その時の思い出などです。
昨夜は、台風が近づくととても大きな雷も有り、雨は強く、更に風も強くなりました・・・暫くその音にて目が覚めてしまいました。朝方の午前2時過ぎに目覚めた際には、雨風の音も聞こえず・・・しかし、戸外の防犯灯が点灯しておりました、雨が上がったために捨て猫が我が家へやって来たためと解りました。
 玄関前などは、とても多くの木の葉と笹が、更にガラス戸にもこの葉が付着しておりました、本日は晴れそうなので掃除をしないと駄目なようです。他に被害もなさそうです!

 先日クロアゲハの動きを撮影中に転倒をした時の写真です。
撮影をしておりますと被写体が見えなくなることが有りますよね、その為に少し移動をする時に足元を余り確認しません、その時の災難です。カメラの外観にはさほど被害はなさそう・・・区内からは血が出てきますが、それでも少しテストをと致しました。二台所持をしておりましたから何れもテストです。結果は、カメラなどには先ず障害はなさそうでした。
 昨日傷口が落ち着きましたので、ひげ剃りが出来ました!

 その画像のみでは、と昨日撮影をしましたタマスダレ【セフランシス】の花を追加しました。
ゼフィランサスは、ヒガンバナ科ゼフィランサス属で、花言葉は【清純な愛・純白の愛】でした、又10月25日生まれの方の誕生花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

メジロの動き

2017年09月17日 | 野  鳥 

 久し振りにメジロと出会えました。
このメジロは二羽いて山椒の木の枝におりました・・・珍しいと撮影をシました、他の一羽は離れた場所の柿の木の小枝へと移動をシました。メジロは山椒の木の虫を食べるためだったことが解りました。
 肝心の虫を食べる際の画像は、ボケ気味ですがその雰囲気がわかればと掲載をしました。他のメジロは、柿の木に・・・その横顔を掲載です。
昨日も一日雨でした、今朝は雨は止んでおりますが・・・ヤハリ大型の台風の影響で曇り空です。風は有りませんが何だか不気味なお空の様子ですよ。台風による降雨等で被害がないことを祈っております。

 

山椒の木の小枝のメジロ

 

 

 

 

 

 

 

コメント

秋景色 ヒガンバナ・鷹の渡りなど

2017年09月16日 | 風物詩 (7~9月) 

 お天気も余り優れず・・・台風の影響も少しであるか、更に我が家の浄化槽の清掃日も早朝から有るためにとウオーキングを早めに行いました。
道路脇にヒガンバナとコスモスの花が見られましたので撮影です。コスモスは植えていないために花も少なめです。ヒガンバナは、離れた路傍脇でした! ヒガンバナ【彼岸花】ば、別の名をマンジュシャゲとも呼ばれますね、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草です。花言葉は【旅情・あきらめ・悲しい思い出】です。9月13日、9月20日生まれの方の誕生花です。

 この時期には、鷹の渡りが見られます。
その鷹の撮影場所近くへ移動して、空を見上げますとタカ柱(鷹の群れが空を舞う様子)が見られました、こんなに早く本日は見られるなんてと・・・レンズは短めですし、できるだけその様子をと思って撮影です。その鷹の数は、20羽以上は居たでしょうか! タカは、移動をする際に上昇気流を利用して出来る限り空高くへと上がって後に西方面へと移動を開始します、その他かが東から此方へ向かって次々と・・・嬉しいですね。
 出来得る限りその風景をと・・・やはり、遠くから撮影すると皆さん方に紹介できる風景ではありません・・・そこで望遠レンズの設定を変更してタカを撮影しました。足元の蚊などに刺されて大変!早めに切り上げました。
 公園の管理人の方と話しておりますと、続々と鷹が空を舞います・・・その多さのため・・・野鳥観察の先輩に電話をと探しておりました、流石です電話番号を調べておりますとそのOMが目の前に到着でした。

 発見時の詳細をお知らせをと撮影場所へ移動をしましたら、次々と鷹が空を舞ったり移動するの姿が見られました、こんなことって珍しいです、OMも撮影の準備が出来ておりません、早速準備ができて撮影を開始で撮影もできて喜ばれました。何でも県内のテレビ放送が鷹の渡り場所を撮影して一昨日有ったとか・・・我が家はTV有りません! OMさんとは早めに別れて私は帰宅です。今季初めて撮影をしました鷹の渡りの様子を少しですが掲載です。

 

先ず、コスモス・ヒガンバナ、次は鷹の渡り風景です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)