雲上の楽園通信

健康維持のためにデジカメを お伴に身近な自然【雲海・野鳥・野の花など】の撮影を楽しんで頑張っている生活情報です!

キビタキの横顔がやっと撮影できた程度とサルトリイバラ・・・

2016年10月16日 | 風物詩 (10~12月) 

 そろそろ当地でも、キビタキの姿が撮影できるかと朝一番に二箇所で短時間ですが待機をして見ました。
聞いたことのない野鳥の泣き声とか飛び交う姿は見られたものの、遠くかつ頭上を移動の姿ばかりでした。暫くしてキビタキのオスが僅かな時間やって来ましたが、そのお横顔で野鳥の名前が分かる程度でした。
 その近くでは、サルトリイバラの果実が赤くなっておりました・・・帰宅の際にモズが見えた程度でした。
本日は再び曇天の後に雨のようです、秋晴れも続きません!

 サルトリイバラ【猿捕茨】は、他にサンキライ(山帰来)と呼ばれているようです、ユリ目サルトリイバラ科の植物だと・・・サルトリイバラは雌雄異株です。花言葉もあります、【屈強・元気】だそうです、11が13日生まれの人の誕生花です。

 

キビタキの片鱗とサルトリイバラの果実など

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋の空がやっと戻ってきた感... | トップ | エゴの果実を啄むヤマガラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。